OVERHIT 2018 Animation Demo reel - Yu Ho...

CGアニメーターYu Ho joong氏による「‘OVERHIT’ 2018 Animation Demo reel」と「‘OVERHIT’ 2018 Cinema Animation Demo reel」

続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

3D Hair Synthesis Using Volumetric Variational Autoencoders - ディープラーニングを活用し1枚の画像から自然な3Dヘアーを生成する技術!SIGGRAPH Asia 2018論文

ディープラーニングを活用し、1枚の画像から3Dヘアーを生成する為の技術「3D Hair Synthesis Using Volumetric Variational Autoencoders」SIGGRAPH Asia 2018論文です。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


3D Hair Synthesis Using Volumetric Variational Autoencoders (SIGGRAPH Asia 2018)

最近のシングルビュー3Dヘアデジタイゼーションの進歩により、高品質のCGキャラクターを拡張してエンドユーザがアクセスできるようになり、パーソナライズされたVRやゲーム体験の新しい形態が可能になりました。複雑で多様な髪の構造を扱うために、ほとんどの最先端技術は、包括的な髪データベースから特定の髪モデルを首尾よく取り出すことに頼っている。前述のデータ駆動方式は大量の記憶を必要とするだけでなく、制約の厳しい入力画像、複雑な髪型、失敗した顔検出にも失敗する傾向があります。 3Dヘア・モデルの大規模なコレクションを直接使用する代わりに、ボリュメトリック・バリアント自動エンコーダー(VAE)のコンパクトな潜在空間を通じて暗黙的に3Dヘアスタイルの多様体を表現することを提案します。この深いニューラルネットワークは、3Dヘアモデルのボリューム方向のフィールド表現で訓練され、圧縮されたコードから新しいヘアスタイルを合成することができます。エンドツーエンドのヘアヘアを可能にするために、任意の入力画像からVAE潜在空間内のコードを予測する追加の埋め込みネットワークを訓練します。次いで、予測された容積表現からストランドレベルのヘアスタイルを生成することができる。私たちの完全自動フレームワークは、特別な顔のフィッティング、中間分類とセグメンテーション、またはヘアスタイルデータベースの検索を必要としません。私たちの髪の合成手法は、低解像度、露出オーバー、または極端な頭のポーズを含む写真を含む、挑戦的な入力を伴う最先端のデータ駆動型髪型モデリング技術よりもはるかに堅牢で、髪型の幅広いバリエーションを扱うことができます。記憶要件は最小限であり、3Dヘアモデルは1秒間に画像から生成することができます。私たちの評価はまた、高度に定型化された漫画画像、非人物被写体、および人物の背後から撮影された画像から成功した再構成が可能であることを示す。我々のアプローチは、非常に異なる髪型の間で継続的かつもっともらしい髪補間に特に適している。

これくらい自然なモデルがサクッと出来るようになったらかなり作業が捗りそうですね。

参考リンク

3D Hair Synthesis Using Volumetric Variational Autoencoders | Linjie Luo

関連記事

  1. Text-to-3D
  2. BEPUik in Blender 2.70

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.10.05IKMAX v1.0 for 3DsMax・C4D・Maya - シンプルなクリック操作でリギング作業が数分で完了しちゃうツール!Max版が先行リリース!

2018.10.06Maya Structures Procedural Building Generator - ビル群&都市をプロシージャル生成可能なMaya用プラグインがリリース!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

プラチナゲームズ採用ページ

Flying Ship Studio


デザイナー採用特設 | 株式会社トイロジック公式サイト



スポンサー

おすすめ記事

  1. GameTextures.com
  2. Lazy Nezumi Pro
  3. Sprite Lamp Zombie Vertical Preview

PR