アニメCGの現場 2019 ーCGWORLD特別編集版ー - 日々進化するアニメ...

毎年恒例となりました、月刊誌「CGWORLD」のアニメメイキング記事総まとめ本『アニメCGの現場 2019 ーCGWORLD特別編集版ー』いよいよ発売です!!

続きを読む

Unity 2018.3 - 新エフェクトツールや地形システム、改良されたPre...

「Unity 2018.3」がリリースされましたよー。Prefabワークフローが改善されてたり、新ビジュアルエフェクトグラフ(プレビュー版)を搭載してたり、2000以上の新機能が追加されてます。

続きを読む

Advanced Village Material - 100% Substan...

Emrecan Cubukcu氏による、Substance Designerで作られた”村落”のマテリアル!「Advanced Village Material」!

続きを読む

Transmutr - 様々な3DフォーマットをSketchUpデータに変換する...

様々な3DフォーマットをSketchUpファイルに変換することが出来るツール「Transmutr」の早期アクセスベータ版が近日公開されます!

続きを読む

TracXcroll - トラックボールデバイスの入力をクリエイター向け動作に置...

トラックボール機能をクリエイター用途にリプレイスメントする補助デバイス"TracXcroll" トラックスクロール!Kickstarterプロジェクトが始動しました!開発者はイラストレーターJACO氏です。

続きを読む

PoMo: Ink Flow on a Surface - 本格的な水彩インクのシミュレーションが可能なデジタルペイント技術映像!

PoMo: Ink Flow on a Surface

本格的な水彩インクのシミュレーションが可能なデジタルペイント技術映像!
PoMo: Ink Flow on a Surface


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


消しゴム機能やUndoの出来る水彩画!とても魅力的!!!
ブラシの設定を必死に弄って、現実に存在する道具の挙動を再現するのは、本当に煩わしいのです。
こういった本物志向な挙動が実現していくのは非常に嬉しい!

こちらの動画では水滴をポタポタ垂らす挙動が確認出来ます。

PoMoは東洋の潑墨または破墨と呼ばれる水墨画技法の挙動を参考に開発されたリアルタイム流体シミュレーション技術
破墨山水 | Wikipedia

SIGGRAPH ASIA2013展示ブースD12にて出展を予定しているとの事です。

※2013/11/07 taketyuさんからの情報追加!
PoMoは過去にMoxiという名前で開発されていたそうです。
MoXi: Real-Time Ink Simulation

http://visgraph.cs.ust.hk/MoXi/

関連記事

  1. 東映 ツークン研究所 フェイシャルキャプチャ ZUKUN LAB." FacialCapture Example"
  2. 総合PBRガイド by Allegorithmic vol.2 光と物質:PBRのテクスチャを作成するための実用的なガイドライン

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.11.06New Approach to Handpainted Environments - ハンドペイント感が素晴らしい3D背景モデルアプローチ!

2013.11.07キサポ - タブレットスカルプトを快適に!SurfaceProとZbrushに特化したキーボードサポートアプリ!ファーストバージョンがリリース!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

Categories

おすすめ商品Pickup

アーカイブ

注目の記事

スポンサー