Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

IMVERSE LiveMaker - VR空間内で360°写真をベースに3Dモ...

カメラマッピングによる3Dモデリングを、VR空間内で行う事で、ちょっと不思議な感覚でモデリング出来そうなソフト「IMVERSE LiveMaker」!現在パブリックベータ中

続きを読む

Lumion 9 Coming Soon - 建築ビジュアライズソフトの新バージ...

建築ビジュアライぜーション専用ソフト「Lumion」のバージョン9が2018年11月5日にリリースされるそうです。

続きを読む

PixelMash - あの「Silo」開発元によるピクセルアート(ドット絵)作...

Nevercenterによるピクセルアート(ドット絵)作成ソフトウェア「PixelMash」が登場!WindowとMacに対応

続きを読む

Unreal Reveal Titanic: Honor and Glory - アンリアルエンジン4上で再現された「タイタニック号」が舞台のゲームプロジェクト最新映像!

アンリアルエンジン4を採用し開発中の、豪華客船「タイタニック号」を舞台としたアクション・アドベンチャー・ミステリーゲームプロジェクト「Titanic: Honor and Glory」最新映像


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


動画内では「CryEngine3」を採用していた旧バージョンとの比較を行うカットも確認出来ます。
また、「タイタニック号」と関係のある町や施設等も制作中!

本作は”タイタニック号完全再現”を目標に制作されているので、観賞用という意味でもかなり期待しております。

「Titanic: Honor and Glory」は2017年までにリリースする事を目標に開発中!
 こちらのページからは、船内の完成状況等が確認出来ます。

Titanic: Honor and Glory
http://www.titanichg.com/

関連記事

  1. Bokida

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2014.11.23MocuMocuDance Ver0.01 - 「Oculus Rift」上でMMDキャラとモーションを鑑賞出来るアプリ!

2014.11.253dCutout - 3dsMax向けカットアウト(切り絵)アニメ作成プラグイン!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup