Local Volumetric Fog - UE4でローカルボリューメトリック...

ツイッターでもちょっと紹介してました、このローカルボリューメトリックフォグ、動画を上げたMarvel Master氏がチュートリアル動画第1回目を公開しました!(合計3回)

続きを読む

Texture Haven - CC0で高品質なPBRテクスチャを無料ダウンロー...

CGアーティストRob Tuytel氏がテクスチャダウンロードサイト「Texture Haven」を公開しました!高品質のスキャンされたPBRテクスチャはすべてCC0 (パブリックドメイン)で無料ダウンロード可能!

続きを読む

「Toolbag 3」が30%オフ「Hexels 3」が50%オフ!Marmos...

買うなら今!Marmosetのソフトウェアが2018年6月21日から7月5日の間サマーセール中!

続きを読む

SIWeightEditor - SI難民に再び朗報!Softimageの素晴ら...

以前SiSideBarでも話題となった、テクニカルアーティストys(ShikouYamaue)氏によるSoftimageのスキンウェイト編集ツールをリスペクトして作成したMaya用ウェイトエディタ「SIWeightEditor」がGitHub上に公開!

続きを読む

CRT Filter - レトロ感あふれるCRTスクリーン表現が可能なSubst...

テクニカルデザイナーCem Tezcan氏によるCRTスクリーンな風レトロ感を出すためのSubstanceファイル「CRT Filter」が無料公開!!

続きを読む

dDo Material Manager v2 - フォトショ用テクスチャ作成プラグインdDoとMayaとの連携を強化させるプラグイン!

dDo Material Manager v2
dDo Material Manager v2

dDo Material Manager v2

CGアーティストDennis Porter氏作成
Photoshopで次世代のテクスチャリングフローを実現するdDoとMayaとの連携を強化するプラグイン
dDo Material Manager v2


PR

オートデスク公式ストアセール


マルチマップ用の素材作成に労力をかけるのは時代遅れ、
こういったツールで作業を効率良くすすめましょう!

対応Mayaバージョン 2012 2013
ダウンロードはこちらから

今までお馴染みのSpecularマップは、Diffuseマップをベースに加工して作る様なフローが主流でしたが、
物理ベースのシェーダーに用いられるラフネスマップ、
そしてメタリック(UE4)、スペキュラリフレクタンス(CE3)サブスタンス(TGA物理シェーダー)マップ等のテクスチャは、
素材を再現する値が定められているので、グレースケールの値が非常に需要になってきます。
こういったプラグインを使って正しく素材の管理、マップの生成を行うことは今後必須になっていく事でしょう。
今の所こういったフローに最適なツールはdDoとSubstanceDesignerぐらいかな?

Dennis Porter氏のサイト

http://www.dennisporter3d.com/

Quixel | dDo

http://quixel.se/ddo/

関連記事

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.09.11Mayaリギング -正しいキャラクターリグの作り方- Mayaのリギング解説書「Rig it Right!」の日本語版が登場!

2013.09.11Substance Designer 3.7 リリース! - 新しい頂点カラーベイキング機能を搭載!テクスチャ作成はPhotoshopじゃなくても良いんだよ!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

カプコン 採用イベント

Flying Ship Studio


デザイナー採用特設 | 株式会社トイロジック公式サイト

KLab Creative Fes’18 君の作ってるそれ、案外凄いかも。 | KLab Creative Fes’18(KCF18)

スポンサー

おすすめ記事

  1. 3D Test Models
  2. Physically Based RealTime Rendering for Artists
  3. IBLBaker

PR