ミニチュア作りのためのZBrushCore超入門講座 - これで初心者脱却!HO...

Pixologic公認のZBrushCoreインストラクター HOPBOX 福井信明氏による、ZBrush Core本第二弾!「ミニチュア作りのためのZBrushCore超入門講座」が登場!

続きを読む

Bladebound Cinematic Trailer - Puppetwor...

スマホ向けハック&スラッシュRPG、「Bladebound」のシネマティックトレーラー!CG制作はPuppetworks Animation Studioです。

続きを読む

PAINTCUBE Beta - ブラウザ上で動く3Dペイントアプリが登場!!!...

ブラウザ上で動く3Dペイントアプリ「PAINTCUBE」のベータサービスが始動!!

続きを読む

OVERHIT Cinematic Trailer - ネクソン新作『OVERH...

新作スマホゲーム『OVERHIT』のシネマティックトレーラーが公開!CG映像の制作はThe Miloです。

続きを読む

Avatar Digitization From a Single Image ...

1枚の顔写真からリアルタイム向けアバターモデルを生成する技術!SIGGRAPH Asia 2017 論文!

続きを読む

マイケル・ハンプトンの人体の描き方 躍動感をとらえるアナトミーとデザイン - 人体をどう絵に落とし込むかを分かりやすく解説した本が登場!

「FIGURE DRAWING: Design and Invention」の日本語翻訳本『マイケル・ハンプトンの人体の描き方 躍動感をとらえるアナトミーとデザイン』がボーンデジタルから発売されます。


PR

Media & Entertainment Collection and Arnold キャンペーン | AREA JAPAN | Autodesk


実物を見ろ!と言われがちですが、こうやって一つの答えが丁寧に本として纏められているのは本当に有り難いです。すべてのアーティストにおすすめ!ぜひチェックしてみてください。

マイケル・ハンプトンの人体の描き方: 躍動感をとらえるアナトミーとデザイン
マイケル・ハンプトンの人体の描き方: 躍動感をとらえるアナトミーとデザイン

  • 大型本: 240ページ
  • 著者:マイケル・ハンプトン(Michael Hampton)
  • 翻訳:株式会社Bスプラウト
  • 編集:平谷 早苗
  • 出版社: ボーンデジタル
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862463428
  • ISBN-13: 978-4862463425
  • 発売日: 2016/8/20

本書の特徴

構造から人体をとらえるための指南書、待望の日本語訳!

人体は複雑な構造をしています。はじめから資料やモデルを観察して輪郭を描いたり、似せて描こうとしてもなかなか難しいものです。

本書の手法は、人体をごく簡略化したデザインとしてとらえ、ライン(円、直線、曲線)で描くことからはじめ、段階を追ってパースやボリュームを与えていきます。

この考え方に沿ってアナトミー(構造)を理解し、人体が動くメカニズムを知ると、ドローイングだけでなく、3Dモデルにも応用のきく「構造からとらえた人体」を理解することができます。

アナトミーを意識したドローイングを描くためのステップバイステップ
  • ジェスチャーをとらえる
  • 2次元のシェイプを適切な位置に置く
  • アナトミーの知識に基づいてボリュームを与える
  • 陰影をつける

最初の工程で直観的にとらえた「ジェスチャー」を最後まで損なうことなく、描き進めていくと、直観でとらえた流れるような人体の動きや生命感を捉えたドローイングになります。

最終的には、人体以外にも応用できる知識と観察力を身に付けることが目標です。この本の手法は実用性が高く、描く対象を問わず、さまざまな作業工程に応用できます。

本書は「FIGURE DRAWING: Design and Invention」(Michael Hampton著)の日本語版です。

著者について

マイケル・ハンプトン(Michael Hampton)は、人物のドローイング、アナトミー、2次元のデザインの分野でアーティストとして、また、熟練の指導者として活躍しています。 Anatomy Tools、Blizzard Entertainment、CGMA、IDEA Academy、Lucas Artsといった企業やスタジオ、および南カリフォルニアにある多数の私立・公立カレッジで講義やワークショップを行っています。2009年に初版が上梓された本書籍(Figure Drawing: Design and Invention)は、アナトミーをベースにした人体ドローイングの教科書として、世界各地の学校で採用され、ゲームスタジオやアニメーションスタジオではリファレンスとして利用されています。

マイケルは、アート・センター・カレッジ・オブ・デザインにおいて美術学士(BFA、イラストレーション)、クレアモント大学院大学においては美術修士(MFA、芸術)、カリフォルニア大学リバーサイド校では学芸修士(MA、美術史)を授与されました。 2016年現在は、カリフォルニア大学リバーサイド校において、美術史の博士課程を履修中。

概要目次

1. ジェスチャードローイング
2. ランドマーク
3. フォームと連結部
4. 頭部のドローイング
5. アナトミー
6. 腕
7. 手
8. 脚
9. 足
10. 布
11. 光と陰影について

内容サンプル

Figure Drawing jp 01 Figure Drawing jp 02 Figure Drawing jp 03 Figure Drawing jp 04 Figure Drawing jp 05 Figure Drawing jp 06 Figure Drawing jp 07 Figure Drawing jp 08 Figure Drawing jp 09 Figure Drawing jp 10

お求めはこちらから

原本紹介

2010年に発売された洋書「Figure Drawing: Design and Invention」はこちら。

関連記事

  1. UnityゲームUI実践ガイド 開発者が知っておきたいGUI構築の新スタンダード
  2. CGWORLD 2015年5月号 vol.201

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2016.07.21SIGGRAPH 2016 – Emerging Technologies Trailer - シーグラフ2016エマージングテクノロジープレビュートレーラー

2016.07.22Substance Painter 2.2 - UnityやUE4との連携強化!新マテリアルレイヤー機能!allegorithmicの3Dペイントソフトウェア最新バージョン!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup