NitroPoly V1.1 - モデリング支援Maya用無料スクリプト!早速ア...

つい前回紹介したばかりのMaya用無料スクリプト「NitroPoly」がアップデートしておりました。作者ご本人から記事へ情報提供コメントを頂きました^^ありがとうございます!

続きを読む

NitroPoly - モデリング作業効率をアップさせるツール群!無料Mayaス...

3ds Maxのグラファイト モデリング ツール的な機能をMayaで実現した無料スクリプト「NitroPoly 」がGumroad上で公開!

続きを読む

VRM - ドワンゴがVR向けの3Dアバター特化型ファイルフォーマットを公開!オ...

PBRにも対応した3Dアセット・フォーマット「glTF2.0」をベースに開発された、VRアプリケーション向けの人型3Dアバターファイルフォーマット「VRM」をドワンゴが公開!オープンソース!

続きを読む

Kanova on Steam - The Foundryが開発!VRにも対応し...

Kanova - The Foundryが開発!VRにも対応した3Dスカルプトソフトウェア!無料の早期アクセス版がSteamで公開!

続きを読む

Material-Z - PBR対応マテリアルエディタ!ブラウザ版もあるよ!

BrainDistrictによるPBR対応マテリアルエディタ「Material-Z」が登場!ネイティブデスクトップ版とブラウザ版があるよ!

続きを読む

Blender PBR viewport Branch v0.4 - Blenderビューポート上リアルタイムPBRを可能にした独自ビルドバージョン!Cyclesレンダラーとの比較映像も注目!

Blenderビューポート上でリアルタイムPBR(Physically based rendering)を可能にした独自ビルドバージョン!「Blender PBR viewport Branch v0.4」が公開されております。
※2016/06/07 – “アドオン”という記載をしておりましたが、正しくは”独自ビルドを行った別バージョン”との事でした。記事全体を修正してます。ご指摘いただいた方々、ありがとうございました。


PR

Media & Entertainment Collection and Arnold キャンペーン | AREA JAPAN | Autodesk


Blender PBR viewport Branch v0.4

PBR viewport Branch V0.4 – 06/06/2016

  • Oren-nayar Diffuse (Env lighting)
  • Velvet Shader (Env lighting + Point lights)
  • Toon Shader (Env lighting + Point lights)
  • Ashikhmin & Beckmann distributions for isotropic and anisotropic
  • Closest Filtering for Texture node
  • Material layer overide but only for material. So you can preview one material on every
  • objects without assigning it to each object.
  • Linearly Transformed Cosines to shade Area lights with the Glossy GGX (other
  • distributions use the same LUT)
  • Material AO to apply occlusion during the shading stage an not at the post process stage.
  • Algorithm is slow but correct (matches cycles)
  • Screen Space Reflections for Sharp Glossy shader. Algorithm is from Morgan McGuire
  • blog and the step is always 1px so reflections can’t go far.
  • Backface buffer to improve screen space effects.
  • Bias parameter to control the accuracy of the Environment Sampling.
  • Performance : Use a jitter texture + a sample texture to generate sampling random vectors instead of computing everything inside the shader. (this takes 2 texture slots though)
  • Performance : Lights shadowing (and lamp nodetree) are evaluated only once per Material.
  • Codebase Change : major thing I did is not using the common uniform interface for passing uniforms related to the sampling and PBR. I also splited the glsl files into more managable ones.

cycles renderとの比較も遜色無い感じですね。
旧バージョンのプレビュー&解説動画も貼り付けておきます。

Blender Realtime PBR Experimental Build Overview

Blender PBR viewport Branch v0.35

Blender PBR viewport Branch v0.2

関連リンク


PR

Training-Camp Unreal Engine 4 専門スクール


関連記事

  1. Crytek's Renderdoc
  2. Houdini ENGINE
  3. Inverse Volume Rendering with Material Dictionaries

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2016.06.04First Person Mobile Strike - 戦略MMORPG「モバイルストライク」を主観視点で見るとこうなる!pipocaVFXの新作映像作品!

2016.06.08CGWORLD 2016年7月号 vol.215 - 「撮影に学ぶライティングテクニック」&「フォトリアル&ノンフォトゲーム最前線」2016年6月10日発売!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

プラチナゲームズ採用ページ

Flying Ship Studio


デザイナー採用特設 | 株式会社トイロジック公式サイト

KLab Creative Fes’18 君の作ってるそれ、案外凄いかも。 | KLab Creative Fes’18(KCF18)

スポンサー

おすすめ記事

  1. IBLBaker
  2. Expresii Lite Preview Available
  3. Physically Based RealTime Rendering for Artists

PR