SIWeightEditor - SI難民に再び朗報!Softimageの素晴ら...

以前SiSideBarでも話題となった、テクニカルアーティストys(ShikouYamaue)氏によるSoftimageのスキンウェイト編集ツールをリスペクトして作成したMaya用ウェイトエディタ「SIWeightEditor」がGitHub上に公開!

続きを読む

CRT Filter - レトロ感あふれるCRTスクリーン表現が可能なSubst...

テクニカルデザイナーCem Tezcan氏によるCRTスクリーンな風レトロ感を出すためのSubstanceファイル「CRT Filter」が無料公開!!

続きを読む

Real HDR - 光源をポチポチっと配置し32bit HDRファイルをサクッ...

IESライトファイルを作成するツール「Real IES」でお馴染み PLAY SYSから、32bit HDRファイルを直感的に作成する為のツール「Real HDR」が登場!

続きを読む

Transform Tool Plugin - UE4エディターでのトランスフォ...

エンジニアでCGジェネラリストのIlgar Lunin氏による、アンリアルエンジンのエディター上でのトランスフォーム挙動を良い感じにしてくれるプラグイン「Transform Tool Plugin」が遂にリリースされました。

続きを読む

StylaRender - ニューラルネットワークベースでビジュアルスタイルの転...

ニューラルネットワークを使用して1つのイメージから別のイメージへのビジュアルスタイルを転送する事が可能なAfter Effects用プラグイン「StylaRender 」

続きを読む

FurryBall GPU Renderer 開発中止 - Maya&Max&C4D対応リアルタイムGPUレンダラー!サポート無しでソフトは無料開放

AAA studioによる Maya&Max&C4D対応リアルタイムGPUレンダラー「FurryBall GPU Renderer」の開発中止が発表されておりました。


PR

Media & Entertainment Collection and Arnold キャンペーン | AREA JAPAN | Autodesk


FurryBall自体は無料でダウンロード可能ですが、今後サポートもメンテナンスも一切行わないそうです。
また、AAA studioのサーバーを稼働させ続ける必要ライセンス(C4D、3DS Max、Mayaプラグイン)が年間29ユーロで設定されてます。

ひとつの時代が…終った(のか?
リアルタイム描画がゲームエンジン側から需要加速した事も影響しているのですかね。

このレンダラーを今更使うのは個人的にはオススメしませんが、
どんなものか試してみるのも良いかもしれません。

関連リンク

FurryBall RT – Incredibly fast GPU render

関連記事

  1. http---koujiart.blogspot
  2. アークシステムワークス3Dスタッフ募集ページ
  3. 『ヒックとドラゴン2(仮題)』(原題:How To Train Your Dragon 2)の日本劇場公開を求める会

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.06.07EEVEE - 次期バージョン Blender 2.8 に搭載予定のリアルタイムビューポートレンダラがええべぇ!

2018.06.07AliceVision Meshroom - オープンソースのPhotogrammetryフレームワークと3D再構築ソフト!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup