OVERHIT 2018 Animation Demo reel - Yu Ho...

CGアニメーターYu Ho joong氏による「‘OVERHIT’ 2018 Animation Demo reel」と「‘OVERHIT’ 2018 Cinema Animation Demo reel」

続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

アニマル・モデリング 動物造形解剖学 - 次は動物で学ぶ!片桐裕司氏による新書籍が登場!

片桐裕司氏による新書籍「アニマル・モデリング 動物造形解剖学」が今月末、発売されます!注目ですぞ!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


アニマル・モデリング 動物造形解剖学
アニマル・モデリング 動物造形解剖学 

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 玄光社
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 476830852X
  • ISBN-13: 978-4768308523
  • 発売日: 2017/5/22

内容紹介

デジタル、アナログすべての造形の基礎となる、「動物スカルプトの基礎」。

『アナトミー・スカルプティング』の著者でハリウッド造形界のトップ、
片桐裕司の立体作品+造形レクチャー! !

ライオン、ゾウ、ゴリラ、チンパンジー、馬、犬、ドラゴン…
皮膚にあらわれる骨格の凹凸、動きによって形を変える肢体の筋、光と影による筋肉の隆起のとらえかた。
重心と動きのあるポーズ、毛並みの立体的な造形と流れ、うろこが本物に見える彫刻方法とは………

造形家の視点から詳細にレクチャーする、動物造形解剖の決定版!

「この本は、僕の造形本コレクションのなかの、宝物だ」
いま、我々アーティストは、次々と出版される膨大なレクチャー本の選択肢に恵まれています。
私も個人的に造形や彫刻のハウツー本をコレクションしていますが、
片桐裕司氏のように才能のあるアーティストが、その仕事の経験を基に書いたレクチャー本に
巡り会ったときにはひときわ嬉しい。
彼の最初の本はソウルの本屋で見つけました。そして最近、彼から2冊目の本、
動物の造形の本が出る話を聞いた時は飛び上りました。制作プロセスの美しい写真、
惹きこまれる解説、片桐氏の情熱と知識を注ぎ込んだこの本を、
僕の造形本コレクションに加えることに喜びを感じます。
リチャード・テイラー(WETAワークショップ社長)

目次情報

  • INTRODUCTION はじめに
  • ANIMAL SCULPTURES 動物造形作品
  • FILM WORKS 映像に使われた作品
  • DEMONSTRATION WORKS デモンストレーション作品
  • TOOLS AND MATERIALS 道具と材料
  • CHAPTER 1 SKELETON OF PRIMATE 霊長類の骨格
    骨格の比率の違い/頭蓋骨の違い
  • CHAPTER 2 CHIMPANZEE チンパンジー
    01 土台と骨組み/02 荒盛り/03 頭部を作る/04 腕を作る/05 手を作る/
    06 脚を作る/07 足を作る/08 ボディを作る/09 毛並みの彫刻
  • CHAPTER 3 GORILLA ゴリラ
  • CHAPTER 4 ELEPHANT アフリカゾウ
  • CHAPTER 5 HORSE 馬
  • CHAPTER 6 LION ライオン
  • CHAPTER 7 DRAGON ドラゴン
  • CHAPTER 8 DOGS 犬
  • Afterword あとがき

著者について

片桐裕司(かたぎり・ひろし)
東京生まれ。ハリウッドの映画、テレビのキャラクターデザイナー、彫刻家。
スティーブン・スピルバーグやギレルモ・デル・トロ、サム・ライミなどの
著名監督の映画作品に多数参加。
主な代表作は『パシフィック・リム』『マン・オブ・スティール』『バトルシップ』
『エルム街の悪夢』『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』『ハンガー・ゲーム』など。
近年、日本において若手アーティストを育成するための彫刻セミナーを各地で開催。
造形家のみならずCGアーティストを始め様々な分野のクリエイターに影響を与え、
1000 人を超える参加者が片桐氏に造形を学ぶ。
また氏の著書である『アナトミー・スカルプティング ー片桐裕司 造形テクニックー』は
美術書としては異例のベストセラーとなっている。
長編監督デビュー作『GEHENNA ~死の生ける場所~』がニューヨークの
The New York Science Fiction Film Festivalの作品賞を受賞するなど、
その才能は国内外で高く評価されている。
2017年現在、片桐氏の第2作品目の監督長編昨品の制作が決定した。

内容サンプル

お求めはこちらから

アニマル・モデリング 動物造形解剖学

関連リンク

ANATOMY SCULPTING(アナトミー・スカルプティング) 片桐裕司 造形テクニック

関連記事

  1. Mayaキャラクターアニメーション How to Cheat in Maya 日本語版
  2. Battle Milkビジュアルストーリー vol. 3 9つのストーリーとコンセプト、メイキング
  3. MAYA PYTHON for Games and Film

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2017.05.15MoCapture v.1.0 - マーカー不要!動画ベースの3ds Max用モーションキャプチャプラグイン!

2017.05.16BPainter 1.0 - Blender用の3Dテクスチャペイントアドオンがリリース!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup