SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

IMVERSE LiveMaker - VR空間内で360°写真をベースに3Dモ...

カメラマッピングによる3Dモデリングを、VR空間内で行う事で、ちょっと不思議な感覚でモデリング出来そうなソフト「IMVERSE LiveMaker」!現在パブリックベータ中

続きを読む

MGear 1.0 - オープンソース!高機能なMaya用リギングフレームワークがリリース!こりゃダウンロード必須だ!

MGear 1.0

キャラクターTD、Miquel Campos氏とJeremie Passerin氏によるオープンソースのMaya用リギングフレームワーク『MGear』が公開!これは素晴らしい!!!
※2015/02/05 – 記事内容を一部修正致しました。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


こりゃすごい・・・入れておこう。
※以下ほぼ機械翻訳

mGearとは何ですか?

mGearは、Autodesk Mayaのためのリギングフレームワークです。 mGearはリギングプロセスを合理化するのに便利なモジュール、ツールおよびC++ソルバのセットを提供します。

mGearはモジュラーリギングシステムですか?

はい、mGearはモジュラーリギングシステムを考えることができます。しかし、mGearの背後にある本当の力は、コンポーネントライブラリ(腕、脚、等..)拡張し、カスタマイズする機能です。またモジュラーリギングシステムで使用されるのと同じモジュールが他のツールを開発することができる。

mGearはアニメーションツールを提供していますか?

現時点ではmGearだけ特別にアニメーターのために設計されたツールとしての「シノプティック」ビューを提供します。 mGearリグは他のAutodesk Mayaのアニメーションツールと互換性があるはずですが。 MGtools、poseLibまたはstudioLibraryのように。

常にフリーでオープンソースでしょうか?

イエス!
ライセンスの詳細に関しては、ダウンロードしたファイル内にテキストが付属されておりますのでそちらをご参照ください。

誰がmGearを使用できますか?

mGearはリグを作成する必要がある皆のためである。プログラミングの知識のない例のリガーやアニメーターのためにリグの組み合わせの無限の多様性を生成するために、ボックスのそれを使用することができます。 PythonとC ++の知識を持つTDはまた、機能を拡張し、彼女/彼のニーズ/パイプラインにそれを適応させることができます。

なぜmGearカスタムソルバの代わりにMayaの標準ソルバを使うのか?

デフォルトのコンポーネントは、複雑な機能をカプセル化するリグ構造を簡素化し、再生性能を向上させるためにカスタムソルバを使用しているmGearに提供する。

mGearはギアSoftimageのの同じ機能/ツールを持っていますか?

いいえ、mGearはギアが持つすべての機能を持っていません。機能のいくつかは、それらのいくつかは決して実現されず、将来的に実施される。ツールはマヤのワークフローや哲学にも適用することができる場合は異なります。

Miquel氏によるVimeoのmGearグループには
mGearの使用方法を導入部分から解説した動画が公開されています。
mGear on Vimeo

  • 対応OS:Win64,OSX, Linux
  • 対応Maya:2013, 2013.5, 2014, 2015

ドネーションウェアという事で、0円からの支払いでダウンロードが可能となります。
Maya使いの方は是非お試しあれ!
mGear 1.0


 

作者、Miquel Campos氏の2013年キャラクターTDリールも合わせてご覧あれ

– I love characters, animation and storytelling. I am Character TD working at Marza Animation Planet, in Tokyo, Japan.

http://www.miquel-campos.com/

Jeremie Passerin – Character and Animation TD

http://www.jeremiepasserin.com/blog/

 

関連記事

  1. Substance Maya Toolset 0.6
  2. toyCarScreenShot

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2015.02.03The Art of プレーンズ - 『カーズ』スピンオフ!『プレーンズ』シリーズ2作分の設定資料を一纏めにしたアートブックがボーンデジタルから登場!

2015.02.03フラクタル3D形状生成ソフト『SUBSTANCE 3D』とフォトリアリスティックレンダラー『EMULSION』が無料化!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup