続 デジタルアーティストが知っておくべきアートの原則 -感情、ムード、ストーリー...

アートの基礎教本『デジタルアーティストが知っておくべきアートの原則』の続編「Beyond Art Fundamentals」の日本語版きたー!ボンデジさん(3DTotal.jpさん)さすがっす!待ってましたよ~日本語名は「続 デジタルアーティストが知っておくべきアートの原則 -感情、ムード、ストーリーテリング-」

続きを読む

NOSTALGIC TRAIN - UE4で作る鉄道のある田舎の情景 - 畳部屋...

ナラティブ&環境アーティスト、畳部屋氏によるUE4を使った作品「NOSTALGIC TRAIN - UE4で作る鉄道のある田舎の情景 -」日本人による日本風景の作品に注目!

続きを読む

Marvelous Designer 7 - 便利機能多数搭載!定番の3D衣服作...

3D衣類作成のベストツール!2017年9月にリリース予定の「Marvelous Designer(マーヴェラスデザイナー)」バージョン7の新機能紹介映像が公開されました!

続きを読む

Renderpeople - ビジュアライゼーションに最適!3Dスキャンされた3...

Renderpeopleが3Dスキャンされた高品質な人体モデルの無料サンプルを配布開始!これは要チェックですぞ!

続きを読む

Procedural Landscape Ecosystem - リアル樹林を簡...

UE4向けに数多くのフォトリアル地形アセットパックを公開しているエンバイロンメントアーティスト、Gökhan Karadayi氏による、プロシージャル地形生態系システム!「Procedural Landscape Ecosystem」

続きを読む

StyLit Demo - 自由なスタイルの手描き陰影タッチを3Dモデルへ適用するユニークな技術!デモが試せるぞ!Adobe MAX 2016、SIGGRAPH 2016

Adobeのクリエイティブカンファレンス「Adobe MAX 2016」にてデモが紹介された「StyLit」という技術が話題を集めております。デモもダウンロード可能!技術論文はSIGGRAPH 2016 に向け公開された「StyLit : Illumination-Guided Example-Based Stylization of 3D Renderings 」です。


PR


StyLit (live sessions)

これは!!!いつかAdobe製品に組み込まれるのだろうか!とてもワクワクする技術ですね。

Adobe Max 2016でのライブ映像がこちら。

Stylit. Adobe MAX 2016 (Sneak Peeks) | Adobe Creative Cloud

パワフルなGPU (GeForce GTX 970~) CPU (Core i7~)を搭載した Windows 10/8/7環境(CUDAドライバインストール済み)と 、WebカメラかAndroidスマホ等のLiveビデオキャプチャ環境があれば、同様のデモを手元でも試すことが出来る様です。

StyLit demo setup

是非お試しあれ!

関連リンク

関連記事

  1. Marmoset Toolbag 204
  2. “Floating City”, by Abyss Okami, made with Mischief
  3. TB2

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2016.11.07VRTX - VR 3D Modeling Prototype v0.1.0 - VR空間で3Dポリゴンモデリングが可能なアプリのプロトタイプ映像!

2016.11.09Swatchoos 1.0.1 Beta - Photoshop用の便利なカラースウォッチパネル!ベータ版がリリース!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

スポンサープロダクト

おすすめ商品Pickup