OVERHIT 2018 Animation Demo reel - Yu Ho...

CGアニメーターYu Ho joong氏による「‘OVERHIT’ 2018 Animation Demo reel」と「‘OVERHIT’ 2018 Cinema Animation Demo reel」

続きを読む

SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

Joint Gap Detection and Inpainting of Line Drawings - ディープネットワークによる線画補完技術!CVPR 2017論文!

ひとつ前の記事で紹介した飯塚氏の指導学生、佐々木一真氏によるCVPR 2017論文!ディープネットワークで線画補完する技術「Joint Gap Detection and Inpainting of Line Drawings:全層畳み込みネットワークを用いた線画の自動補完」


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


概要

本研究では,畳み込みニューラルネットワークを用いて線画の欠損箇所を自動補完する手法を提案する.従来の類似パッチや画素伝播を用いた手法では,欠損箇所を手動で指定する必要がある上,直線や曲線などの構造を考慮した画像補完は困難であった.これに対し提案手法では,畳み込みニューラルネットワークを用いて様々な線画の補完パターンを直接学習することにより,線が途切れている箇所を自動的に判別し,線の太さや曲率を考慮して補完を行えるようにしている.提案モデルはすべての層が畳込み層で構成され,部分的に途切れた線画を入力すると適切な線が補完された画像が出力される.さらに,様々な補完パターンをもつ画像のペアを小規模な線画データから自動で生成することで,モデルの効果的な学習を実現した.提案手法は線画のスキャンデータや図形を用いて評価し,ユーザテストによって既存手法の性能を大きく上回ることを確かめた.

かなり良い感じですね。既存技術に比べ精度もかなり高そうです。

関連リンク

関連記事

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2017.05.17Globally and Locally Consistent Image Completion - ディープラーニングによる画期的な画像補完 - SIGGRAPH 2017 技術論文

2017.05.17ROBBER'S COMPANY Episode 4 - 次々と明かされる謎!「STUDIO UGOKI」によるショートフィルム第4話が公開!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup