アニメCGの現場 2019 ーCGWORLD特別編集版ー - 日々進化するアニメ...

毎年恒例となりました、月刊誌「CGWORLD」のアニメメイキング記事総まとめ本『アニメCGの現場 2019 ーCGWORLD特別編集版ー』いよいよ発売です!!

続きを読む

Unity 2018.3 - 新エフェクトツールや地形システム、改良されたPre...

「Unity 2018.3」がリリースされましたよー。Prefabワークフローが改善されてたり、新ビジュアルエフェクトグラフ(プレビュー版)を搭載してたり、2000以上の新機能が追加されてます。

続きを読む

Advanced Village Material - 100% Substan...

Emrecan Cubukcu氏による、Substance Designerで作られた”村落”のマテリアル!「Advanced Village Material」!

続きを読む

Transmutr - 様々な3DフォーマットをSketchUpデータに変換する...

様々な3DフォーマットをSketchUpファイルに変換することが出来るツール「Transmutr」の早期アクセスベータ版が近日公開されます!

続きを読む

TracXcroll - トラックボールデバイスの入力をクリエイター向け動作に置...

トラックボール機能をクリエイター用途にリプレイスメントする補助デバイス"TracXcroll" トラックスクロール!Kickstarterプロジェクトが始動しました!開発者はイラストレーターJACO氏です。

続きを読む

NORMALIZATOR - PBR対応!写真や画像から各種テクスチャを生成する事が出来るツールがSteamに登場!

Aurora Softwareから、写真・画像から各種テクスチャを生成することが出来るツール!「NORMALIZATOR」が登場


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


NORMALIZATOR

このユーティリティは、コンピュータゲームで使用されるテクスチャを作成するように設計されています。
従来の写真や画像を、diffusemap、normalmap、specularmap、illuminationmap、heightmap、glossmap、metallmap、ambient occlusion mapに簡単に変換できます。
このユーティリティでは、別々の編集可能なチャンネルでさまざまな画像をミックスして、ゲームプロジェクトでも使用できる優れたテクスチャを得ることができます。
現時点では、マップチャネルの画像のサイズに推奨される制限があります。これは2048×2048ピクセルです。

対応OSはWindowsのみ。
価格はリーズナブルですが、はてさてどこまで使えるかな?
是非チェックしてみてください!

関連リンク

Steam :NORMALIZATOR

AURORA SOFTWARE

関連記事

  1. Hanepen-Autoline
  2. Mamba FX
  3. Faogen3 3dnchu

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.02.20ModLab - 画像からノーマルマップ等のゲーム用テクスチャを生成できる無料ソフトがSteamに登場!

2018.02.20AnimSchool Student Model Rig Showcase 2017 - オンラインスクール「AnimSchool」の学生作品(モデル・リグ)ショーケース2017が公開!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

Categories

おすすめ商品Pickup

アーカイブ

注目の記事

スポンサー