SIGGRAPH

Local Motion Phases for Learning Multi-Contact Character Movements - バスケットボール等の複雑な動きもOK!ディープラーニングを活用したモーション合成フレームワーク!SIGGRAPH 2020

エジンバラ大学とElectronic Artsの共同研究の「Local Motion Phases for Learning Multi-Contact Character Movements(マルチコンタクトキャラクターの動きを学習するためのローカルモーションフェーズ)」SIGGRAPH 2020 向け技術論文

  • 67
  • 2
  • 0

SIGGRAPH 2020 Technical Papers Preview Trailer - 毎年恒例「シーグラフ2020」技術論文プレビュートレーラー!

世界最大のコンピュータグラフィックス学会イベントSIGGAPH(Special Interest Group for Computer Graphics)2020 技術論文プレビュートレーラーが公開!ちなみにワシントンD.C.で開催予定でしたが、今年はあのウイルスの影響もあり、オンライン形式に移行するとの事です。

  • 52
  • 2
  • 9

RigNet: Neural Rigging for Articulated Characters - ディープラーニングでモデルへのリギングを自動で行ってくれる技術!SIGGRAPH 2020 論文

ディープラーニングを用いてモデルへの骨組み込みとスキニングといったリギングのための工程を自動で行ってくれる技術「RigNet: Neural Rigging for Articulated Characters」というのが話題を集めています!SIGGRAPH 2020 技術論文!

  • 165
  • 5
  • 3

EbSynth Alpha - 動画を絵画風アニメに変換するツール!アルファ版が無料公開中!Win

Secret Weaponsによる、動画を絵画風タッチに変換するツール『EbSynth』のアルファ版がリリース済み!この絵画風タッチを生み出しているのは、チェコ工科大学とAdobe Researchによるスタイル転送技術「Stylizing Video by Example」によるものです(SIGGRAPH 2019論文) 。

  • 45
  • 14
  • 2

Generating Digital Painting Lighting Effects via RGB-space Geometry - 1枚のイラストからライティング効果を生成する技術!SIGGRAPH 2020技術論文

Lvmin Zhang氏、Edgar Simo-Serra 氏、Yi Ji 氏、Chunping Liu氏らによる、1枚のイラストからライティング効果を生成する技術!「Generating Digital Painting Lighting Effects via RGB-space Geometry」SIGGRAPH2020&TOG2020 向け技術論文

  • 155
  • 3
  • 1

DReCon - ユービーアイソフトによるゲームでの実行を想定した深層強化学習とモーションマッチングを用いた物理ベースのアニメーション制御技術!

ユービーアイソフト モントリオールによる、ゲームでの運用を想定した、深層強化学習とモーションマッチングを用いた物理ベースのアニメーション制御技術「DReCon: Data-Driven Responsive Control of Physics-Based Characters」

  • 37
  • 1
  • 5

Project Lavina SIGGRAPH 2019 - まもなくベータ版!ChaosGroupによるリアルタイムレイトレーシングビジュアライズツール最新映像!

ChaosGroupが開発中の、V-Rayシーンをリアルタイムレイトレーシングで描画できるビジュアライズ製品『Project Lavina』のSIGGRAPH 2019向けテックデモ映像が公開されております。

  • 24
  • 52
  • 1

Procedural Hard Surface Design - 齋藤 彰氏によるHoudiniを使ったプロシージャルハードサーフェスデザイン講演映像!SIGGRAPH Asia 2018 東京

先日開催された、「SIGGRAPH Asia 2018」のSideFX社によるプレゼンテーション “Houdini HIVE”のプログラムの1つ、株式会社ポリフォニー・デジタルの景観デザインチームリーダー 齋藤 彰氏による「Procedural Hard Surface Design」の映像が公開されておりました。

  • 62
  • 0
  • 1

3D Hair Synthesis Using Volumetric Variational Autoencoders - ディープラーニングを活用し1枚の画像から自然な3Dヘアーを生成する技術!SIGGRAPH Asia 2018論文

ディープラーニングを活用し、1枚の画像から3Dヘアーを生成する為の技術「3D Hair Synthesis Using Volumetric Variational Autoencoders」SIGGRAPH Asia 2018論文です。

  • 39
  • 0
  • 1

OptCuts - カットと歪み補正を共同で最適化し気持ちぃぃいいUV展開ができそうな技術!SIGGRAPH Asia 2018論文

マサチューセッツ工科大学、ブリティッシュ・コロンビア大学とAdobe Researchの研究者らによる3次元メッシュのパラメータ化と切断を共同で最適化するアルゴリズム「OptCuts: Joint Optimization of Surface Cuts and Parameterization」SIGGRAPH Asia 2018論文

  • 100
  • 0
  • 2

PocketStudio - リアルタイムに共同編集可能な3Dアニメーションシーケンス制作ツール!SIGGRAPH 2018 Rial-Time Live! でお披露目!

SIGGRAPH 2018 Rial-Time Live!にて、リアルタイムに共同編集可能な3Dアニメーションシーケンス制作ツール「PocketStudio」がお披露目されました。

  • 18
  • 0
  • 1

Unity Kinematica - Unityに搭載される新アニメーションシステム SIGGRAPHに合わせ新映像が公開!

Unityの機械学習を用いた新しいアニメーションシステム「Kinematica」が6月ごろ発表され話題になってましたが、Unity LabsのMichael Buttner氏が新たな動画「High Quality Real-Time Motion Synthesis and Character Control」をSIGGRAPH 2018に合わせ公開しております。

  • 205
  • 2
  • 1

Unity for Film Siggraph 2018 Trailer - 映像作品での採用事例を紹介した「Unity fo Film」シーグラフ向けトレーラー!

Unityエンジンの映像作品採用例紹介トレーラーがSiggraph 2018に合わせ公開されました。

  • 8
  • 0
  • 2

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事