Animating Meis Frosty Highlight Intro - ...

キャラクターアニメーター、David Gibson氏がが、「オーバーウォッチ」のキャラクター「メイ」のハイライトアニメーション制作過程映像「Animating Mei’s Frosty :) Highlight Intro」を公開!

続きを読む

Substance Painter 2.5 - ブラシ透明度・カラーマネジメント...

allegorithmicのテクスチャ・マテリアルペイントソフトウェアがマイナーアップデート!「Substance Painter 2.5」!

続きを読む

Katana - Japanese Sword 3D Models for UE...

Bunno pen(ブンノペン)が開発、公開したUnreal Engine 向け「日本刀」のモデルアセット!歴史資料に基き制作された緻密なディテールに注目!Unity版も3月にリリース予定!

続きを読む

Autodesk Games Customer Reel 2017 - オートデ...

オートデスク製品で制作されたゲーム関連作品のカスタマーリール2017「Autodesk Games Customer Reel 2017」

続きを読む

CRTify - CRT風なレトロディスプレイ表現をお手軽追加!UE4向けプラ...

ユニークなUE4向けアセットを販売している「Gameapp Maker Co.」によるUE4向けプラグイン!「CRTify」。レトロディスプレイ表現をお手軽追加!

続きを読む

なぜなにリアルタイムレンダリング - 現行のリアルタイムレンダリングを分かりやすく解説!「第5回VFX技術者交流会」"もんしょ"氏による発表スライド!

2016年11月19日(土)にグランフロント大阪で開催された、「第5回VFX技術者交流会」にて、『Unreal Engine 4マテリアルデザイン入門』著書でもお馴染み、”もんしょ”氏による「なぜなにリアルタイムレンダリング」のスライド資料が公開!
※2016/11/22 – 講演動画も追加しました。


PR
カプコン採用イベント

第5回VFX技術者交流会『なぜなにリアルタイムレンダリング』

  • 講演者:もんしょ
  • 対象者:現在のリアルタイムレンダリング手法をもっと理解したいアーティスト
        非レンダリングプログラマの方
  • 内容説明:Deferred Renderingが台頭したことにより、リアルな映像が作りやすく、多くの光源も使えるようになってきました。
    しかし、それと引き換えに描画に関する自由度が減っていると感じることはないでしょうか?
    例えば半透明について、描画レイヤーについて、特定キャラ用ライトについて…
    レンダリングプログラマはDeferred Renderingの制約と答えますが、なぜそうなっているのか詳しく理解したいという方も多いのではないでしょうか?
    本講演ではDeferred Renderingを中心に、リアルタイムレンダリングの疑問をQ&A形式で答えていきます。
    対象はより深くレンダリングについて知りたいアーティスト・非レンダリングプログラマです。
    レンダリングプログラマに提案を行う上で役に立つ知識を得られるような内容にしたいと考えています。

これは素晴らしい。

関連リンク

Unreal Engine 4マテリアルデザイン入門

関連記事

  1. DBZ Contest Winners

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2016.11.21mGear 2.0 - Maya用のオープンソースリギングフレームワーク新バージョン!正式リリース!MITライセンス。

2016.11.22Cars 3 Teaser Trailer - マックィーンがクラッシュ!?映画「カーズ3」ティザートレーラーが公開!2017年夏公開予定!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


採用情報 | 株式会社ヘキサドライブ | HEXADRIVE | ゲーム制作を中心としたコンテンツクリエイト会社


CharacterArpeggio~3ds Max 2017 キャラクター作成術~

スポンサー

おすすめ記事

  1. MecaBricks
  2. Physically Based RealTime Rendering for Artists
  3. Black Ink Beta - ノードベースでカスタマイズ可能な”非現実”ブラシ!GPU動作でサクサク動く次世代デジタルペイントツール!
  4. Lazy Nezumi Pro
  5. SculptGL