OVERHIT 2018 Animation Demo reel - Yu Ho...

CGアニメーターYu Ho joong氏による「‘OVERHIT’ 2018 Animation Demo reel」と「‘OVERHIT’ 2018 Cinema Animation Demo reel」

続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

Unite Tokyo 2018 Videos - 国内最大級のUnityイベント!講演映像が一挙公開!

2018年5月7.8.9日に東京で開催された「Unite Tokyo 2018」の講演映像が一挙公開!ものすごい数です。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


流石に全部の動画を貼るのはあれなので、個人的に気になる物だけ貼り付けておきます^^(アーティスト寄り)

基調講演

Unityの今を知るならこれですね^^

ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0使いこなしスペシャル ~こだわりの活用法を紹介します!

Unityトゥーン表現の定番シェーダー解説。

トゥーンシェーダートークセッション#1『リアルタイムトゥーンシェーダー徹底トーク』

濃い内容で面白いですね

キャプチャデータはもういらない!プロシージャル・キャラクターアニメーションガイド

まだまだ課題はあれど、今後プロシージャルアニメーションはデファクトスタンダードになると思いますよ~

新機能Shader Graphを使えばプログラミング無しにシェーダーが作れるようになります!

ようやくノードベースのシェーダーエディタが標準搭載されましたねぇ。

プログレッシブライトマッパーの真価を発揮する秘訣

グローバルイルミネーション用に新しく公開された『プログレッシブライトマッパー』の情報

チームラボ × Unity ~Unityで制作するデジタルアートの世界~

複数台のプロジェクタ・PCを使ったコンテンツ制作の裏側

なんとっ!ユナイト!ミリシタをささえる『AKANE大作戦』とは?

最適化の話はちょっとメモメモ

XRで心地よい3D体験を生むための、絵画的空間構成手法とUnityへの実装

ユーザーにどう体験させるかを分析して解説。

アーティストがUnityでサクッといいビジュアルを作るテクニック講座

良いアセットとライティングとポスプロがあれば、良い感じにできますよねぇ~

SDユニティちゃんを使った人形劇風CGアニメのメイキング

映像制作の作例ですね~

カスタムシェーダーでモバイルでも最先端グラフィックスな格闘ゲームを!

スマホ版『TEKKEN™』での例。モバイル向けに最適化されたシェーダーのTIPS

パーティクル・マニアクス

最新のパーティクル機能

Unity 2D機能のアップデートとその周辺

2D機能も頑張ってるなぁ~

監督だってアーティストだ!Unityで可能になった最後の手段を何発も打つ方法

リアルタイム化の波にのっかりましょー

スクリプタブルレンダーパイプライン入門

スクリプタブルレンダーパイプラインを使って、あなたのゲームのパフォーマンス向上とグラフィクスのレベルアップを図ります。

裸眼で拡張現実!!プロジェクションマッピングとAIで世界最先端研究を丸見えに

ほほぉ・・こんな技術も。面白いですね

Timeline機能拡張:カットシーンにとどまらない新たな使い方

タイムラインって色々使えるんですね

Unity × 自動車:CADインポートと写実的なグラフィクスの実現

この手の業界でもリアルタイムコンテンツが増えてきましたね

CADデータからVRコンテンツを作るには

最適化は必須ですね

Unity BIM Importer ~BIMデータの活用事例と新しいソリューション~

建築業界でもUnity~

Unityの医療と教育への応用 ~ちょっと人を助けてみませんか?~

医療業界のCGにもリアルタイム旋風?

XFLAG スタジオにおける資産の有効活用術 ~いかにして数万アセットを管理したか?~

XFLAGさんはSHOTGUNなんだねー

「リトルチャンピオンズ」癖になるアクションゲームの開発事例

こういうゲームを作るのも楽しそうだなぁー

その他動画はUnity3D Japan の公式Youtubeチャンネルかタイムテーブルページからどうぞ
Unity3D Japan – YouTube – YouTube
Unite Tokyo 2018 講演タイムテーブル

関連リンク

Unity3D Japan – YouTube – YouTube
Unite Tokyo 2018

http://events.unity3d.jp/unitetokyo2018/index.html

関連記事

  1. 初音ミク×DELMO 大阪会場出展レポート
  2. 3DCG Meetup #04 ATND

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.05.30EasyNode for SD - カスタマイズ可能なラジアルメニューで素早くノード生成が可能! Substance Designer用ツールが登場!

2018.06.02Project M - 韓国のEVR StudioによるUE4を使ったVRプロジェクト最新映像!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

プラチナゲームズ採用ページ

Flying Ship Studio


デザイナー採用特設 | 株式会社トイロジック公式サイト



スポンサー

おすすめ記事

  1. Texture Labs
  2. Sprite Lamp Zombie Vertical Preview

PR