NitroPoly - モデリング作業効率をアップさせるツール群!無料Mayaス...

3ds Maxのグラファイト モデリング ツール的な機能をMayaで実現した無料スクリプト「NitroPoly 」がGumroad上で公開!

続きを読む

VRM - ドワンゴがVR向けの3Dアバター特化型ファイルフォーマットを公開!オ...

PBRにも対応した3Dアセット・フォーマット「glTF2.0」をベースに開発された、VRアプリケーション向けの人型3Dアバターファイルフォーマット「VRM」をドワンゴが公開!オープンソース!

続きを読む

Kanova on Steam - The Foundryが開発!VRにも対応し...

Kanova - The Foundryが開発!VRにも対応した3Dスカルプトソフトウェア!無料の早期アクセス版がSteamで公開!

続きを読む

Material-Z - PBR対応マテリアルエディタ!ブラウザ版もあるよ!

BrainDistrictによるPBR対応マテリアルエディタ「Material-Z」が登場!ネイティブデスクトップ版とブラウザ版があるよ!

続きを読む

Asshai Concept Art Timelapse process - 3...

マットペインター/コンセプトアーティストのMarco Iozzi氏による「Asshai」の制作タイムラプス映像が公開!

続きを読む

Autodesk 3ds Max&Maya 2016発表!Softimageの血を引き継ぐ?2大ソフト!新機能や機能強化が盛り沢山だよ!

Autodesk Maya 2016、そして3ds Max 2016製品の詳細が続々と公開されております!!!これは!興奮ですね!しかし我らがSoftimageが今年から無くなったので、いまいち乗り気じゃない3D人は、とりあえず適当に動画を貼り付けて紹介するのでした。


PR

オンラインセール | Autodesk


3ds Max 2016

3ds Max 2016 – Overview
  •  Max Creation Graph ノードベースのエディタでプロシージャルコンテンツを生産!
  • Template System 強力なテンプレートシステム
  • Dual Quaternion Skinning 破綻の少ないスキニングシステムを標準搭載!
  • Physical Camera 物理的に正しいカメラ
  • Support Inventor Animation 
  • Easier Revit Workflows
  • Camera Sequencer カメラシーケンサーです。Softimageにも搭載されてましたねー
  • OpenSubddiv Support 業界標準になるであろうOpenSubdivをサポート
  • Design Workspace – GUIは使いやすく進化!重くなければ良いけど…
  • ShaderFX – ノードベースのリアルタイムシェーダーエディタです。
  • XRef renovations 非破壊のリファレンスワークフロー!Softimageが一番安定してたので、これは期待
3ds Max 2016 – Max Creation Graph

↑で触れたノードベースのエディターに関する単体動画。
Softimage ICEの血を受け継いだのはこっちかな?

Maya 2016

Maya 2016: Look Development Enhancements, New Look & Feel

新しくなったノード構築インターフェイス!ハイパーとは名ばかりの雑なシェーダー編集画面(Hypershade)が遂に改善される!新機能はいいから、こういう基本的な所と、バグをどんどん修正していってほしいですよね、ほんと。

Maya 2016: New Sculpting Toolset

スカルプト機能が強化されたとか。Mayaでスカルプト機能ってちゃんと使ったことないなぁ…

Maya 2016: Delta Mush Deformer

デルタメッシュデフォーマー

Maya 2016: XGen Enhancements

毛とか羽とかに使える機能メッシュ生成機能、XGenが強化されたとか。

Maya 2016: Parallel Rig Evaluation

いわゆるRig用のプロファイラですね。Mayaのリグって重いんすよね…

Maya 2016: Adaptive Foam in Bifrost

Bifrostによるプロシージャルエフェクトにて短期間でリアリティのあるビーチのシミュレーションをあーだこーだ

Maya 2016: Adaptive Aero Solver in Bifrost

Bifrostによるプロシージャルエフェクトにて、煙・霧・大気効果を制御する機能

Maya 2016: Guided Simulations in Bifrost

Bifrostによるプロシージャルエフェクトで液体表現


 

オートデスク Maya & 3ds Max 2016製品は4月16日から出荷開始!
ユーザーから一番多く声の上がる製品価格に関しては特に変動なし、というか値上がり傾向!\(^o^)/

とりあえずここ最近は色々なツールが出てきてますからね、選択肢が増えたと思います。まずは体験版触って色々試行錯誤して自分に合ったツールを探しましょう。

Autodesk | 3D 設計、エンジニアリングおよびエンタテインメント ソフトウェア 

http://www.autodesk.co.jp/

Autodesk | 3D Design, Engineering & Entertainment Software 

http://www.autodesk.com/

PR

Training-Camp Unreal Engine 4 専門スクール


関連記事

  1. Unity 5
  2. Pixologic-ZBrush-4R7

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2015.04.14Ant-Man trailer - 小さいけどパワフルなヒーロー!MARVEL映画『アントマン』公式トレーラーが公開!

2015.04.15UE4 NVIDIA VXGI - NVIDIAの動的なグローバルイルミネーション技術「VXGI」をUnreal Engine 4上で実装したデモ映像!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup