OVERHIT 2018 Animation Demo reel - Yu Ho...

CGアニメーターYu Ho joong氏による「‘OVERHIT’ 2018 Animation Demo reel」と「‘OVERHIT’ 2018 Cinema Animation Demo reel」

続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

Solid Angle has joined Autodesk - 美麗レンダラー「Arnold Renderer」でお馴染み「Solid Angle」社がオートデスクの傘下に!

「アメイジングスパイダーマン」「デッドプール」「アイアンマン3」「パシフィック・リム」等の数多くの映画や映像作品等で採用される物理ベースレンダラー「Arnold Renderer(アーノルドレンダラー)」でお馴染み「Solid Angle(ソリッドアングル)」社が「Autodesk(オートデスク)」の傘下に!!!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


個人的にはMental Rayに置き換わる形で搭載されるのが望ましいのですが、いつも期待を裏切られるだけに少々不安です。

ArnoldをMaya上で使用している解説映像が先月公開されておりましたので、貼り付けておきますね。

Arnold RenderView (MtoA 1.2.7.0)

ちなみにModelingCafeさんが制作し、CGWORLDの表紙にもなった作品。
Vengeance」こちらもArnoldが採用されています。

CGWORLD (シージーワールド) 2016年 02月号 vol.210 (特集: フォトリアル人体表現術、これからのVR制作)

2014,2013年に公開されたリールもあわせてせてごらんください。

さてさて、いろいろ気になるところはありますが、両社の今後の動きにも注目です!

Solid Angle | Arnold Renderer

https://www.solidangle.com/

 

関連記事

  1. http---koujiart.blogspot
  2. CGWORLD.jp Renewal
  3. アークシステムワークス3Dスタッフ募集ページ
  4. 株式会社INEI

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2016.04.19Maya 2016 Extension 2 - モーショングラフィックスに便利になったキャラクター制作機能!「Maya 2016」の新拡張機能情報が続々公開中!

2016.04.19Star Fox Zero: The Battle Begins Teaser Trailer - 宮本茂氏&Production IG&WIT STUDIOによる「スターフォックス ゼロ」短編アニメティーザートレーラー!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

Categories

アーカイブ

注目の記事

  1. PureRef Screen
  2. CRYENGINE Now Available on Steam

スポンサー

PR

プラチナゲームズ採用ページ

Flying Ship Studio


デザイナー採用特設 | 株式会社トイロジック公式サイト



スポンサー

おすすめ記事

  1. SculptGL
  2. VERTEX2
  3. Quixel SUITE 1.6 Available‏ Now

PR





ページ上部へ戻る