OVERHIT 2018 Animation Demo reel - Yu Ho...

CGアニメーターYu Ho joong氏による「‘OVERHIT’ 2018 Animation Demo reel」と「‘OVERHIT’ 2018 Cinema Animation Demo reel」

続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

Real-time fiber-level cloth rendering - 繊維レベルの布モデルを効率的にリアルタイムレンダリングする技術!

i3D 2017に向け公開された繊維レベルの布モデルを効率的にリアルタイムレンダリングする技術!「Real-time fiber-level cloth rendering」


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Real-time fiber-level cloth rendering

ファイバーレベルのジオメトリを持つモデリングクロスは非常に現実的なものを生成することができます。レンダリングするファイバーレベルの布モデルは、メモリコストが高いだけでなく、オフラインレンダリングアプリケーションでも高い計算コストを伴います。また、GPUをまとめて表現することにより、ラスタライズ操作を減らします。我々の方法は、GPUへのデータ転送を最小限に抑えるために、糸レベルの制御点を使用して、手作業でファイバーレベルの幾何学的詳細を手順的に生成します。さらに、私たちは若いレベルの構造を持っています。我々は最終的な若い構造を目指している。最終的にレンダリングされたイメージにほとんどまたはまったく影響を及ぼさないファイバーレベルのジオメトリの生成を最小限に抑える、または排除する詳細レベルの戦略があります。我々は単純な糸レベルのアンビエントオクルージョン近似と自己シャドー計算方法を導入し、簡略化されたファイバージオメトリと手続き的に生成されたリファレンスを比較し、リアルタイムで数億個以上の個々のファイバーカーブを含むディスプレイニットウェア影とアンビエントオクルージョンのあるフレームレート。

Google翻訳

ほぇ~。
この手の技術は年々新たなアプローチが発表され、進化し続けておりますが、
ここまでのディテールを手軽に扱えるようになると、色々大変そうだな…と思いつつも、夢が広がります。

関連リンク

関連記事

  1. weight tweaking tool

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2017.02.09Unreal Engine Material Management Deep Dive - UE4のマテリアル管理勉強会関連映像やスライド!一挙公開中! #UE4DD

2017.02.12animation spine ninja girl - Dao Le Trong氏による、Spineで作成された女忍者(くノ一)のアニメーション!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

Categories

アーカイブ

注目の記事

  1. Sketchfab-pickup01
  2. WELCOME TO UNREAL ENGINE 4

スポンサー

PR

プラチナゲームズ採用ページ

Flying Ship Studio


デザイナー採用特設 | 株式会社トイロジック公式サイト



スポンサー

おすすめ記事

  1. Black Ink Beta - ノードベースでカスタマイズ可能な”非現実”ブラシ!GPU動作でサクサク動く次世代デジタルペイントツール!
  2. Verve

PR