PixelMash - あの「Silo」開発元によるピクセルアート(ドット絵)作...

Nevercenterによるピクセルアート(ドット絵)作成ソフトウェア「PixelMash」が登場!WindowとMacに対応

続きを読む

SubstanceDesigner FX-Mapテクニカル本 - カスタムノード...

PKY氏による「SubstanceDesigner FX-Mapテクニカル本」(電子書籍/PDF)がboothからリリース!

続きを読む

Free UE4 Reactive Dynamic Water 3D Proje...

UE4を採用したコンテンツを開発しているMarvel Master氏が、レンダーターゲットを使った水面挙動の入ったUE4データを無償配布中です!

続きを読む

バーチャルツアー サヴォア邸Ver1.00 - アンリアルエンジン4で作成された...

フリーランスと3DCGデザイナー mozこと森口史章氏による、Unreal Engine 4で構築されたバーチャルツアー「サヴォア邸 Ver1.00」実行ファイルが公開されました!

続きを読む

Pinscreen Face Tracker - 深度カメラを使わずにiPhon...

Pinscreenから、深度カメラ不要のフェイシャルパフォーマンスキャプチャiOSアプリ「Pinscreen Face Tracker」がリリースされました!無料です。

続きを読む

UDK Physically Based Lighting - アンリアルエンジン3で物理ベースのライティングを実現!次世代で主流になる表現を今のうちに学ぼう!

UDK Physically Based Lighting!

UDK(Unreal Development Kit)で物理ベースのライティングを実現しちゃった人が登場!


PR

オートデスク公式ストアセール


製作者はキャラクターアーティストのLee “Almighty_gir” Devonald氏
次期エンジンのUE4では、物理ベースのシェーダーがメインとなりますが、
それに近しい表現をUE3で表現する事が出来ます。
今のうちに物理ベースシェーダー用の各種マップ制御に慣れておけば、今後に役立ちそうですね!

必要なテクスチャ

Albedo – 一切陰影のない素材その物の色を用意します。

Mask Texture – RGBA4つのチャンネル夫々に素材を再現する為に必要なマップを格納します。

  • R:Roughness(粗さ) ザラつきを表現します。0だと粗さ無し、1だとザラザラ
  • G:Metalness(金属さ)材料が金属であるかどうかを定義します。0は非金属、1は金属、グレーは使用しないで下さい
  • B:Emission(放射)Albedoをベースに発行する範囲をマスクします。
  • A:Cavity(キャビティ)このマスクで照明を除去出来ます。

Normalmap – 法線マップ 特に説明はなし

Cubemap – キューブマップ 事前に処理されたマップを使用することができます。またはUDK内側からキャプチャした物を使用します。あなたが事前フィルタリングしたマップを使用している場合は、DX9を使用することができます。あなたはUDKのキャプチャマップを使用する場合、DX11を使用してください。

しかしこのシェーダーには制限があります

  • 現在、イメージベースの照明はハック回避策を使用しているので、本当のIBLではありません。うまくいけば、私は近い将来にこの問題を解決することができます。
  • 現在、UDKは、将来的に使用されるエリアライトをサポートしていません。それはUDKに新たな光タイプをプログラムすることも、可能であれば、私は見当がつかない。
  • 現在、UDKでは、このようなカスタムシェーダのセットアップからライトマップを焼くことはできません。

ダウンロードや詳細についてはPolycountのこちらのスレッドからどうぞ
UDK Physically Based Lighting! | polycount

http://www.polycount.com/forum/showthread.php?t=124934

Lee “Almighty_gir” Devonald

http://crazyferretstudios.com/

UDKは無料で触れます!この機会に是非!
UDK – Unreal Engine

http://www.unrealengine.com/ja/udk/

関連記事

  1. Voxel Farm Engine
  2. Physically Based RealTime Rendering for Artists
  3. Structure-Aware Hair Capture
  4. Topology-Varying 3D Shape Creation via Structural Blending

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.10.10Autodesk and Automotive Showreel - コンセプトスケッチからモデリング!オートデスク製品が可能にする自動車設計のプロモーション映像と特設サイト!

2013.10.10ratGPU 0.6.0 - xNormalの開発者による無料OpenCLのレイトレーシングレンダラー!ベンチマーク機能もあるぞ!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

Cygamesイベント

Flying Ship Studio


デザイナー採用特設 | 株式会社トイロジック公式サイト



スポンサー

おすすめ記事

  1. Lazy Nezumi Pro
  2. Quixel SUITE 1.6 Available‏ Now
  3. Expresii Lite Preview Available
  4. GameTextures.com
  5. VERTEX2

PR