Scene Fusion for Unreal Early Access - 同...

KinematicSoupによる、ゲームエンジン上での同一レベル上での共同開発を可能にするプラグイン「Scene Fusion」のアンリアルエンジン対応バージ[...]

続きを読む

Kitbull - 今度は2Dアニメ!ピクサーのSparkShortsプログラム...

ピクサー・アニメーション・スタジオによる、個々のアーティストの可能性を発掘すべく、短編作品を作り出す新たな試み「SparkShorts」プログラムのショートフィルム第三弾!「Kitbull」が公開されました。

続きを読む

Smash and Grab - ピクサーのアニメーションプログラムSparkS...

ピクサー・アニメーション・スタジオによる、個々のアーティストの可能性を発掘すべく、短編作品を作り出す新たな試み「SparkShorts」プログラムのショートフィルム第二弾!「Smash and Grab」

続きを読む

AIによるアニメ中割生成 - DeNAの「構造的生成学習」を使用したアニメの中割...

DeNAによるAIを活用したアニメの中割生成技術!

続きを読む

Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方 - レビュー高評価なM...

Maya向けリギング解説本の改訂版「Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方」が3月にリリースされますよ!2013年に発売された旧版のAmazonレビューも好評です。

続きを読む

Advance Hyper Skinning System (Art & Technic) -By Subbu Addanki - Maya用の多機能スキニング補助ツールセット紹介映像

http://vimeo.com/60102640
インドのキャラクタースーパーバイザー(リギング)&プログラマー Subbu Addanki氏による
Advance Hyper Skinning System (Art & Technic)


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


2013/02/28リリース予定

1。ディスク&ボリュームベースのハイパースキンシステム(イージーディスクを編集可能な)
2。新しいATTRS:BlendMethod&BlendValue(あなたの各関節スキンをカスタマイズ)
3。肩·腰などあらゆる分野での体積保存
4。どんなリグで動作(二足、鳥、クワッドなどヘビ)
5。スキニングプロセスのほとんどを削減
6。選択した頂点で動作
7。選択した頂点でデフォルトスキンを保持
8。ハイパースムーズ – 自動化された滑らかなプロセス
9。 ‘アドバンスドディスク”&その使用方法の自動作成。
10。ゼロからスキニング生成..
11。自動リグとの緊密な統合(as_EasyBird、as_EasyRig、as_EasyQuad等)

これは便利そうだ
Subbu Addanki氏のHP
Pythonをメインに様々なツールを作成されています。
http://www.pythonscripting.com/

http://www.pythonscripting.com/

関連記事

  1. nEyeMaker 1.0

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.02.24Blender 2.66 リリース - 最強のフリー3Dソフト最新版!自動的にメッシュを分割してくれるダイナミックトポロジースカルプトも可能に!

2013.02.24850 METERS trailer (2013) - 今年中には公開される?!騎士の冒険を描いたコメディショートフィルムトレーラー

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup