SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

IMVERSE LiveMaker - VR空間内で360°写真をベースに3Dモ...

カメラマッピングによる3Dモデリングを、VR空間内で行う事で、ちょっと不思議な感覚でモデリング出来そうなソフト「IMVERSE LiveMaker」!現在パブリックベータ中

続きを読む

FoldSketch - 直感的な手描きストロークでしわや折り目を追加できる3D衣装モデリング技術!

直感的な手描きストロークでしわや折り目を追加できる3D衣装モデリング技術!「FoldSketch: Enriching Garments with Physically Reproducible Folds」Siggraph 2018 技術論文です。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


FoldSketch: Enriching Garments with Physically Reproducible Folds (SIGGRAPH 2018)

概要

折り目とひだが追加された衣類や布製品に興味はありますが、それらを手動で、または既存のソフトウェアを使用して既存の設計に組み込むには、専門知識と時間が必要です。 シンプルで直感的な折りたたみとひだのデザインをサポートする新しいシステムであるFoldSketchを紹介します。
FoldSketchユーザはシンプルスケマティックスケッチインタフェースを使用して、折りたたみまたはひだの構成を指定します。システムは、ユーザ仕様に準拠したフォールドエンハンスト3Dガーメントジオメトリと、シミュレーションエンジン内でこのジオメトリを再現する対応する2Dパターンの両方をアルゴリズムで生成します。 以前の研究は、所与のターゲット3D衣類ジオメトリの所望のパターンを計算することを切望していたが、アルゴリズムの主な課題は、ターゲットジオメトリがないことである。
現実の衣服の折り目は、複雑なプロファイル形状を有し、衣類にそれらの正確な形状および位置は複雑ような布特性と着用者の身体と衣服の相互作用などの物理的要因の範囲にリンクされています。
したがって、純粋に幾何学的手段を用いて折り畳み強化衣服の3D形状を予測することは事実上不可能である。 同時に、物理的シミュレーションを使用して折り畳みをモデル化するには、適切な2Dパターンおよび初期ドレープが必要であり、どちらもユーザーが容易に提供することができません。 我々は、交流2D-3Dアルゴリズムによって3次元倍増強衣服およびその対応するパターンと初期ドレープの両方を得ます。
私たちは最初に、予想されるフォールドの形成に余分な材料を割り当てることによって入力パターンを拡張します。これらのパターンを使用して、設計者の期待と物理的な再現性とのバランスをとる、推定倍増ドレープジオメトリを作成します。
初期再現可能な出力を生成するシミュレーションへの入力として、パターンおよび推定ドレープを使用する。
パターンとドレープを徐々に改良し、完全に物理的に再現性のある折り畳み式衣服に収束させることで、デザイナーの期待通りに出力を調整します。
私たちの実験では、FoldSketchが確実に所望の衣服ジオメトリと対応するパターンとドレープに収束し、異なる物理シミュレータでうまく機能することが確認されています。
FoldSketchインターフェースを使用して指定された多様な折り畳みとひだのレイアウトで拡張された衣類のコレクションを展示することにより、我々のアプローチの多様性を実証します。  また、代替ソリューションとの比較や潜在的なユーザーからのフィードバックを通じて、当社のアプローチを検証します。

マーベラスデザイナーとか使っていると、この辺が課題なんですよねえ。
専門知識が無いと上手くしわや折り目が作れない・・
そんな悩みも解決しそうなこの技術!MDにいつか実装されるのを祈ってます^^

関連リンク

FoldSketch

http://www.cs.ubc.ca/labs/imager/tr/2018/FoldSketch/

関連記事

  1. VFX勉強会スライド「徹底比較UE4 vs Unity」
  2. 東映 ツークン研究所 フェイシャルキャプチャ ZUKUN LAB." FacialCapture Example"

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.05.16Mode-Adaptive Neural Networks for Quadruped Motion Control - ニューラルネットを用いた4足歩行キャラの制御技術!ぬるぬる気持ち良い!

2018.05.16Support-Free Volume Printing by Multi-Axis Motion - サポート材を大幅削減可能な多軸駆動ロボットアームを使った3Dプリント技術!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

プラチナゲームズ採用ページ

Flying Ship Studio


デザイナー採用特設 | 株式会社トイロジック公式サイト



スポンサー

おすすめ記事

  1. Expresii Lite Preview Available
  2. "VEv" Shortfilm
  3. Japanese School Set sbbututuya

PR