OVERHIT 2018 Animation Demo reel - Yu Ho...

CGアニメーターYu Ho joong氏による「‘OVERHIT’ 2018 Animation Demo reel」と「‘OVERHIT’ 2018 Cinema Animation Demo reel」

続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

ShaderMap 4 - 写真やモデルから各種テクスチャを生成&焼きこみ出来るツール!非商用向け無料版もあるよ!

写真やモデルから各種テクスチャを生成&焼きこみ出来るツール!「ShaderMap 」のバージョン4が8月ごろにリリースされていたみたい。しかも今回から非商用向け無料版ライセンスも登場!!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


ShaderMap 4 Features
  • 高速なマップ生成
    ソースタイプを選択してソースファイルをロードする – ShaderMapは、ソースから共通マップを生成するプロジェクトを作成します。 それは簡単です。
  • 3Dからマップを焼く
    3Dモデルをプロジェクトグリッドにロードし、モデルジオメトリからノーマルマップ、AO、カーブ、カラーID、および深さをレンダリングします。
  • LUAによるスクリプト作成
    任意のプロジェクトのLUAスクリプトをエクスポートします。 複数のソースファイルのバッチスクリプトを制御し、レンダリングをマップし、LUAを使用してファイルにエクスポートします。
  • プラグインSDK
    Visual C ++を使用してプラグインを開発し、新しいマップ、フィルタ、およびジオメトリインポータを追加します。 ビジュアライザーの素材は、HLSL / XMLで構築されています。
  • 16ビットイメージ ・高速浮動小数点ピクセル
    ShaderMapは、すべての画像、マップレンダリングに16ビットの浮動小数点ピクセルを使用して、ワークフロー全体でメモリを節約しながら正確な詳細と速度を保証します。
  • モデルセットアップ
    プロジェクションケージのプッシュとスケーリング、マテリアルIDの定義、三角形の色付けのためのツールとインタフェースが含まれています。
  • ノーマルマップエディタ
    SM4レイヤーシステムへの法線と移動をペイントします。 ツールを変形、スケーリング、ペイント、および使用して法線ベクトルを修正します。
  • ヘルプシステムが組み込まれています
    F1キーを押しながら任意のコントロールをクリックするだけで、ヘルプウィンドウを開くことで、ShaderMapをすばやく使用する方法を学ぶことができます。
  • 新しい3D形式
    3Dモデルを読み込むときに3DSとDAE(Collada)のサポートが追加されました。
  • カラーツール
    モデルセットアップカラーツールは、三角形またはサブセットをペイントするために使用されます。 この情報は、カラーIDマップなどのマッププラグインに渡すことができます。
  • カラーIDマップ
    新しいマップは3Dモデルのカラーをレンダリングし、ペイントアプリケーション用のカラーIDマップを生成します。
  • ノーマルマッププラグイン
    ディスプレースメントからのノーマルマップのバージョン2が追加されました。 これは、低、中、高ディテールの法線角度のコントロールを追加します。
  • チルトベクトル変換
    ノーマルエディタで任意のレイヤーを回転させるには、トランスフォームツールでレイヤーを選択し、トランスフォームパネルのインターフェイスを使用します。
  • データパネル
    マッププレビューには、選択したマップに関する情報を表示する右パネルが追加されました。 ヒストグラムは標準マップで表示され、通常のレーダーは法線マップで表示されます。
  • 新しいプロジェクト形式
    プロジェクトファイルの隣に保存された別のデータフォルダを優先して単一の圧縮ファイル形式を削除しました。 個々のデータファイル(ロックされたマップ、モデルなど)は圧縮され、フォルダに保存されます。
  • マップチャンネルを切り替える
    マッププレビューの新しいコントロールでは、個々のマップチャンネルを切り替えることができます。
  • 新しいアクティベーション方法
    ShaderMapのProおよびUniversityバージョンは、ライセンスキーファイルをダブルクリックすることでアクティブになりました。
  • テーマの更新
    新しいフォントを使用してドロップシェーディングを削除し、インターフェースグラフィックを更新しました。
  • ローカライゼーション
    ShaderMapのすべてのテキストは、簡単な翻訳のために外部テキストファイルに保存されるようになりました。
  • 言語を選択する
    [オプションと設定]画面で言語を選択するオプションが追加されました。 現在は英語のみサポートしています。
  • 最適化タイル作成
    タイルマップをレンダリングするときの速度の向上とメモリ使用量の削減。
  • 自動レンダリングを無効にする
    任意のマップノードを右クリックすると自動レンダーが無効になり、レンダリングを開始および停止する追加のコントロールが表示されます。
  • フィルタの移動
    各マップのフィルタスタックは、マッププロパティを持つ別のタブに配置されました。
  • モデル設定履歴
    三角形とサブセットの選択が履歴に保存されるようになりました。
  • モデルセットアップツール
    ツーリング量とカメラストローク/回転にダンパースカラー値を適用しました。 これにより、3Dモデルの近くでズームしたときのツーリング精度が向上します。
  • ノーマルがない状態
    モデルが法線なしで読み込まれると、モデルはすぐに自動生成されます。
  • レガシープラグイン
    [ノードの追加]ダイアログにレガシープラグインを表示するオプションが追加されました。
  • アニメーションレンダリングの進行状況
    レンダリングプログレスバーが前に止まっていたような場合は、アニメーションを継続します。
  • モデルノードのインポートでマテリアルIDをインポートします。
  • モデルノードのインポートによる色素材IDの自動設定
  • Auto Cage
    モデルに合わせた単純なケージジオメトリを生成するための機能
  • LUAスクリプトAPI
    プロジェクトをスクリプト/バッチスクリプトにエクスポートします。 メインインターフェイスからスクリプトを実行します。

ShaderMap 4 Auto Cage Feature

オートケージ便利そうですね。
ケージの制御をツール側でカバーするのが主流になってきました。

Color ID Maps with ShaderMap 4

主流のカラーIDマップのベイクもOK!

ShaderMap 4 Pro License は49ドル!
まずは無料版で、ぜひお試しあれ!
と思いましたが、Pro版とノンコマーシャル(Free)版とでは機能に違いがあるみたいですね…

関連リンク

ShaderMap – Normal Map Generator – Create Rendering Maps from Textures and 3D Models

https://shadermap.com/home/

関連記事

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2017.10.12Unreal Fest East 2017 Presentation - UE4勉強会イベント「アンリアルフェス2017横浜」の講演映像が公開!

2017.10.16Strata Sculpt 3D - 「SculptGL」をベースに開発!ブラウザ上で軽快に動作する多機能3Dスカルプトソフト!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup