SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

IMVERSE LiveMaker - VR空間内で360°写真をベースに3Dモ...

カメラマッピングによる3Dモデリングを、VR空間内で行う事で、ちょっと不思議な感覚でモデリング出来そうなソフト「IMVERSE LiveMaker」!現在パブリックベータ中

続きを読む

Dropzone’s Vice in UE4 - 映像業界にもリアルタイム旋風!Realtime UKによるUE4テスト映像!

Realtime UKが以前手掛けたCGトレーラー「Dropzone」のアセットをアンリアルエンジン4に出力している映像が公開されております。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Dropzone’s Vice in UE4

当時のDropzoneのトレーラーは、3ds MaxとV-Rayのパイプラインで制作されております。
UE4上でこの品質の物がインタラクティブに動く事に可能性を感じているとの事で、今後の活用にも期待したいですね。

ちなみにRealtime UKさんは、Amazonのゲームエンジン「Lumberyard」を使って「Lost」という作品を手掛けています。
Amazon Lumberyard GDC2017 Demo – Amazonの無料ゲームエンジン!最新リアルタイムデモ映像「Lost」&「Bistro」
やはり時代はUnreal Engineか?!

Dropzoneのトレーラーを見視聴の方はこちらもどうぞ。

Dropzone

関連リンク

 

関連記事

  1. Ella Svahn - Real Time EyeShader 2.0
  2. Mizuchi Museum
  3. Voxel Farm Engine
  4. Moving Frostbite to PBR
  5. Project_ChaCra_SCA2014_teaser

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2017.06.05Photoshopで描くSF&ファンタジー - 「Photoshopで描く」日本語版書籍シリーズ最新作!Sci-fiアートを基礎から学ぶ!

2017.06.07Twinmotion 2018 trailer - まさかのUE4を採用!?老舗建築ビジュアライゼーションツールの新トレーラー!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup