理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編- 佐久間 修一氏著書!Sid...

『Houdini -SOP&VEX編-(仮)』として情報公開されていた佐久間 修一氏によるSideFX 公認の「Houdini」教科書!正式名称と表紙・内容情報が公開されました。「理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-」

続きを読む

Houdini実践ハンドブックWrangle×Python - サークル『魔法の...

コミティア120等でサークル『魔法の蒸留水』より頒布されたHoudini本「Houdini実践ハンドブックWrangle×Python v2」のKindle版がリリース!されております。その他「とらのあな」のWebサイトからは実本もお求め可能です。

続きを読む

New Surface Pro 発表! - お絵かきに最適?!4,096段階筆圧...

Microsoftが新型Surface Pro「New Surface Pro」を発表!本体スペックとペンが大幅パワーアップ!そしてバッテリー長持ち

続きを読む

Car Design Academy 動画添削サンプル - カーデザインを学べる...

カーデザインを学べるオンラインスクール「Car Design Academy」の動画添削のダイジェスト版が公開。

続きを読む

ibisPaint Auto Paint - モバイル向けお絵かきAPP「アイビ...

線画大好き色塗り嫌いマンに朗報!絵かきSNSアプリ「アイビスペイント」が、ディープラーニングを利用した線画から自動的に色を塗る機能を追加しリリース!

続きを読む

Mayaビジュアルエフェクト - 「ZBrushマスター」等でお馴染みEric Keller氏から学ぶMayaVFX解説本がボーンデジタルから登場!

Mayaビジュアルエフェクト -Maya Visual Effects The Innovator's Guide Second Edition 日本語版-
Maya Visual Effects The Innovator’s Guide: Autodesk Official Press の日本語版
Mayaビジュアルエフェクト -Maya Visual Effects The Innovator’s Guide Second Edition 日本語版-
がボーンデジタルから登場しますよ!


PR
クリーク大阪採用

原本はオートデスク公式本!そして著者がEric Keller氏!
かなり期待できそうですね!

  • 著者: Eric Keller (エリック・ケラー)
  • 共著: Max Dayan(マックス・ダヤン)
  • 大型本: 336ページ
  • 出版社: ボーンデジタル
  • 言語 日本語
  • 発売日: 2014/1/28

流体、nCloth、nParticle、nHair.. Mayaの高等テクを知る1冊。多くの経験・知識をもつCGアーティストEric Kellerから学び、ウィザード級ベテランアーティストMax DayanのMELスクリプトミニレッスンを受ける。映像からゲームまで、すべてのMayaユーザーに専門知識を提供。

【主な内容】
・Mayaの流体でロケットを空中に打ち上げる
・nParticleの衝突で、桜の木に美しい開花を演出する
・カスタムビルドの群衆シミュレータで、ダイナミックな魚群を演出する
・ペイントエフェクトで、洞窟内に発生するSFスタイルの電気エネルギーを作成する
・nClothとnParticleを使って、キャラクターの顔で成長するミツバチのヒゲを作成する
・MayaのnHairで、泳ぐクラゲとその触手を作成する

【対応バージョン】
Autodesk Maya 2012 以降

【ユーザレベル】
Maya 中級者~

※本書は『Maya Visual Effects The Innovator’s Guide Second Edition』の日本語版です。

【目次】
Chapter 1 テクスチャエフェクト
Chapter 2 パーティクルエフェクト
Chapter 3 ジョイントリグで作成するエフェクト
Chapter 4 創造的なブレンドシェイプテクニック
Chapter 5 ペイントエフェクト
Chapter 6 nClothテクニック
Chapter 7 流体エフェクト
Chapter 8 nHairとファー

【著者】
Eric Keller(エリック・ケラー)は、1998年からビジュアルエフェクトアーティストとして、長編映画、コマーシャル、モーショングラフィックス、サイエンティフィックビジュアライゼーションの分野でアニメーションを制作してきました。これまでに、ディズニー、ワーナー・ブラザーズ、ESPN 、Harvard Medical School(ハーバード大学医学部)、Howard Hughes Medical Institute(ハワード・ヒューズ医療研究所)、CBSなど多数のクライアントへ向けたアニメーションとエフェクトを制作しています。また、世界的に有名なGnomon School of Visual Eff ectsで教鞭をとっています。著書には『Mastering Autodesk Maya 2009』、『Maya Visual Effects;The Innovator’s Guide』(初版)、『ZBrushマスター』などがあります。

Mayaビジュアルエフェクト -Maya Visual Effects The Innovator’s Guide Second Edition 日本語版-
Mayaビジュアルエフェクト Maya Visual Effects 日本語版 | ボーンデジタル


原本紹介

原本であるMaya Visual Effects The Innovator’s Guide: Autodesk Official Press
はこちらからお求めになれます。
Kindle版もありますよ

関連記事

  1. アトリエのドローイング 古典に学ぶリアリズム絵画の基本技法
  2. CGWORLD 2015年6月号 vol.202

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.12.12ZBrush+3ds Max キャラクターメイキング - ZBrushでのハードサーフェス造形からゲーム用モデル作成までのフローを解説した「The SwordMaster in 3ds Max and ZBrush」日本語版がボーンデジタルから登場!

2013.12.12スコット・ロバートソンのHow to Draw -オブジェクトに構造を与え、実現可能なモデルとして描く方法- コンセプトスケッチを行う際に必要な基礎部分から丁重に解説した本がボーンデジタルから登場!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


採用情報 | 株式会社ヘキサドライブ | HEXADRIVE | ゲーム制作を中心としたコンテンツクリエイト会社


CharacterArpeggio~3ds Max 2017 キャラクター作成術~


Flying Ship Studio


KLab Creative Fes'17  GP賞金30万円 エントリー&当日観覧 受付中!田島氏によるコンセプトアート講座も!



スポンサー

おすすめ記事

  1. Physically Based RealTime Rendering for Artists

PR