Wolf of Vengeance(復讐の狼) - 樋口雅一氏が手掛けた剣劇アク...

剣劇アクションショートフィルム!『Wolf of Vengeance(復讐の狼)』が一般公開!

続きを読む

スプラトゥーン2 イカすアートブック - 380ページ超えの大ボリューム!「Sp...

「Nintendo Switch」向けタイトルとしてリリースされた『スプラトゥーン2』のアートブック『スプラトゥーン2 イカすアートブック』が11月29日に発売されます!

続きを読む

The Daily Dweebs - 奇妙なペットがグリグリ動く!Blender...

Blender Animation Studioによるオープンプロジェクト!奇妙なペットの日常を描いた作品「The Daily Dweebs」が公開!

続きを読む

Overgrowth 1.0 - 9年の開発を経て正式版に!物理挙動が素敵なサン...

Wolfire Gamesが9年かけて開発したアクションゲーム「Overgrowth」がついにバージョン1としてリリースされました!

続きを読む

Substance Painter入門 - デジタル原型師まーてい氏によるサブス...

デジタル原型師 まーてい氏によるサブスタP入門本「Substance Painter入門」が発売!サブスタPのフロー以外にも、基本的なテクスチャの解説や焼きこみ周りについても触れているので、とても気になる1冊です。

続きを読む

FurryBall 4.5 - Maya&3dsMaxにも対応したリアルタイムGPUレンダラー最新版!

FurryBall 4.5
FurryBall 4.5

FurryBall 4.5

AAA studioによるリアルタイムGPUレンダラー最新バージョン
FurryBall 4.5の紹介映像が公開されています。


PR


 

こちらはVer4の紹介映像

Ver2,Ver3と紹介してきましたが、1年置きにバージョンが上がってるんですね。

version 4.5 新機能

  • GPUレンダリング –  NVIDIA
  • GPUレンダリング –  AMD / ATI / Intel (NOレイトレース – ONLY バイアス)
  • 非同期プログレッシブレンダリング – NEW
  • フルマルチGPUのサポート – カードの数に制限はありません – NEW
  • DirectX 11 サポート, CUDA OptiX – NEW
  • ビューポートでダイレクトリアルタイムレンダリング
  • 領域レンダリングを含むレンダービューでのダイレクトレンダリング
  • バイアスとアンバイアスレンダリング – NEW
  • ガンマコレクション – NEW
  • カメラの加速移動  – NEW
  • マルチサンプリング、ジッタおよびマルチパス、マルチサンプリング
  • タイルレンダリング – 出力解像度無制限 – NEW
  • ボケ効果のある被写界深度
  • モーションブラー
  • アンビエントオクルージョンやカラーブリード
  • オブジェクト·セット、マットレンダリング
  • 環境フォグ, ポストプロセスグロー

物理ベースの完全なグローバルイルミネーション – NEW(Nvidia Only)

  • イメージベースドライティング – HDRのサポート
  • 物理ベースライト
  • 無制限の光バウンス
  • レイトレースの屈折と反射
  • ブルートフォースパストレーシング

スタンドアロン版 – NEW

  • シーケンスを提出するアニメーションシーンをエクスポート
  • 3DS Max や Maya でのレンダリング無し(より速く、より少ないシステムメモリ)

ネットワークレンダリング – NEW

  • サーバーレンダリングGPU上で、ネットワークを介してリモートレンダリング
  • リアルタイムレンダーファーム

NUKEリアルタイムレンダリング  (3DS Max版は後で) – NEW

  • FurryBallからNUKEへのリアルタイム動作
  • 自動NUKEスクリプトビルダ
  • リアルタイム更新

フル3Dステレオサポート

  • アナグリフ、サイドバイサイド、インターレースでのリアルタイムプレビュー
  • Advanved 3Dステレオ微調整ユーティリティ (視差の可視化、問題の格差)
  • One EXRの3Dステレオをレンダリング

ヘアーとファー (Mayaのみ)

  • Furyball ファー – 高速, GPU上で直接生成
  • ファーテクスチャ、アルファ、制御マップ、スペキュラ
  • 植生シェーディングオプション(法線マップ、半透明)
  • Furyballファーは、Mayaのダイナミックヘアーに接続することができます

照明やシェーディング

  • スポット、ポイント、アンビエント、方向やエリアライトをサポート
  • フィルタリング影、変数penumbera(軽サイズ)
  • レイトレースとデプスマップシャドウ – NEW
  • 間接照明-レイトレース – NEW
  • オブへジェクトを光源として使用することができる
  • カラーブリーディング
  • イメージベースのライティング、HDRのサポート – NEW
  • ファーのために深く、フーリエシャドウマップ
  • 流体および粒子のためのフーリエシャドウ
  • メッシュ発光、環境光
  • 光のセット

ジオメトリー

  • ポリゴンメッシュ
  • サブディビジョンとディスプレイスメント
  • FurryBall ヘアー (Mayaのみ)
  • 3DS Maxヘアー (部分的にサポート) – NEW
  • Maya フルイド (Mayaのみ)
  • Maya nParticles (Mayaのみ)
  • インスタンス(非常に最適化されており、高速)

マテリアル

  • 高度なFurryBallマテリアル(異方性) – NEW
  • Mayaランバート、ブリン、フォン、フォン、E、異方性、ランプ
  • レイトレース屈折、反射 – NEW
  • 2スペキュラーとフレークとCarpaintマテリアル
  • ディスプレイスメント、バンプ、ノーマルマップ
  • 表面下散乱と透明感
  • アルファ (切り抜き) 不透明
  • エッジフレネル効果
  • トゥーンシェーダ
  • レイヤーテクスチャとプロシージャル2d Maya テクスチャのサポート
  • 画像シーケンスのテクスチャ
  • CPUレンダリングのような高解像度のテクスチャ

テクスチャ

  • テクスチャの数に制限はありません – テクスチャあたり8Kまで
  • Substance プロシージャルテクスチャ – NEW
  • レイヤーテクスチャ
  • Mayaと3ds Maxの中でプロシージャルテクスチャをサポート

出力

  • マルチパス出力
  • 深度, AO, カラーブリーディング, 反射, ノーマル, ワイヤーフレーム, ディフューズと他にも沢山
  • フロート, 32bit, 16bit, 8bit
  • EXR, PNG, TIFF, DDS, BMP, JPG
  • 出力解像度無制限 – NEW

New features FurryBall 4.5


本日(11/29)1日限定で50%OFF、そしてそれから1ヶ月はクリスマスセールとして40%OFFで購入出来るようです。
FurryBall Black Friday & Cgrustnas SALE!

あとFurryBallに対応して欲しいアプリケーションの投票も受け付けていますね
とりあえず良くわからない人は「Softimage / XSI」にチェック入れておくと良いです^ー^

無料版もあります。30日使えて30日後は1日3時間だけずっと使い続ける事が可能です。
学生や教師向けにお安いEDU版(非商用)もあります。
是非お試しあれ!

関連記事

  1. ratGPU
  2. CopperCube 4.2

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.11.29V-Ray Feature Films Showreel 2013 - Chaos Groupによる高品質レンダラー「V-Ray」の2013フィルムショーリールが公開!

2013.11.29Computer Graphics Gems JP 2013/2014 コンピュータグラフィックス技術の最前線 - 最先端CG技術解説本の2013年版!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup