Procedural Hard Surface Design - 齋藤 彰氏によ...

先日開催された、「SIGGRAPH Asia 2018」のSideFX社によるプレゼンテーション “Houdini HIVE”のプログラムの1つ、株式会社ポリフォニー・デジタルの景観デザインチームリーダー 齋藤 彰氏による「Procedural Hard Surface Design」の映像が公開されておりました。

続きを読む

Quixel サブスクリプションプランの変更!ポイント失効無し!旧ホビープランは...

膨大なMegascansスキャンライブラリやマテリアル作成ツールでお馴染み「Quixel」が、サブスクリプションプランの内容変更を発表しました!

続きを読む

MJ Montage - フル3DCGのマイケル・ジャクソンを作るプロジェクト!...

以前も紹介した個人的に完成が楽しみなフルCG マイケル・ジャクソン プロジェクト「MJ Project」進捗映像が公開されております。

続きを読む

Google Earth Studio - 「Google Earth」の衛星画...

Googleが「Google Earth」の3D画像と衛星画像のデータを使いアニメーション動画や静止画を作成できるツール「Google Earth Studio」を公開!

続きを読む

BrickIt - Maya上でレゴブロックモデリングが出来るスクリプト!Gum...

Romain Chauliac氏によるMayaスクリプト「BrickIt」Maya上でレゴブロックモデリングが出来ます!

続きを読む

MIRROR 0.34 Beta - MayaとUnreal Engineのビューポートを同期させるプラグイン!UE4.20対応の最新ベータ版がリリース!

全俺が衝撃を受けた画期的なあのプラグイン覚えてます?
中国のVirtueal SolutionsによるUnreal Engine&Maya用ビューポート同期プラグイン「MIRROR」の新ベータ版”0.34 beta”がリリースされておりました。現在無料で試すことが出来ます。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Virtueal MIRROR 0.34 Beta 導入手順

サイトMirror by Virtueal Solutionsからインストーラをダウンロードする。
※2018/11/12現在、ページ上のDownload Nowボタンのリンク先が古いです。
上部メニューのDOWNLOADから落としてください(MIRROR 0.34 Beta Setup.7z)というファイルです。

MIRROR 0.34 Beta Setup.7zというファイルを解凍すると、
Unreal Engine 4.18と4.20にそれぞれ対応したインストーラと、中国語のPDFマニュアル展開されます。

7zが解凍出来ないって方、というかそもそも圧縮・解凍ソフトを使っていない方にはPeaZipがオススメです。150以上のファイル形式に対応したオープンソースソフトウェアです。PeaZip free archiver utility, open extract RAR TAR ZIP files
「PeaZip」150以上のファイル形式をサポートしたオープンソースの圧縮・解凍ソフト – 窓の杜

対応しているUEやMayaが入っていれば特に問題なくインストール出来ると思います。
ちなみにMayaは2017と2018で動作確認が出来ました。

導入できたら、UnrealEngineを起動し、Pluginを有効化します。
設定→PluginからPluginウインドウ表示後、左のメニューのBuilt-inをクリックし、検索ウインドウでmirrorを入力。
ピックアップされたVirtuealMirrorのEnabledにチェックをしてUEを再起動。

同じくMaya側も、プラグインマネージャにてmirrorで検索。
対応するMayaバージョンのVirtuealMirror_○○○○.mllをロードさせます。

あとはMayaのビューメニューにあるレンダラの項目からMirrorを選択するだけ!

ヒャッホォオォウ

あ、登録してないと”UNREGISTERED”のウォーターマーク(透かし)が入ります。
公式サイトMirror by Virtueal Solutionsアカウント作成後、Mayaのメニューからリクエストコードを取得。Get Regist Codeのページに貼りつけるとMirrorのRegist Codeをゲット出来ます。

“UNREGISTERED”は消えても、右下にMIRRORのロゴは入ります。

UEにあるマテリアルをサクッと適用出来る機能も搭載。

このプラグイン、今後どういう展開がなされるのでしょうか…
Blender対応とかしてほしいよね。

キャラや背景のモデリングの確認、フェイシャルの確認、インゲームレベルと合わせたモーションのチェック等、用途は様々。Epicさん…これ標準搭載してほしいよ…ほんと、まじで、お願いします。

リンク

Mirror by Virtueal Solutions

関連記事

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.11.12iAnimate Games Showreel 2018 - iAnimate ゲームアニメーション・ワークショップの生徒作品集リール!

2018.11.13POKÉMON Detective Pikachu Official Trailer - ハリウッド実写映画版『名探偵ピカチュウ』のトレーラーが公開!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

Categories

おすすめ商品Pickup