NitroPoly - モデリング作業効率をアップさせるツール群!無料Mayaス...

3ds Maxのグラファイト モデリング ツール的な機能をMayaで実現した無料スクリプト「NitroPoly 」がGumroad上で公開!

続きを読む

VRM - ドワンゴがVR向けの3Dアバター特化型ファイルフォーマットを公開!オ...

PBRにも対応した3Dアセット・フォーマット「glTF2.0」をベースに開発された、VRアプリケーション向けの人型3Dアバターファイルフォーマット「VRM」をドワンゴが公開!オープンソース!

続きを読む

Kanova on Steam - The Foundryが開発!VRにも対応し...

Kanova - The Foundryが開発!VRにも対応した3Dスカルプトソフトウェア!無料の早期アクセス版がSteamで公開!

続きを読む

Material-Z - PBR対応マテリアルエディタ!ブラウザ版もあるよ!

BrainDistrictによるPBR対応マテリアルエディタ「Material-Z」が登場!ネイティブデスクトップ版とブラウザ版があるよ!

続きを読む

Asshai Concept Art Timelapse process - 3...

マットペインター/コンセプトアーティストのMarco Iozzi氏による「Asshai」の制作タイムラプス映像が公開!

続きを読む

Star Wars Battlefront - Level Construction Kits - 「Star Wars バトルフロント」制作の際に使用されたレベルエディター映像!

DICE (EA Digital Illusions) のアートディレクター Andrew Hamiltonが「Star Wars バトルフロント」制作に使用されたレベルエディターの映像を公開し話題を集めております。


PR

オンラインセール | Autodesk


Andrew Hamilton – DICE – Star Wars: Battlefront – Level Construction Kits

うひょー・・
ツールも素敵ですが、使用しているマテリアルやアセットもリアルで素晴らしいですね。
ここまでのリアリティを実現するには、ロケーション撮影も重要になっているみたいです。

Andrew Hamilton – DICE – Star Wars: Battlefront – Photogrammetry on Location

Andrew Hamilton – DICE – Star Wars: Battlefront – Photogrammetry

 


PR

Training-Camp Unreal Engine 4 専門スクール


関連記事

  1. Unity SSSSS
  2. Mizuchi Museum

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2016.07.07『GANTZ:O』加藤勝キャスト解禁! - デジタル・フロンティア制作のフルCG映画「ガンツ:オー」新トレーラー!

2016.07.07SSDR4Maya - 頂点アニメからボーンを生成!技術論文「Smooth Skinning Decomposition with Rigid Bones」をMaya向けに実装したプラグイン!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

プラチナゲームズ採用ページ

Flying Ship Studio


デザイナー採用特設 | 株式会社トイロジック公式サイト

KLab Creative Fes’18 君の作ってるそれ、案外凄いかも。 | KLab Creative Fes’18(KCF18)

スポンサー

おすすめ記事

  1. Japanese School Set sbbututuya
  2. MecaBricks
  3. Physically Based RealTime Rendering for Artists

PR