UE4 Realtime Transformation - 石川ようすけ氏による...

石川氏の作品は久しぶりの紹介ですね。UE4上でリアルタイム描画された獣人化アニメーション!

続きを読む

Mudbox 2019 - オートデスクの3Dスカルプト&ペイントソフト新バージ...

オートデスクの3Dスカルプト&ペイントソフト「Mudbox」の2019バージョンがリリースされたみたいですよ。 メッシュの結合・分離が出来るよ[...]

続きを読む

TexGraph 0.1.0 Beta - ノードベースのプロシージャルテクスチ...

ゲームプログラマー David Gallardo氏によるノードベースのプロシージャルテクスチャ作成ソフト「TexGraph」のベータ版が公開されました。[...]

続きを読む

UE4 Advanced FPS template - Kai Yoshida氏...

コンテンツクリエイター Kai Yoshida氏がUE4用のFPSのテンプレートをGithubにて無償公開しました!https://www.[...]

続きを読む

EinScan Pro 2X Series - 最高0.04mmのスキャン精度!...

中国のSHINING 3D社製ハンディタイプの3Dスキャナ「EinScan Pro」に新モデルが登場!「EinScan Pro 2X」「EinScan Pro[...]

続きを読む

VRM - ドワンゴがVR向けの3Dアバター特化型ファイルフォーマットを公開!オープンソース!

PBRにも対応した3Dアセット・フォーマット「glTF2.0」をベースに開発された、VRアプリケーション向けの人型3Dアバターファイルフォーマット「VRM」をドワンゴが公開!オープンソース!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


 

ファイル内にはアバターのサムネイルイメージや、
「アバターの人格に関する許諾」「暴力表現・性的表現・商用利用の可否」等のメタデータまでを含める事が可能です。

つまりあれです、3DキャラをVRM形式で構築しておけば、
VRM読み込み可能な環境・コンテンツ内で、超お手軽に3Dアバターとして利用可能になります。
MMDモデルをベースとしたVTuberが凄い増えそう…

Unity向けのVRMファイルの読み書きを行うC#による標準実装(UniVRM)もオープンソースで提供されているそうです。
また、有志によるUE4対応版の開発プロジェクトも発足!

GitHub – uetokyo/UnrealVRM: A VRM (VR Avator 3D Format) Support Project for Unreal Engine

今後の発展にも目が離せませんね!
うちのキャラもVRM対応させたいなぁ・・

その他ツイートメモ

関連リンク

VRM – dwango on GitHub

https://dwango.github.io/vrm/

glTF 2.0関連リンク

関連記事

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.04.18Kanova on Steam - The Foundryが開発!VRにも対応した3Dスカルプトソフト!無料の早期アクセス版がSteamで公開!

2018.04.19NitroPoly - モデリング作業効率をアップさせるツール群!無料Mayaスクリプト!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup