SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

IMVERSE LiveMaker - VR空間内で360°写真をベースに3Dモ...

カメラマッピングによる3Dモデリングを、VR空間内で行う事で、ちょっと不思議な感覚でモデリング出来そうなソフト「IMVERSE LiveMaker」!現在パブリックベータ中

続きを読む

ZBrushプロテクニック エキスパートたちのZBrushマジック! - Pixologicのリードアプリケーションエンジニア著書の中~上級者向けZBrushテクニック本!日本語版が登場!

ZBrush Professional Tips and Techniques JP

ZBrushプロテクニック エキスパートたちのZBrushマジック!がボーン・デジタルから発売されます。公式ページ
中~上級者向けにZbrushのテクニックを解説した洋書
ZBrush Professional Tips and Techniquesの日本語版です。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN



  • 大型本: 288ページ
  • 出版社: ボーンデジタル
  • 言語 日本語
  • 発売日: 2013/3/1

著者はPixologicのリードアプリケーションエンジニアPaul Gaboury(ポール・ギャブリー)氏!と
18名のZBプロフェッショナル達が書き下ろしたこの本は
ボーンデジタルさんから以前発売された「ZBrushマスター」からのステップアップに最適なテクニック本となっています。
結構知らない機能が隠れているZBrush、この本が完全習得への近道になるかもしれませんね!

日本語版のZbrush書籍が増えるのは非常に嬉しいですねぇ!
ボーンデジタルさんはコンスタントにZbrush書籍を日本語化してくださるので素敵!

予約・購入はAmazonからどうぞ

少々お安く手に入る海外版の紹介
ZBrush Professional Tips and Techniques
英語で問題ないかたはこちらもお勧めです。


Kindle版もありますよ!

【本書の特徴】
エキスパートたちによるZBrushマジック!
デジタルスカルプティング(彫刻)ソフトZBrushのプロ向けテクニック集

「創造的で時間の節約になる」そんなZBrushのプロフェッショナルたちのテクニックを学びませんか?
Paul Gaboury(ポール・ギャブリー)はPixologicのリード3Dアプリケーションエンジニアであり、
世界中のプロアーティストやPixar、Disney、ILMといった名立たるプロダクションにZBrushの使い方を教えています。
彼の持つ極意、そして、世界に名を知られたZBrushアーティストたちのテクニックを、
このガイドブックに集約しました!

「メッシュやカスタムブラシの簡単な作り方をご存知ですか?」
「ツールにZSphereリグの設定が必要ではありませんか?」
スカルプト、ポージング、レンダリングの基本から応用テクニックまで、本書で実践的に楽しく学習すれば、
さらに創造的でリアルな作品をつくれるようになるでしょう。

※ 本書は「ZBrush Professional Tips + Techniques」の日本語版です

【主な内容】
・ZBrushの基本を確認し、素早くアクセサリーを作成する
・ハードサーフェスツールを使用したスカルプト、シャドウボックスの機能を紐解く
・[Morph Target]サブパレットの[CreateDiffMesh]ボタンを活用する
・スキャンデータの操作して、トポロジメッシュに投影する
・簡単にヘアをスカルプトして時間を節約する
・楽しみながら効率よくキャラクターをポージングする
・ZBrushアーティストの極意をステップバイステップで学習し、作品を仕上げる

【付属DVD-ROMについて】
DVDには、各レッスンで使用するサンプルファイルとモデルや、特別チュートリアル(PDF形式)、そして、ムービーなどが収録されています。
(※音声は英語です。)チュートリアル用ファイルは、ZBrush 4R2b 以降対応です。

【対象読者】
中~上級者向け ZBrushユーザ、3DCGクリエイター、彫塑家、造形師、原型師、芸術系学生など

【対応バージョン】
ZBrush 4R2b 以降

【目次】
Chapter 1 基本を理解する
Chapter 2 胸像を引き立てるアクセサリの作成
Chapter 3 スカルプト – 作品を高度な次のステージへ
Chapter 4 スカルプト – ハードサーフェスのディテールを作成する
Chapter 5 色を効果的に追加する
Chapter 6 スキャンデータを使用する
Chapter 7 ポージング – 作品に動きを追加する
Chapter 8 ホッケー用スケート靴のディテールを作成する
Chapter 9 レンダリング – イメージにリアリティを追加する

関連記事

  1. CGWORLD 創刊200号 表紙
  2. アサシン クリード III 原画集

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.02.01キャプテンハーロック(仮)インターナショナルトレーラー解禁! - 松本零士の人気作30年ぶりに映画化!フルCG!

2013.02.05voxel.js - WebGL対応ブラウザ上で動作!ボクセルゲーム作成用のオープンソースツールキット

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup