OVERHIT 2018 Animation Demo reel - Yu Ho...

CGアニメーターYu Ho joong氏による「‘OVERHIT’ 2018 Animation Demo reel」と「‘OVERHIT’ 2018 Cinema Animation Demo reel」

続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

グラフィックデザイナーのためのコンテンツ作成術 - 静止画から映像、3DCGまでをカバーしたコンテンツ作成解説本!

 海津ヨシノリ氏による静止画から映像、3DCGまでをカバーしたコンテンツ作成解説本「グラフィックデザイナーのためのコンテンツ作成術」


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


ここまでのソフトラインナップをカバーした本を一人で書くのって大変だったろうなぁ・・尊敬します。
著者の作風は中々オリジナリティがありますねぇ…。

グラフィックデザイナーのためのコンテンツ作成術
グラフィックデザイナーのためのコンテンツ作成術

  • 書籍名:グラフィックデザイナーのためのコンテンツ作成術
  • 刊行予定日:2018年9月上旬
  • 著者:海津ヨシノリ
  • 定価:本体2,700円 + 税
  • ISBN:978-4-86246-415-6
  • サイズ:B5変形判
  • ページ数:208(仮)
  • 発行:株式会社ボーンデジタル
本書の特徴

++ 魅力的なコンテンツの作成方法を伝える実践的なガイドブック ++

昨今、デジタルコンテンツはイラストレーションや写真など静止画にとどまらず、動画や3DCGを使用した造形など多様化が進んでいます。
教育現場でもこれらデジタルコンテンツの多様化に応えられるよう講義が組まれるようになりました。
静止画から映像、3DCGまで、ソフトウェア導入のプロフェッショナルである著者が、コンテンツ作りのためのソフトウェア活用術を紹介します。

本書で取り扱うソフトウェア:Adobe Illustrator / Photoshop / Animate / After Effects / ZBrush Core

クリエイターを目指す学生はもちろん、現役のクリエイターにとっても、本書はWebサイトや自分のデジタルコンテンツに新たなソフトウェアを導入する際の指針となるでしょう。
本書で解説した作例の完成データはWeb上でダウンロードが可能です。

目次
  • Chapter 1:コンテンツ作りのためのIllustrator活用術
    • 1-01 Illustratorのインターフェイス
    • 1-02 キャラクター作成の基本
    • 1-03 作成した素材をシンボルに登録する
    • 1-04 プチリアルなキャラクターを描く
    • 1-05 3D処理の基本
    • Illustrator Gallery
    • Column Illustratorで新しい表現やTipsを生み出す
  • Chapter 2:コンテンツ作りのためのPhotoshop活用術
    • 2-01 Photoshopのインターフェイス
    • 2-02 色被り
    • 2-03 邪魔者は消せ
    • 2-04 背景はパターン処理で
    • 2-05 背景をぼかす
    • 2-06 パノラマ処理
    • 2-07 レイヤーを自動合成
    • 2-08 サイズ違いの合成
    • 2-09 テクスチャ作成
    • 2-10 壁紙風テクスチャ
    • 2-11 壁紙風テクスチャ2
    • 2-12 低解像度救済法
    • Photoshop Gallery
    • Column Photoshopと友人たちとの出会い
  • Chapter 3:コンテンツ作りのためのAnimate活用術
    • 3-01 Animateのインターフェイス
    • 3-02 Animateでアニメーション
    • 3-03 ホバリング・アニメーション
    • Animation Gallery 1
    • Column 教科書の端に描いたイタズラ書きを思い出してアニメーションで遊んでみましょう
  • Chapter 4:コンテンツ作りのためのAfter Effects活用術
    • 4-01 After Effectsのインターフェイス
    • 4-02 静止画を動かす
    • 4-03 グラデーションアニメ
    • 4-04 ランダムラインと回転
    • 4-05 グリーンバック映像処理
    • Animation Gallery 2
    • Column グラフィックデザイナーの視点から映像を楽しむ
  • Chapter 5:コンテンツ作りのためのZBrush Core活用術
    • 5-01 ZBrush Coreのインターフェイス
    • 5-02 DynaMesh Standard(ダイナメッシュ・スタンダード)ツール
    • 5-03 DynaMesh IMM Primitives(インサートマルチメッシュブラシ)ツール
    • 5-04 ZSphere(ズィースフィア)ツール
    • 3D Modeling Gallery
    • Column ZBrush Coreの難解な用語で悩んでいる方へ
著者について

海津ヨシノリ。
グラフィックデザイナー、イラストレーター、ライター、写真家、怪しいお菓子研究家。
跡見学園女子大学全学共通教育非常勤講師
二松學舎大学国際政治経済学部非常勤講師
駿河台大学情報処理教育センター非常勤講師
東京工芸大学芸術学部非常勤講師
J-Mac会員 デジタルマンガ協会会員

内容サンプル

グラフィックデザイナーのためのコンテンツ作成術 | ボーンデジタル

お求めはこちらから

グラフィックデザイナーのためのコンテンツ作成術

関連記事

  1. 3Dゲーム制作のためのCryEngine
  2. デレク・ステニング EKシリーズ作品集 BORN IN CONCRETE

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.09.25Unpleasant Nap - 高齢者の背中曲がりの原因はここに!?Deedema Studioのプロジェクト「Flipping Filip」短編2Dアニメーション

2018.09.26ダービースタリオン マスターズで学ぶ ゲームUI/UX制作 実践ガイド Unity対応版 - モバイルアプリのUI/UX開発を学ぶのに最適な書籍が登場!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

Categories

アーカイブ

注目の記事

  1. PureRef Screen

スポンサー

PR

プラチナゲームズ採用ページ

Flying Ship Studio


デザイナー採用特設 | 株式会社トイロジック公式サイト



スポンサー

おすすめ記事

  1. SpeedyPainter 3.2.4
  2. Quixel SUITE 1.6 Available‏ Now

PR