Advanced Village Material - 100% Substan...

Emrecan Cubukcu氏による、Substance Designerで作られた”村落”のマテリアル!「Advanced Village Material」!

続きを読む

Transmutr - 様々な3DフォーマットをSketchUpデータに変換する...

様々な3DフォーマットをSketchUpファイルに変換することが出来るツール「Transmutr」の早期アクセスベータ版が近日公開されます!

続きを読む

TracXcroll - トラックボールデバイスの入力をクリエイター向け動作に置...

トラックボール機能をクリエイター用途にリプレイスメントする補助デバイス"TracXcroll" トラックスクロール!Kickstarterプロジェクトが始動しました!開発者はイラストレーターJACO氏です。

続きを読む

Procedural Hard Surface Design - 齋藤 彰氏によ...

先日開催された、「SIGGRAPH Asia 2018」のSideFX社によるプレゼンテーション “Houdini HIVE”のプログラムの1つ、株式会社ポリフォニー・デジタルの景観デザインチームリーダー 齋藤 彰氏による「Procedural Hard Surface Design」の映像が公開されておりました。

続きを読む

Quixel サブスクリプションプランの変更!ポイント失効無し!旧ホビープランは...

膨大なMegascansスキャンライブラリやマテリアル作成ツールでお馴染み「Quixel」が、サブスクリプションプランの内容変更を発表しました!

続きを読む

しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本 - デジタル原型師 3DCGモデラー"まーてい"氏によるZBrush本!遂に出るぞ!

Substance Painter入門」でもお馴染みデジタル原型師/3DCGモデラー”まーてい”氏による書籍第二弾!「しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本」が2018年10月20日に発売されます!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


まーていさんの本だし、間違いないでしょ~(^O^)。ちなみにキャラクターデザインはラリアット氏だそうです。

しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本
しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本

  • 単行本(ソフトカバー): 464ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2018/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4297100118
  • ISBN-13: 978-4297100117
  • 発売日: 2018/10/20

内容紹介

ZBrushの基本からモデリング実践まで!
ZBrushによるモデリングを解説した、初めての人にも安心の解説書です。

本の前半では、ZBrushの各種機能の使い方を丁寧に解説します。
後半では、題材としてフィギュア原型作りを取り上げ、ZBrushを使って実際にモデリングしていきます。
各機能を実際にどう使うのかはもちろん、モデリングのポイントや注意点などまで説明していますので、基本がしっかりと身に付きます。

最新のZBrush 2018に対応し、ZBrush 4R8および2018の新機能についても解説します。

出版社からのコメント

ZBrushによるモデリングを解説した、初めての人にも安心の解説書です。
本の前半では、ZBrushの各種機能の使い方を丁寧に解説します。
後半では、題材としてフィギュア原型作りを取り上げ、ZBrushを使って実際にモデリングしていきます。
最新のZBrush 2018に対応します。

目次
  • 第1章 ZBrushの基礎知識
    • ZBrushの成り立ちと特徴
    • 3Dデータの基礎
    • ZBrushの作業空間
    • 2.5Dモードと3Dモード
    • 分野別ワークフロー
  • 第2章 ZBrushの基本操作
    • ZBrushの起動
    • ZPRファイルとZTLファイル
    • 基本的なUI
    • キャンバス上での操作
    • UIのカスタマイズ
  • 第3章 ブラシとマテリアル
    • 基本的なブラシの使い方,ブラシの種類
    • マテリアル
  • 第4章 サブツール・ポリグループ・ポリペイント
    • サブツール
    • ポリグループ
    • ポリペイント
  • 第5章 アクションラインとGizm
    • Transposeとアクションライン
    • Gizmo 3D
  • 第6章 メッシュ作成とリトポロジー
    • マルチレゾリューションメッシュエディティングとカトマルクラーク法
    • ZSphere
    • DynaMesh
    • DynaMeshブーリアンとLive Boolean
    • ZRemesher
  • 第7章 作成するキャラクターと作業工程について
    • デザインまでの工程とキャラクターについて
    • 作例モデル作業工程の見立て
    • 第8章 ZSphereとDynaMeshを使った素体の雛形作成
    • ZSphereを使った素体の雛形作成
    • DynaMeshを使った素体の整形
  • 第9章 素体のさらなる作り込み
    • 顔のベースの作成
    • ZSphereを使った髪の作成
    • 素体の作り込み
    • ProjectAll
  • 第10章 武器・ポーチ・ベルト・靴の作成
    • ZModelerブラシの使い方
    • Dynamic Subdivision
    • 武器の作成
    • 鞘・ポーチの作成
    • ベルトの作成
    • 靴の作成
  • 第11章 素体の仕上げ~パーツの配置
    • 素体の仕上げ
    • ZRemesherによる素体のリトポ
    • Transpose・アクションラインの使い方[応用編]
    • ポージング
    • ポーズを付けたことによるねじれ等の解消
    • 顔のポリペイント
    • パーツの配置
  • 第12章 服の作成
    • Extractの使い方
    • Extractを使った服のベースメッシュ作成
  • 第13章 仕上げ
    • スカーフの作成
    • 全体の作り込み
  • 第14章 ZBrush 4R8の新機能
    • Text3D & Vector Shapes
    • マルチアルファとベクターディスプレイスメントメッシュ
  • 第15章 ZBrush 2018の新機能
    • Sculptris Proモード
    • Tessimate
    • PolyGroupIt
    • 新しいデフォーマ
    • カーブモードの新機能
    • 2018での細かな変更点
内容サンプル

しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本:書籍案内|技術評論社

お求めはこちらから

しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本

参考リンク

まーてい (@ak8gwc)さん | Twitter
ラリアット(@rariatoo)さん | Twitter

関連記事

  1. vol.3 - 萌えるCG読本

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.10.06Atomontage Volumetric Tech Reel April 2018 - ボクセルグラフィックス技術はここまで進化している!Atomontageによるエンジンのテックリール

2018.10.093DMark Night Raid - 低スペックPC向けDirectX 12ベンチマークがリリース!Windowsタブレット、モバイルPC、ARM版等に対応!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

Categories

おすすめ商品Pickup

アーカイブ

注目の記事

  1. "VEv" Shortfilm
  2. PureRef Screen

スポンサー