NVIDIA RTX Cinematic Real-Time Ray Traci...

レイ トレーシングGPU Quadro RTXの発表に合わせ公開された「NVIDIA」のリアルタイムレイトレーシング技術「RTX」の新テックデモ映像!

続きを読む

PocketStudio - リアルタイムに共同編集可能な3Dアニメーションシー...

SIGGRAPH 2018 Rial-Time Live!にて、リアルタイムに共同編集可能な3Dアニメーションシーケンス制作ツール「PocketStudio」がお披露目されました。

続きを読む

Allegorithmic Substance day at SIGGRAPH ...

AllegorithmicがSiggraphに合わせて「Substance day at SIGGRAPH」を公開。キーノートと新ソフト「Project Alchemist」のデモ映像

続きを読む

Metamolds: computational design of silic...

元の製品の造形を元に最適な分割可能なシリコン型を作るための"型"を作る技術「Metamolds: computational design of silicone molds」これは…色々捗りそうですね。

続きを読む

Unity Kinematica - Unityに搭載される新アニメーションシス...

Unityの機械学習を用いた新しいアニメーションシステム「Kinematica」が6月ごろ発表され話題になってましたが、Unity LabsのMichael Buttner氏が新たな動画「High Quality Real-Time Motion Synthesis and Character Control」をSIGGRAPH 2018に合わせ公開しております。

続きを読む

月刊MdN 2014年10月号 - エフェクトアーティスト必見!「イラスト表現の物理学」特集!爆発、液体、炎、煙、魔法の描き方!

月刊MdN 2014年 10月号(特集:イラスト表現の物理学 爆発+液体+炎+煙+魔法を描く)

先日発売された、「月刊MdN 2014年 10月号」にて
「イラスト表現の物理学 」という特集が掲載されています。
爆発+液体+炎+煙+魔法をイラスト表現で描き方の解説!
これは欲しいぞ!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN



結構在庫切れになっているみたいですね。
Kindle等の電子書籍版なら入手出来そうです。

月刊MdN 2014年 10月号(特集:イラスト表現の物理学 爆発+液体+炎+煙+魔法を描く)

月刊MdN 2014年 10月号(特集:イラスト表現の物理学 爆発+液体+炎+煙+魔法を描く)
月刊MdN 2014年 10月号(特集:イラスト表現の物理学 爆発+液体+炎+煙+魔法を描く)[雑誌][Kindle版]

  • 雑誌: 144ページ
  • 出版社: エムディエヌコーポレーション; 月刊版
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00MQANVKI
  • 発売日: 2014/9/5
  • 商品パッケージの寸法: 27.4 x 20.8 x 1 cm

月刊MdN 2014年10月号

月刊MdN 2014年10月号

月刊MdN 2014年10月号

内容紹介

【巻頭特集】
イラスト表現の物理学
爆発+液体+炎+煙+魔法を描く

実写やアニメーションなどの分野で知られるビジュアル・エフェクト。
「爆発」「液体」「炎」「煙」「魔法」などの視覚効果演出のことを指します。

近年、イラストレーションもアニメの影響を大きく受けたものが
増えてきたのに従い、こういった視覚効果もイラストという
静止画の世界に転用・翻訳されるようになってきました。

この特集では、イラストレーションにおける
エフェクト表現=「爆発」「液体」「炎」「煙」「魔法」の
描き方、楽しみ方を解説・紹介していきます。

■GALLERY
イラストや漫画の一コマ、アニメなどの印象的なシーンなど
さまざまなエフェクト表現の例を紹介していきます。
エフェクト表現とはこんなにもさまざまな可能性があるのかと
驚いてもらえるはず。

「爆発」 AKIRA 残響のテロル 世界の終わりの魔法使い etc.
「水・液体」 宝石の国 ラストバージン/RADWIMPS etc.
「炎」 NARUTO キルラキル etc.
「煙・雲」 ドラゴンボール 積乱雲グラフィティ_ryo(supercell)feat.初音ミク etc.
「魔法」 新世紀エヴァンゲリオン リトルウィッチアカデミア etc.

■HOW-TO
らっパルが教える
エフェクトの描き方

いま注目のアニメーター、らっパルさんがイラストレーションを
制作する上で参考になる「爆発」「液体」「炎」「煙」「魔法」の
5ジャンルの描き方を解説。計41のカットをこの記事のために描き下ろし、
それぞれの描き方のポイントを紹介していきます。

〈らっパル〉プロフィール:
1993年新潟県生まれ。最近の仕事は、きゃりーぱみゅぱみゅ
「きらきらキラー」「もったいないらんど」のアニメパート、
「MTV ULTRA HITS」のジングルアニメなど。

■INTERVIEW
吉成 曜「バクハツの美学」
小田剛生「水のカタチを科学する」

アニメーターとして「フリクリ」「天元突破グレンラガン」などを手掛け、
「リトルウィッチアカデミア」で初監督も務めた吉成 曜さん。
「吉成爆発」とまで名付けられるほどエフェクトの名手として知られます。
小田剛生さんは、現在放映中のアニメ「スペース☆ダンディ」に原画/作画監督
として参加。2人にエフェクト表現について深く話を聞いてみました。

■MAKING
GIFアニメーションで
エフェクト表現に挑戦

SNSやWebサイトでよく目にするGIFアニメーション。短いアニメの中には、
自由なエフェクト表現を詰め込むことができます。ここではGIFアニメーションの
制作工程を、らっパルさんの作品をもとに解説してもらいました。

【連載記事】
■人と人
■PORTFOLIO
■フォントのショーケース このデザインの、あのフォント。
■DESIGNING The MOMENT ―シャッターでデザインしてみたい
■創る。
■デザイン・サイコメトリー 見えないデザイン
■クリエイターズ・エッセイ
■FRONTIERS 新しい視覚体験 ほか

この雑誌について
デジタルデザイン・DTPのパソコン情報誌

MdN – Webデザインとグラフィックの総合情報サイト – MdN Design Interactive 

Kindle

関連記事

  1. ホビット 決戦のゆくえ 設定画集 ART & DESIGN

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2014.09.07Swedish Apartment Rendering VS RealTime - パリのCGスタジオJigenによるアーキテクチャ作品!プリレンダ(Otane Render)対リアルタイム(UE4)!

2014.09.08Total Moving Face Reconstruction - 動画から人物の顔を3Dモデルとして構築する技術!ECCV 2014技術論文!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup