Wolf of Vengeance(復讐の狼) - 樋口雅一氏が手掛けた剣劇アク...

剣劇アクションショートフィルム!『Wolf of Vengeance(復讐の狼)』が一般公開!

続きを読む

スプラトゥーン2 イカすアートブック - 380ページ超えの大ボリューム!「Sp...

「Nintendo Switch」向けタイトルとしてリリースされた『スプラトゥーン2』のアートブック『スプラトゥーン2 イカすアートブック』が11月29日に発売されます!

続きを読む

The Daily Dweebs - 奇妙なペットがグリグリ動く!Blender...

Blender Animation Studioによるオープンプロジェクト!奇妙なペットの日常を描いた作品「The Daily Dweebs」が公開!

続きを読む

Overgrowth 1.0 - 9年の開発を経て正式版に!物理挙動が素敵なサン...

Wolfire Gamesが9年かけて開発したアクションゲーム「Overgrowth」がついにバージョン1としてリリースされました!

続きを読む

Substance Painter入門 - デジタル原型師まーてい氏によるサブス...

デジタル原型師 まーてい氏によるサブスタP入門本「Substance Painter入門」が発売!サブスタPのフロー以外にも、基本的なテクスチャの解説や焼きこみ周りについても触れているので、とても気になる1冊です。

続きを読む

Autodesk Maya LT 2014 リリース!インディーズゲーム開発向けに機能を絞った低価格版Maya!US$795(11万6550円)ただしスクリプトは使えません

Autodesk Maya LT 2014
オートデスクが、インディーズゲーム開発向けに機能を絞った Maya LT 2014をリリースしています。


PR


リアルタイム系アーティストは、これだけの機能さえ備わっていれば事足りそうですよね!

し・・しかし
スクリプト使えないらしいです。
カスタマイズ製・柔軟性がMayaのメリットなのに・・・(むしろそれで成り立ってる
なんなんだ・・・

唯一の利点としては、
グラフベースのリアルタイムシェーダー作成ツール
ShaderFXが搭載されている所かな(通常Mayaにはありません。

CGMeetupさん所の比較表がわかりやすいです

その他動画

ModToolが消えた理由って・・これ絡んでるよな・・

気になる価格は
Autodesk Maya LT 2014 11万6550円

サブスクリプション(保守サービス/年間)
ベーシック 1万7850円 アドバンス 4万950円

レンタルプラン
ベーシック1か月 7350円 3か月 1万8900円 12か月 5万8800円
アドバンス1か月 1万500円 3か月 2万7300円 12か月 8万1900円

無料体験版もあります!

その他詳細はこちらから。
Autodesk Area | Maya LT 2004

http://area.autodesk.com/mayalt

関連記事

  1. Xe-Engine
  2. Krita 2.9
  3. MAYA LT 2015 Now Only $30Month

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.08.28CRYENGINE Tech and Licensee Trailer - CryEngine3テクノロジートレーラー!脅威のリアルタイムクオリティを実現出来るハイエンド開発環境をチェック!

2013.08.30TornadoTwins Game Challenge - Unityを使いFPSゲームを作成するゲームアーティスト向けチャレンジが開催!多くのスポンサーと豪華賞品!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup