SceneCity 1.2 - ノードベースとなり生まれ変わったBlender用...

3DアーティストでBlenderアドオン開発者のArnaud Couturier氏による、Blender用の都市生成アドオン「SceneCity」がバージョン1.2となり生まれ変わったそうですよ!

続きを読む

UNREAL FEST EAST 2018 Slides and Videos ...

2018年10月14日に東京で開催されたEpic Games Japan主催オフィシャルの大型勉強会「UNREAL FEST EAST 2018」のスライドが公開されております!

続きを読む

Materialize - 1枚の画像から各種テクスチャ(Height、Meta...

Bounding Box Softwareによる画像から各種テクスチャを生成可能なフリーソフト「Materialize」が熱い!

続きを読む

Physically Based Rendering:From Theory T...

Matt Pharr氏、Wenzel Jakob氏、Greg Humphreys氏らによる、 物理ベースレンダリングの教科書「Physically Based Rendering:From Theory To Implementation(物理的レンダリング:理論から実装へ)」がオンライン上で無償公開されております。

続きを読む

IMVERSE LiveMaker - VR空間内で360°写真をベースに3Dモ...

カメラマッピングによる3Dモデリングを、VR空間内で行う事で、ちょっと不思議な感覚でモデリング出来そうなソフト「IMVERSE LiveMaker」!現在パブリックベータ中

続きを読む

Adaptive Tearing and Cracking of Thin Sheets - 動的なメッシュ分割でリアルなクラック表現を実現!SIGGRAPH2014技術論文!

Adaptive Tearing and Cracking of Thin Sheets

動的にメッシュを分解し、非常にリアルなクラック表現を実現可能なシミュレーション技術!
SIGGRAPH2014技術論文
Adaptive Tearing and Cracking of Thin Sheets


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


すごい!

University of California – BerkeleyはSIGGRAPH2013にて
「リアルな折り目やシワ表現が実現可能なシミュレーション技術」
を謳っています。
技術的にはこれを発展させた感じかな?
動画をもう一度貼り付けておきます。

こういったシミュレーションがリアルタイムにサクサク動く日が来てほしいなぁ。

論文の詳細はこちらから
Adaptive Tearing and Cracking of Thin Sheets – U.C. Berkeley Computer Graphics Research

http://graphics.berkeley.edu/papers/Pfaff-ATC-2014-07/

関連記事

  1. 3D forensic facial reconstruction of a Homo Georgicus

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2014.05.14Autodesk FBX Review v1.2 - iOSデバイス&Macアプリ版が登場!オートデスク標準3DフォーマットFBXファイルなどをグリグリ確認出来る公式無料ビューアー!

2014.05.15BoolTool 0.1 - Blender用ブーリアンモデリングアドオン!ハードサーフェイスも楽々!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup