Renderpeople - ビジュアライゼーションに最適!3Dスキャンされた3...

Renderpeopleが3Dスキャンされた高品質な人体モデルの無料サンプルを配布開始!これは要チェックですぞ!

続きを読む

Procedural Landscape Ecosystem - リアル樹林を簡...

UE4向けに数多くのフォトリアル地形アセットパックを公開しているエンバイロンメントアーティスト、Gökhan Karadayi氏による、プロシージャル地形生態系システム!「Procedural Landscape Ecosystem」

続きを読む

『HAYASHIMESHI - THE MOVIE(原題)』公式トレーラー - ...

日清の新商品「ハヤシメシ」の新プロモーション企画映像!デザインはなんと「パシフィックリム」等も手掛けた彫刻家、片桐裕司氏によるものです。3Dデータも公開中!

続きを読む

Left Brain - Right Brain - スケールの制限に囚われず描...

Oculus Story Studioのアートディレクター、Goro Fujita氏による、VRデバイス「Oculus」のVRペイントアプリ「Quill」で作成された「Left Brain - Right Brain」という作品。素敵です。

続きを読む

Runner4.9 - CGアーティストMax Puliero氏によるモデルメイ...

Blender使いのCGアーティストMax Puliero氏によるキャラクターモデル「Runner4.9」メイキング映像!

続きを読む

Knald 1.0 Build 20130823002 Beta - トランスミッションマップも生成可能に!2Dソースから各種テクスチャを高速生成出来る!GPUベースのベイキングソフトウェア

Knald
Knald

Knald

以前も紹介した
各種テクスチャ生成ソフト「Knald」のBuild 20130823002がリリース!

PR


OpenCLに対応したGPUであれば、かなり高速にテクスチャを生成可能で、今回のビルドでは
トランスミッションマップ(Transmission Map)を生成可能になりました。
これはモデルの厚みを判定して生成する厚みマップで、様々な用途で活用する事が出来ます。

TransmissionMap

TransmissionMap

Knald Build Number: 20130823002 – August 25th, 2013.

  • Knaldは64化され、 32ビット環境はサポートされなくなりました。
  • 新しいマップ「Transmission maps」を生成可能に!半透明材料の無指向性厚さマップ(減衰ランプ付き)として使用出来ます。
  • Knald は現在8192²と大きなテクスチャを使用する能力を持っています。テクスチャサイズは、CPU RAMとGPU VRAMの量によって制限されます (4GBの VRAMなら8192²がおすすめ).
  • Knaldは現在のビューポートでプレビュー用の数百万ポリゴンメッシュをロードし、メッシュ&トランスミッションAOマップ生成で使用する能力を持っています。メッシュサイズは、今だけのRAMとGPUのVRAM使用可能なCPUの量によって制限されます。
  • 統合精度を改善しました。
  • 透過マップで使用するための3Dプレビューウィンドウでリアルタイム半透明オプションが追加されました。
  • 3Dプレビューウィンドウに色のライトを切り替える機能を追加しました。
  • 大幅なパフォーマンスの改善がインテグレータなされてきた。スピードは最大500%増加
  • 大幅なパフォーマンスの改善がメッシュAO(正式に低ポリAO)がなされてきた。スピードは最大1000%まで増加。
  • Knaldが自動的にあなたのGPUのステータスに基づいて適切なバランスbetweens統合速度と応答性を検出します。
  • 新しい設定に追加されたオプション’が統合パフォーマンス優先’を。これは、ビューポートの応答の積分、メッシュAO&伝送速度を優先するKnaldできます。
  • OpenGLレンダリングの互換性の改善について。…

現在もオープンベータテスト持続中ですので、無料でDLして試すことが出来ますよ!

Knald

https://www.knaldtech.com/

関連記事

  1. Gimpel3D 2.0
  2. CRYENGINE Now Available on Steam

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.09.13Physically Based RealTime Rendering for Artists - アーティスト向けに物理ベースのリアルタイムレンダリングを紹介した解説映像!

2013.09.13Building a Next Gen Open World - アサシンクリード4 ブラックフラッグで表現されるリアルタイム技術を紹介する映像が公開

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

スポンサープロダクト

おすすめ商品Pickup