OVERHIT 2018 Animation Demo reel - Yu Ho...

CGアニメーターYu Ho joong氏による「‘OVERHIT’ 2018 Animation Demo reel」と「‘OVERHIT’ 2018 Cinema Animation Demo reel」

続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

Stick Man Maya Rig - 棒人間のMayaリグ付きモデルデータが1ドルで発売中!その他大量の無料リグもあり!

Truong CG Artistによる、Maya用リグ付きモデル!「Stick Man Maya Rig」これで「小小系列」風のオリジナル作品が作れる!?※「小小系列」知らない人はググって


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Stick Man Maya Rig

ninja stick man

Truong CG Artistは他にも大量にリグ付きモデルを公開しております。

truong-cg-artist-rigs

どこまで実用的なリグなのかは、一つ一つ見ないと分かりませんが、こういうデータの中身を解析していくのはリグの勉強にもなるのでお勧めです。いろんなリグモデルを見て自分に合ったリギングフローを確立させましょう!

関連リンク

関連記事

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2016.10.05Sceelix - Procedural Engine - ノードベースのプロシージャル3Dシーン作成ツールが早期アクセス中!

2016.10.06maya exprespy(エクスプレスパイ) - Python使いのリガー必見!MayaにてPythonによるエクスプレッション機能を提供するノードプラグイン!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

Categories

アーカイブ

注目の記事

スポンサー

PR

プラチナゲームズ採用ページ

Flying Ship Studio


デザイナー採用特設 | 株式会社トイロジック公式サイト

STUDIO ISTOLIA



スポンサー

おすすめ記事

  1. SpeedyPainter 3.2.4

PR