NitroPoly - モデリング作業効率をアップさせるツール群!無料Mayaス...

3ds Maxのグラファイト モデリング ツール的な機能をMayaで実現した無料スクリプト「NitroPoly 」がGumroad上で公開!

続きを読む

VRM - ドワンゴがVR向けの3Dアバター特化型ファイルフォーマットを公開!オ...

PBRにも対応した3Dアセット・フォーマット「glTF2.0」をベースに開発された、VRアプリケーション向けの人型3Dアバターファイルフォーマット「VRM」をドワンゴが公開!オープンソース!

続きを読む

Kanova on Steam - The Foundryが開発!VRにも対応し...

Kanova - The Foundryが開発!VRにも対応した3Dスカルプトソフトウェア!無料の早期アクセス版がSteamで公開!

続きを読む

Material-Z - PBR対応マテリアルエディタ!ブラウザ版もあるよ!

BrainDistrictによるPBR対応マテリアルエディタ「Material-Z」が登場!ネイティブデスクトップ版とブラウザ版があるよ!

続きを読む

Asshai Concept Art Timelapse process - 3...

マットペインター/コンセプトアーティストのMarco Iozzi氏による「Asshai」の制作タイムラプス映像が公開!

続きを読む

Houdini ビジュアルエフェクトの教科書 - SideFX推薦!Houdini16.5完全対応の学習本が登場!

最近何かと話題のソフト「Houdini」の学習本「Houdini ビジュアルエフェクトの教科書」がエムディエヌコーポレーションから登場します!著者は北川茂臣氏!SideFX推薦!Houdini16.5完全対応!


PR

オンラインセール | Autodesk


Houdini ビジュアルエフェクトの教科書
Houdini ビジュアルエフェクトの教科書

  • 著者:北川茂臣
  • 単行本(ソフトカバー): 480ページ
  • 出版社:エムディエヌコーポレーション (2018/5/15)
  • 定価:本体3,900円+税
  • 発売日:2018年5月15日
  • サイズ:B5判/480P/オールカラー/ダウンロードデータあり
  • ISBN-10:4844367609
  • ISBN-13:978-4844367604

本書について

【SideFX推薦】Houdini16.5完全対応の基本書

VFX制作現場必須の新定番3DCGツール「Houdini」を初歩からしっかり学びたい方に!

ジオメトリの扱い方からはじめ、シェルフ(テンプレート)をベースにして
とにかく「つくる」ことでHoudiniの仕組みと実力を理解できる、
エントリーユーザー必携の学習書です。

エフェクトとシミュレーションは、パーティクル・剛体・ボリューム・水・海・砂を解説。
いずれも作例を通じて要諦を理解できる構成のため、数学理論に苦手意識がある方でも、安心して実力を養うことができます。

「Houdini」の開発元Side Effects Software社および SideFXの開発者Mark Elendt氏は 2017|2018 アカデミー賞 科学技術部門賞(Sci-Tech Awards)を受賞しました。

本書の内容
  • Chapter 1 Houdiniの概要
    Houdiniの製品形態,インターフェイスと基本操作,ノード,ネットワークエディタの操作,ネットワークタイプとフラグ
  • Chapter 2 ObjectとSOP
    ジオメトリの基礎知識、作例1 DNAのようならせん、作例2 先端に変化のあるDNA、作例3 成長するDNAらせん、作例4 雷、作例5 デジタルアセット(岩)
  • Chapter 3 シミュレーション
    パーティクルシミュレーションの基礎知識、作例1 火花、作例2 尾を引く軌跡、グループとストリーム
  • Chapter 4 剛体
    剛体シミュレーションの基礎知識、パックプリミティブ、作例1 シンプルな破壊、作例2 部分的な強度の変更、作例3 破片の置換
  • Chapter 5 ボリューム
    ボリュームの基本、SDFボリューム、シンプルな煙、シェルフを使った煙、シェルフを使った炎、色のついた煙、煙の軌跡
  • Chapter 6 水
    水のシミュレーション、作例1 水のスローモーション、作例2 粘性をもつ流体、作例3 徐々に溶ける箱
  • Chapter 7 海
    OPベースでの海の作成、FLIPを使った海の作成
  • Chapter 8 砂
    砂、作例 雪
  • Chapter 9 その他の機能
    Houdini Engine、その他の未紹介機能
使用バージョンについて

本書の内容はHoudiniFX 16.5.323、Windows版で動作確認をしています。
掲載画像にはHoudiniFX 15.5~16.5の画像が混在していますが、内容に影響はありません。

著者について

北川茂臣[きたがわ・しげおみ]
高知県出身。フリーランスHoudiniエフェクトアーティストとしてテレビ、映画を中心に活躍中。時折Houdini関連のセミナ講師もする。3DCG Tipsサイト「No More Retake」を運営者。Houdini関連情報多数掲載!

内容サンプル

Houdini ビジュアルエフェクトの教科書 | デザイン関連の雑誌・書籍を出版するMdNのWebサイト – MdN Design Interactive –

お求めはこちらから

Houdini ビジュアルエフェクトの教科書

関連リンク

北川 茂臣@Houdini ビジュアルエフェクトの教科書5/15発売(@shige_ktgw)さん | Twitter


PR

Training-Camp Unreal Engine 4 専門スクール


関連記事

  1. 3Dゲーム制作のためのCryEngine
  2. Unreal Engineスマートフォン3Dゲーム開発講座 Unreal Engine 4対応
  3. ゲームグラフィックス 2015 —CGWORLD特別編集版—

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.04.06AnimVR Feature Showreel - VR上でアニメーションも可能な3Dペイントツールの最新リール!

2018.04.10heymesh - 10以上のサイトから3Dモデルを一括検索!VR・AR・ゲームクリエイター向けのWebサービスが始動!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup