OVERHIT 2018 Animation Demo reel - Yu Ho...

CGアニメーターYu Ho joong氏による「‘OVERHIT’ 2018 Animation Demo reel」と「‘OVERHIT’ 2018 Cinema Animation Demo reel」

続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

Hammash Anime Technology Demo 2018 - 影を自在に制御可能!?アラブ発3DCGアニメ技術のテックデモ

ポテンシャルはいかほど?!アラブ発3DCGアニメ技術のテックデモ「Hammash Anime Technology Demo 2018 」


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Hammash Anime Technology Demo 2018 تطوير تقنيات انتاج أنمي و الرسوم المتحركة

This is a technical demo which demonstrates some of the technologies developed by engineer Ala’a Hammash (علاء هماش) for developing animted 2D animations in the Japanese Anime style utilizing 3D graphics and without using any painting or drawing applications like Photoshop, Clip Studio Paint, ….
Of course these technologies can be used for developing 3D animation similar to the american style and other styles. One Feature of these technologies is the big reduction of production costs and big reduction of production time. This reduction makes it possible to develop anime in Arab markets.
There are many other features which we couldn’t talk about in the video due to time limitations and we feared people will get bored.
Thank you
Ala’a Hammash

これは、エンジニアのAla’Hammash(علاءهماش)が、3Dアニメーションを使用して、アニメーション2Dアニメーションを3Dグラフィックスで、Photoshop、Clip Studio Paintなどのペイントまたは描画アプリケーションを使用せずに開発するために開発した技術のデモンストレーションです。 ….
もちろん、これらの技術は、アメリカのスタイルや他のスタイルに似た3Dアニメーションを開発するために使用できます。 これらの技術の特徴の1つは、生産コストの大幅な削減と生産時間の大幅な短縮です。 この減少は、アラブ市場でのアニメの開発を可能にします。
時間制限のためにビデオで話すことができなかった他の多くの機能があり、人々が飽きてしまう恐れがありました。
ありがとうございました
Ala’a Hammash
※Google翻訳

外部ツールなの?レンダラーなの?リアルタイムなの?
概要のみで、実際の所どこまで実用的なのか気になりますね。もっと詳細が知りたい!!

ココ最近のツールで言うと、Pencil+との違いが気になるので、質問投げてみましたよ。

顔や首、体の陰影は、法線コピーやグラデーションオフセットとは全然違う技術を使っているそうです。
それはとても興味深い…

関連リンク

HamashAnimTech(@HamashAnimTech)さん | Twitter

関連記事

  1. Pixar USD (Universal Scene Description)
  2. 総合PBRガイド by Allegorithmic vol.2 光と物質:PBRのテクスチャを作成するための実用的なガイドライン
  3. GDC ラウンドテーブルで得た情報量 2015 - Demystifying VFX Technical Artist Art Director Leadership at GDC 2015

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.10.04BlenderXR - Maya用VRプラグインでお馴染みMARUI-PluginによるBlender向けVR/ARインターフェースの開発プロジェクトが始動!

2018.10.05Mosketch - スケッチによるポージングで3Dアニメーションを作成可能なソフト! 他ソフトとの連携強化!現在早期アクセス中!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup