理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編- 佐久間 修一氏著書!Sid...

『Houdini -SOP&VEX編-(仮)』として情報公開されていた佐久間 修一氏によるSideFX 公認の「Houdini」教科書!正式名称と表紙・内容情報が公開されました。「理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-」

続きを読む

Houdini実践ハンドブックWrangle×Python - サークル『魔法の...

コミティア120等でサークル『魔法の蒸留水』より頒布されたHoudini本「Houdini実践ハンドブックWrangle×Python v2」のKindle版がリリース!されております。その他「とらのあな」のWebサイトからは実本もお求め可能です。

続きを読む

New Surface Pro 発表! - お絵かきに最適?!4,096段階筆圧...

Microsoftが新型Surface Pro「New Surface Pro」を発表!本体スペックとペンが大幅パワーアップ!そしてバッテリー長持ち

続きを読む

Car Design Academy 動画添削サンプル - カーデザインを学べる...

カーデザインを学べるオンラインスクール「Car Design Academy」の動画添削のダイジェスト版が公開。

続きを読む

ibisPaint Auto Paint - モバイル向けお絵かきAPP「アイビ...

線画大好き色塗り嫌いマンに朗報!絵かきSNSアプリ「アイビスペイント」が、ディープラーニングを利用した線画から自動的に色を塗る機能を追加しリリース!

続きを読む

Select Hard Edge Softimage - 選択しているポリメッシュからハードエッジ(青いエッジ)選択 Softimageスクリプトメモ 

Select Hard Edge Softimage

記事ではないです、個人的なメモです。


PR
クリーク大阪採用

※2013/04/25 追記
myaraさん直々にコメントを頂きました。

標準機能で出来きる様です。・・・完全な知識不足でした。お恥ずかしい。
この記事は私の黒歴史として残しておきます。
見に来た方はそっと閉じて頂けると助かります(汗)

私はモデリング時、SIのハードエッジ機能(エッジが青くなるやつ)を色々活用してます。
ハードエッジを元にUV境界指定としてアンラップ、
ハードエッジを元にベベル→ハイモデル作成、という感じで。

デフォルト機能でこのハードエッジ化を行うと、エッジクラスターがゴミのように溜まっていくんですよね。そんな悩みを解決するのが、myaraさんのmHard Edge Marker
かなり活用させて頂いてます。ありがとうございます。
ただ、mHard Edge Markerには、エッジの角度を元に選択する様な機能があっても、ハードエッジ化した部分を選択する機能がありませんので、上記フローを行うさいにちょっとだけ非効率になっちゃいます。
という事で簡単なスクリプトを・・

Softimageスクリプト Select Hard Edge
選択しているポリメッシュからハードエッジ(青エッジ)選択

Select Hard Edge Softimage

Select Hard Edge Softimage

動作確認済みバージョン:Softimage 2012 (ICEに対応したSIなら多分いけるかと
言語:VBScript

'---------Select Hard Edge
'---------ymt3d
'---------http://3dnchu.com/
'---------2013/04/25
set oObj = selection(0)
'-------------------------------Main
set oICEatt = oObj.Activeprimitive.geometry.ICEAttributes
aHEdge = Array()
for each oAtt in oICEatt
if oAtt.name = "EdgeIsHard" then
i = 0
oParam = oAtt.DataArray
for each o in oParam
if o = 0 then
Push aHEdge,i'配列に押し込む
end if
i = i + 1
next
end if
next
if UBound(aHEdge) >= 0 then
aHedgeID = Join(aHEdge, ",") 
SelectGeometryComponents oObj&".edge["& aHedgeID &"]"
end if
'-------------------------------配列に押しこむ処理
Sub Push(Items, Item)
ReDim Preserve Items(UBound(Items) + 1)
Items(UBound(Items)) = Item
End Sub
'-------------------------------End

 ICE用のパラメーターを取得して使用しています。
他に良い方法や、デフォルトの機能で出来るよ!とかいう重要な情報もありましたら教えてください・・
myaraさん!mHard Edge Markerに是非この機能を・・・

 

関連記事

  1. 2013年まとめ
  2. ごめんなさい
  3. 3dnchu_testlogo

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.04.25Bullets included - Peter Aversten氏によるガトリングガンドロイドの実写合成ショートクリップと、Mariのテクスチャリングチュートリアル映像

2013.04.25Pixar Animation Studios The OpenSubdiv Project - ピクサーのオープンソースサブディビジョンサーフェス技術!40分にも及ぶ解説映像

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


採用情報 | 株式会社ヘキサドライブ | HEXADRIVE | ゲーム制作を中心としたコンテンツクリエイト会社


CharacterArpeggio~3ds Max 2017 キャラクター作成術~


Flying Ship Studio


KLab Creative Fes'17  GP賞金30万円 エントリー&当日観覧 受付中!田島氏によるコンセプトアート講座も!



スポンサー

おすすめ記事

  1. SpriteUV
  2. Mischief Gallery mermaid
  3. GameTextures.com
  4. IBLBaker

PR