スプラトゥーン2 イカすアートブック - 380ページ超えの大ボリューム!「Sp...

「Nintendo Switch」向けタイトルとしてリリースされた『スプラトゥーン2』のアートブック『スプラトゥーン2 イカすアートブック』が11月29日に発売されます!

続きを読む

The Daily Dweebs - 奇妙なペットがグリグリ動く!Blender...

Blender Animation Studioによるオープンプロジェクト!奇妙なペットの日常を描いた作品「The Daily Dweebs」が公開!

続きを読む

Overgrowth 1.0 - 9年の開発を経て正式版に!物理挙動が素敵なサン...

Wolfire Gamesが9年かけて開発したアクションゲーム「Overgrowth」がついにバージョン1としてリリースされました!

続きを読む

Substance Painter入門 - デジタル原型師まーてい氏によるサブス...

デジタル原型師 まーてい氏によるサブスタP入門本「Substance Painter入門」が発売!サブスタPのフロー以外にも、基本的なテクスチャの解説や焼きこみ周りについても触れているので、とても気になる1冊です。

続きを読む

Muscle Training to Joint reconstruction ...

ツール映像公開の度に話題を集めるNaughty DogのTD→Blizzard EntertainmentのPrincipal Technical Artist、Hans Godard氏が現在開発中のツール「Muscle Training to Joint reconstruction (MTJ)」の映像を公開!

続きを読む

Substance and Marmoset Realistic Eye Setup - プロシージャルテクスチャで作られたリアル眼球モデル!Substanceファイルも配布中!

Realtime Editable Procedual Eyes for Marmoset

3DアーティストDavid Connely氏による、Substance Designerで作成されたリアル眼球モデル!Substanceファイル(.sbsar)も配布中で、Marmoset Toolbag 2でのセットアップ解説動画も公開されています。


PR


Substance and Marmoset Realistic Eye Setup

これは素晴らしい!
Substance Designerで作られたという事でお分かりの通り、パラメーター調整しながら各種マップを生成する事が可能です。
Toolbag 2はSubstanceファイルに対応しておりますので、Toolbag上で手軽にプロシージャルテクスチャを生成しモデルへ適用する事が出来ます。Allegorithmicから配布されてる、無料ソフト『Substance Player』を使えば、無料環境で各種テクスチャが生成可能です!

Eye Substance Player

SBSARファイルのダウンロードはDavid氏のサイトからどうぞ。
Realtime Editable Procedual Eyes for Marmoset David Connely 

是非お試しあれ!

ギョロギョロ

SubstanceEye3dnchu

 

David Connely – www.davidconnely.co.uk

http://www.davidconnely.co.uk/

allegorithmic

https://www.allegorithmic.com/

 

関連記事

  1. Retopology technique for hard surface using Zremesher in Zbrush

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2015.03.25GDC ラウンドテーブルで得た情報量 2015 - Demystifying VFX Technical Artist Art Director Leadership at GDC 2015 - TAやリードアーティスト必見のスライドが公開!

2015.03.26rasch Riganim test - キモい生命体作品でお馴染みのVFXアーティストErik Ferguson氏によるキモカワキャラクターモデル!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup