Advanced Village Material - 100% Substan...

Emrecan Cubukcu氏による、Substance Designerで作られた”村落”のマテリアル!「Advanced Village Material」!

続きを読む

Transmutr - 様々な3DフォーマットをSketchUpデータに変換する...

様々な3DフォーマットをSketchUpファイルに変換することが出来るツール「Transmutr」の早期アクセスベータ版が近日公開されます!

続きを読む

TracXcroll - トラックボールデバイスの入力をクリエイター向け動作に置...

トラックボール機能をクリエイター用途にリプレイスメントする補助デバイス"TracXcroll" トラックスクロール!Kickstarterプロジェクトが始動しました!開発者はイラストレーターJACO氏です。

続きを読む

Procedural Hard Surface Design - 齋藤 彰氏によ...

先日開催された、「SIGGRAPH Asia 2018」のSideFX社によるプレゼンテーション “Houdini HIVE”のプログラムの1つ、株式会社ポリフォニー・デジタルの景観デザインチームリーダー 齋藤 彰氏による「Procedural Hard Surface Design」の映像が公開されておりました。

続きを読む

Quixel サブスクリプションプランの変更!ポイント失効無し!旧ホビープランは...

膨大なMegascansスキャンライブラリやマテリアル作成ツールでお馴染み「Quixel」が、サブスクリプションプランの内容変更を発表しました!

続きを読む

TopoLogiK - 3ds Max用の多機能リトポロジーツール!

3ds Max用の多機能リトポロジーツール「TopoLogiK」


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


特徴

これらのツールはすべて、参照メッシュ上の連続投影で機能します。

  • ストライプ 
    • ペイントストライプ。
    • ベジェの結び目を動かす。
    • ベジェを変更するノットは曲線を維持しながらカウントします。
    • ストライプサブディビジョンを変更してください。
    • テーパーエンド。
    • 他の端にはスナップします。
    • 幅の自動調整。
    • カスタムエッジリングをストライプのように編集します。
    • ブラシ半径。
  • 表面
    • ペイントサーフェス。
    • ベジェの結び目を動かす。
    • ベジェを変更するノットはカーブを維持しながらカウントされます。
    • サーフェスの幅と高さのサブディビジョンを変更します。
    • サーフェスの後にサーフェスを続けます。
    • エッジ選択を拡張できます。
    • ブラシ半径。
  • フェイスを作る
    • 何も、エッジ、頂点またはコーナーから新しいフェイスを作成します。
    • 最も近い頂点またはエッジに自動的にスナップ/溶接します。
    • エッジループを選択して拡張します。
    • 頂点を移動します。
    • フェイスを削除します。
  • ブランチ
    • ブランチをペイントします。
    • エンドポイントを移動する。
    • 幅と高さのサブディビジョンを変更します。
    • ツイストと回転。
    • 分岐後に分岐を続行します。
    • 開いているブランチを拡張する。
  • ブリッジ
    • 開始エッジループと終了エッジループを選択します。
    • ブリッジサブディビジョンを変更する。
  • キャップ
    • キャップホール。
    • キャップメッシュを回転させて、完全な向きを見つけます。
    • 可能なすべてのケースでCapサブディビジョンを変更します。
  • リラックス
    • リラックスブラシ。
    • 半径と強さの変更
  • 移動
    • 最も近いサブ要素(面、エッジまたは頂点)を自動的に探します。
    • 最も近い頂点に自動的にスナップします。
    • 選択範囲に追加して削除します。
    • 選択範囲を移動します。
    • 選択範囲を削除するか、またはペイント削除(フェース、エッジまたは頂点)を選択します。
    • エッジループを選択します。
    • エッジに沿ってスナップします。
  • フリーズツール(変更から顔を保護する)
    • ブラシをフリーズする。
    • フリーズ&アンフリーズ
    • すべてフリーズ&アンフリーズ
    • 顔の選択をフリーズ&アンフリーズする。
  • スプリット
    • 最も近いエッジリングの自動検出
    • 新しいエッジループを最も近いエッジに沿ってスライドさせます。
    • カスタムの開始エッジから終了エッジまで分割します。
  • カット
    • 頂点にスナップします。
    • 端に沿ってスナップ。
    • 選択したエッジを削除します。
  • 不透明度コントロール。
  • 投射距離。
  • ライブプロジェクト(編集可能なポリまたはメッシュを使用してプロジェクトする)。
  • 動的なショートカット通知。

だいたいのことは出来そうですね。素敵。

価格は36ユーロ (約4,700円くらい)しかし3ds Max用かぁ…
どうも私の周りにはMax使いが少ない… アニメ系だと多いと思うんですが。

3ds Maxバージョン は2013~2019と幅広くカバーしてます。
気になる方はぜひチェックしてみてください!

参考リンク

TopoLogiK – KINEMATIC LAB

関連記事

  1. Substance Maya Toolset 0.6

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.10.10Blender Advanced Grease Pencil Tutorial - 3Dスケッチというのはこういう事。Blenderグリースペンシル×Photoshopチュートリアル!Gumroadにて販売中!

2018.10.113dEx Making Videos - MAYA/ZBrush/Substance Painter&Designerでのスタイライズ系アセット製作タイムラプスを大量放出しているYoutubeチャンネル!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

Categories

おすすめ商品Pickup

アーカイブ

注目の記事

  1. "VEv" Shortfilm
  2. PureRef Screen

スポンサー