アニメCGの現場 2019 ーCGWORLD特別編集版ー - 日々進化するアニメ...

毎年恒例となりました、月刊誌「CGWORLD」のアニメメイキング記事総まとめ本『アニメCGの現場 2019 ーCGWORLD特別編集版ー』いよいよ発売です!!

続きを読む

Unity 2018.3 - 新エフェクトツールや地形システム、改良されたPre...

「Unity 2018.3」がリリースされましたよー。Prefabワークフローが改善されてたり、新ビジュアルエフェクトグラフ(プレビュー版)を搭載してたり、2000以上の新機能が追加されてます。

続きを読む

Advanced Village Material - 100% Substan...

Emrecan Cubukcu氏による、Substance Designerで作られた”村落”のマテリアル!「Advanced Village Material」!

続きを読む

Transmutr - 様々な3DフォーマットをSketchUpデータに変換する...

様々な3DフォーマットをSketchUpファイルに変換することが出来るツール「Transmutr」の早期アクセスベータ版が近日公開されます!

続きを読む

TracXcroll - トラックボールデバイスの入力をクリエイター向け動作に置...

トラックボール機能をクリエイター用途にリプレイスメントする補助デバイス"TracXcroll" トラックスクロール!Kickstarterプロジェクトが始動しました!開発者はイラストレーターJACO氏です。

続きを読む

xNormal 3.19.0 - GUIが少し大きくなった!FBX2016にも対応しマイナーアップデート!ゲームアーティスト御用達の無料テクスチャマップ生成&ベイキングツール!

ゲームアーティスト御用達、無料で使えるテクスチャベイキング(法線マップ&各種マップ生成)ツールがアップデート!「xNormal 3.19.0」がリリースされました。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


ディスプレイの大型化・高解像度可が進む中、全く進化のなかったGUIがここにきてようやく少し大きくなったので、見辛いという事は減りました…がレイアウトのダサさが倍増した気がします(笑)
流石にそろそろ全て一新されたxN4の情報が欲しいですね…まぁこんな見た目でも…使うんですがね

xNormal 3.19.0

  • フロントUIがサイズアップ 800×600→1024×768
  • 3ds Max 2016 と Maya 2016 をサポート
  • コマンドラインからobj2sbmとオブジェクトタンジェントスペース·ツールを呼び出すことが可能になりました。
  • インストーラーにNSIS’s Modern UI 2.0を採用
  • インストーラーでのコーデックを更新(xVid 1.3.3 and x264vfw_full_42_2538bm_41390)
  • OptixとOpenRLを使用した際に起こるバッチレンダラでのクラッシュを修正しました。
  • VRAM4GB以上のGPU向けOptixのVRAMページングテキスト進捗メッセージをに間違って表示していた小さなバグを修正しました。
  • ドイツ語の翻訳を更新
  • COLLADAインポータでいくつかの問題を修正しました。今.DAEファイルはFBXSDKを使用してロードされます。
  • AOのバッチモードでプレビューウィンドウを表示していたバグを修正しました。
  • XML設定でうまくハイトマップの最小/最大スケールを保存しないバグを修正しました。
  • Smileyサンプルの超高密度メッシュバージョンを削除しました。
  • インストールされているプログラムの一覧からアプリを削除しない原因となっていたバグを修正しました。
  • Photoshop CC 2014へフィルタがコピーされなかったインストーラのバグを修正しました。
  • 多くのバグを修正し、NVIDIA Quadroカードとの互換性を改善しました。
  • 最新のライブラリを用いてVS2013CEu4で再コンパイル( Optix 3.7, FBX 2016 、OptixによりG80/G2XXはサポートされなくなりました。)

xNormalって何?

ハイポリモデルからローポリモデルへのテクスチャベイク、法線マップ・AO・その他合計18種類ものテクスチャマップを生成する事の出来るフリーソフトウェアです。
焼きこむ方向や範囲を制御する”ケージ”モデルや、焼きこむレイを抑制する”ブロッカー”モデル機能でベイクを自在に制御し、思い通りの結果が得られやすい事から、海外のリアルタイムCGアーティストの中では当たり前のように使用されているツールです。
焼きこみ機能の他に、写真やハイトマップから法線マップを生成するツールやPhotoshop用のプラグイン等も搭載されています。

是非お試しあれ!

xNormal web page

http://www.xnormal.net/1.aspx

関連記事

  1. Solid Angle Arnold Renderer
  2. shade3D ver.14

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2015.04.27Head in Cycles - 素晴らしい!Blender&Cyclesレンダラーで制作されたリアルな頭部モデル!

2015.04.28大手スタジオでも採用されている次世代パストレーシングレンダラー『Guerilla Render( ゲリラ・レンダー)』世界初のプレゼンテーションが東京&大阪で開催!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

Categories

おすすめ商品Pickup

アーカイブ

注目の記事

スポンサー