Transmutr - 様々な3DフォーマットをSketchUpデータに変換する...

様々な3DフォーマットをSketchUpファイルに変換することが出来るツール「Transmutr」の早期アクセスベータ版が近日公開されます!

続きを読む

TracXcroll - トラックボールデバイスの入力をクリエイター向け動作に置...

トラックボール機能をクリエイター用途にリプレイスメントする補助デバイス"TracXcroll" トラックスクロール!Kickstarterプロジェクトが始動しました!開発者はイラストレーターJACO氏です。

続きを読む

Procedural Hard Surface Design - 齋藤 彰氏によ...

先日開催された、「SIGGRAPH Asia 2018」のSideFX社によるプレゼンテーション “Houdini HIVE”のプログラムの1つ、株式会社ポリフォニー・デジタルの景観デザインチームリーダー 齋藤 彰氏による「Procedural Hard Surface Design」の映像が公開されておりました。

続きを読む

Quixel サブスクリプションプランの変更!ポイント失効無し!旧ホビープランは...

膨大なMegascansスキャンライブラリやマテリアル作成ツールでお馴染み「Quixel」が、サブスクリプションプランの内容変更を発表しました!

続きを読む

MJ Montage - フル3DCGのマイケル・ジャクソンを作るプロジェクト!...

以前も紹介した個人的に完成が楽しみなフルCG マイケル・ジャクソン プロジェクト「MJ Project」進捗映像が公開されております。

続きを読む

Roquro - Leap Motionによるハンドジェスチャーでバーチャル「ろくろ」を実現!エモい新機能が話題に

東信 伍氏が開発した、ハンドジェスチャー認識デバイス「Leap Motion」を使ったバーチャルロクロ「Roquro」が話題になっておりました。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


バーチャルろくろシステム “Roquro”

Roquroは、誰でも簡単に自分の手で器の3Dモデルが作れるバーチャルろくろシステムです。手の動きをセンシングすることにより、直感的な操作で画面上の3Dモデルをデザインすることができます。気に入った形ができれば、プラスチックや陶器などの素材で好きな大きさに3Dプリントして、日用品として使用できます。必要なのは少しの想像力と、「ろくろ」と聞いたときに想像するあの動きだけ。バーチャルとフィジカルを乗り越える、新しいものづくりの世界を体験してください。

Twitterではエモい新機能が話題になってます。

今の若い世代はそもそも「轆轤(ろくろ)」自体を知らない人もいるのではないでしょうか?
こういう形で技術が周知されていくと良いですねぇ。
調べてみたら、轆轤ってのは回転台そのものの事なんですね。知らなかった…

東氏の過去動画も面白いので貼り付けておきます。

関連リンク

関連記事

  1. ユニティちゃんを超ARしてみた
  2. KILL ZONE SHADOW FALL TechSlide

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.08.01しらいしわたるのMake Sphere - 座談会形式でCG系トークをするポッドキャスト

2018.08.02CINEMA 4D R20 - ボリュームモデリングも可能になったMAXONの統合型3DCGソフト新バージョン!新機能が使われた映像作品とメイキングも公開!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

Categories

おすすめ商品Pickup

アーカイブ

注目の記事

  1. "VEv" Shortfilm

スポンサー