Marbling Maker Material v2.0 - Substance...

以前紹介した、”村落”のSubstance Designerマテリアル等でもお馴染み、Emrecan Cubukcu氏が今度はマーブル模様を生成する為のマテリアル「Marbling Maker Material」作成し、販売しております。

  • 3
  • 0
  • 0
続きを読む

Troll - Goodbye Kansas&Deep Forest Films...

Goodbye KansasとDeep Forest Filmsからのリアルタイムショートフィルム「Troll」が公開!Unreal Engine 4.22とリアルタイムレイトレーシング機能を活用しています。

  • 2
  • 0
  • 0
続きを読む

Chaos Tech Demo GDC 2019 - アンリアルエンジン4.23...

「Chaos」というアンリアルエンジン向け新物理/破壊シミュレーションエンジンのテクノロジーデモが先日行われた「State of Unreal」にて公開されました。Unreal Engine 4.23にて早期アクセス状態となるそうです。

  • 10
  • 0
  • 0
続きを読む

Quake II RTX GTC 2019 Demo Walkthrough -...

1997年に発売されたid Softwareの名作FPS「Quake 2(クエイクツー)」をリアルタイムレイトレーシングに対応させた「Quake II RTX」の最新デモ映像です。

  • 8
  • 7
  • 1
続きを読む

Unity 2019 Megacity - Unityで何百万ものオブジェクトを...

以前紹介したUnityのデモ「Megacity」がGDC 2019に合わせてリリースされました!何百万ものオブジェクトを効率的に描画!

  • 29
  • 33
  • 0
続きを読む

TopoLogiK - 3ds Max用の多機能リトポロジーツール!

3ds Max用の多機能リトポロジーツール「TopoLogiK」


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


特徴

これらのツールはすべて、参照メッシュ上の連続投影で機能します。

  • ストライプ 
    • ペイントストライプ。
    • ベジェの結び目を動かす。
    • ベジェを変更するノットは曲線を維持しながらカウントします。
    • ストライプサブディビジョンを変更してください。
    • テーパーエンド。
    • 他の端にはスナップします。
    • 幅の自動調整。
    • カスタムエッジリングをストライプのように編集します。
    • ブラシ半径。
  • 表面
    • ペイントサーフェス。
    • ベジェの結び目を動かす。
    • ベジェを変更するノットはカーブを維持しながらカウントされます。
    • サーフェスの幅と高さのサブディビジョンを変更します。
    • サーフェスの後にサーフェスを続けます。
    • エッジ選択を拡張できます。
    • ブラシ半径。
  • フェイスを作る
    • 何も、エッジ、頂点またはコーナーから新しいフェイスを作成します。
    • 最も近い頂点またはエッジに自動的にスナップ/溶接します。
    • エッジループを選択して拡張します。
    • 頂点を移動します。
    • フェイスを削除します。
  • ブランチ
    • ブランチをペイントします。
    • エンドポイントを移動する。
    • 幅と高さのサブディビジョンを変更します。
    • ツイストと回転。
    • 分岐後に分岐を続行します。
    • 開いているブランチを拡張する。
  • ブリッジ
    • 開始エッジループと終了エッジループを選択します。
    • ブリッジサブディビジョンを変更する。
  • キャップ
    • キャップホール。
    • キャップメッシュを回転させて、完全な向きを見つけます。
    • 可能なすべてのケースでCapサブディビジョンを変更します。
  • リラックス
    • リラックスブラシ。
    • 半径と強さの変更
  • 移動
    • 最も近いサブ要素(面、エッジまたは頂点)を自動的に探します。
    • 最も近い頂点に自動的にスナップします。
    • 選択範囲に追加して削除します。
    • 選択範囲を移動します。
    • 選択範囲を削除するか、またはペイント削除(フェース、エッジまたは頂点)を選択します。
    • エッジループを選択します。
    • エッジに沿ってスナップします。
  • フリーズツール(変更から顔を保護する)
    • ブラシをフリーズする。
    • フリーズ&アンフリーズ
    • すべてフリーズ&アンフリーズ
    • 顔の選択をフリーズ&アンフリーズする。
  • スプリット
    • 最も近いエッジリングの自動検出
    • 新しいエッジループを最も近いエッジに沿ってスライドさせます。
    • カスタムの開始エッジから終了エッジまで分割します。
  • カット
    • 頂点にスナップします。
    • 端に沿ってスナップ。
    • 選択したエッジを削除します。
  • 不透明度コントロール。
  • 投射距離。
  • ライブプロジェクト(編集可能なポリまたはメッシュを使用してプロジェクトする)。
  • 動的なショートカット通知。

だいたいのことは出来そうですね。素敵。

価格は36ユーロ (約4,700円くらい)しかし3ds Max用かぁ…
どうも私の周りにはMax使いが少ない… アニメ系だと多いと思うんですが。

3ds Maxバージョン は2013~2019と幅広くカバーしてます。
気になる方はぜひチェックしてみてください!

参考リンク

TopoLogiK – KINEMATIC LAB

関連記事

  1. Substance Maya Toolset 0.6...

    2015-04-03

  2. AreaPath.jsx 0.1.3 - 線画のパス...

    2016-02-29

  3. SI2xNormal v0.3beta - Soft...

    2013-01-25

  4. GrutBrushes Art Brushes Co...

    2016-12-30

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

キャリア相談会

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事