ProFlow - オブジェクトに多彩なディテールを追加出来るBlender 2...

「SpeedFlow」等のアドオンでもお馴染みフリーランス3DアーティストPitiwazouことCédric Lepiller氏によるBlender用の新アドオン!『ProFlow』がリリース!

  • 86
  • 1
  • 0
続きを読む

Public Domain 3D Cultural Heritage - Ske...

2020年2月25日、Sketchfabは、Creative Commons(CC)0 Public Domain Dedicationライセンスに基づいた文化遺産コンテンツの提供を開始!このアップデートにより、膨大な古代~現代のアーティファクト、オブジェクト、およびシーンをダウンロード&利用可能となります。

  • 270
  • 5
  • 3
続きを読む

AnimeRefiner - AIを使用しアニメ映像を高解像度化出来るサービス!...

株式会社ラディウス・ファイブによる、AI(ディープラーニング)を使った、アニメ映像の高解像度化サービス『AnimeRefiner』が始動!

  • 20
  • 1
  • 1
続きを読む

Object Placer Tool V1.0 - クリックでオブジェクトを手軽...

Ryan Pocock氏による、クリックでオブジェクトを手軽に配置できるUnity向け無料ツール「Object Placer Tool V1.0」が公開されました。

  • 52
  • 12
  • 0
続きを読む

Mayaモーションデザイン A to Z - 基礎から応用までカバーした大ボリュ...

キャラクターモーションやモーションキャプチャデータの取り扱い、ゲーム用・映像用、リギングまでカバーしたすごいボリュームのモーション解説本が出ます!!!『Mayaモーションデザイン A to Z』2020年2月29日発売!

  • 38
  • 1
  • 1
続きを読む

ゲームクリエイターの仕事 イマドキのゲーム制作現場を大解剖! - ゲーム業界の今を丁寧に解説した本が翔泳社から登場!

ゲーム業界の今をわかりやすく解説!「ゲームクリエイターの仕事 イマドキのゲーム制作現場を大解剖!」が翔泳社から発売されました。


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


翔泳社の書籍紹介ページからは内容を一部確認することができます。
業界を目指す人や、学生さんにも是非進めてあげてください!

ゲームクリエイターの仕事 イマドキのゲーム制作現場を大解剖!
ゲームクリエイターの仕事 イマドキのゲーム制作現場を大解剖!

  • 単行本(ソフトカバー): 168ページ
  • 著者:蛭田 健司
  • 出版社: 翔泳社
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798144371
  • ISBN-13: 978-4798144375
  • 発売日: 2016/4/15

本書の内容

本書は「ゲームクリエイター」になりたい方(主に大学生や異業種からの転職者)に向けて、多くのコンシューマー向けゲームや、スマートフォン向けゲームの立ち上げや社内の新人研修にかかわってきた著者が、イマドキのゲーム制作の現場についてやさしく解説した書籍です。

PART 1では、ゲーム業界の基礎知識や、ゲームクリエイターの種類、ゲーム開発の流れについて解説しています。

PART 2では、ゲームクリエイターの中でも人気の職種である、プランナー、プログラマー、グラフィックデザイナー、サウンドクリエイター、ディレクター、プロデューサーに必要な知識やスキルについて、わかりやすく解説しています。

ゲームクリエイターを目指す方、必携の1冊です。

目次

PART 1 ゲームクリエイターの仕事とは
CHAPTER01 ゲーム業界の基礎知識
CHAPTER02 ゲームクリエイターの種類
CHAPTER03 あるゲーム会社の一日
CHAPTER04 ゲーム開発の流れ
PART 2 ゲームクリエイターに必要な知識とスキル
CHAPTER05 プランナーに必要な知識とスキル
CHAPTER06 プログラマーに必要な知識とスキル
CHAPTER07 グラフィックデザイナーに必要な知識とスキル
CHAPTER08 サウンドクリエイターに必要な知識とスキル
CHAPTER09 ディレクターに必要な知識とスキル
CHAPTER10 プロデューサーに必要な知識とスキル

著者について

蛭田 健司
1997年セガ・エンタープライゼス(現セガゲームス)入社。2002年コーエー(現コーエーテクモゲームス)入社。無双シリーズの開発に携わり、「真・三國無双Online」の技術責任者を経て、2007年コーエーテクモカナダに出向。ディレクター、プロデューサー、テクニカルディレクターを兼任しつつ、現地責任者として会社全体の事業計画立案・遂行、対外交渉全般を担った。2012年クルーズ入社。ゼネラルマネージャーとしてネイティブゲーム事業の立ち上げを行い、担当した「ACR DRIFT」は日本発のゲームとしてはじめて世界135ヶ国でApp StoreのFeatureを獲得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ゲームクリエイターの仕事 イマドキのゲーム制作現場を大解剖!(蛭田健司) | 翔泳社の本

お求めはこちらから(Kindle版もあります)


PR


関連記事

  1. アニメCGの現場 2018 ーCGWORLD特別編集...

    2017-12-05

  2. CGWORLD 2015年7月号 vol.203 -...

    2015-06-03

  3. 月刊MdN 2015年 11月号 - エフェクトアー...

    2015-10-01

  4. やってはいけないCG制作 - CG初心者が高確率でや...

    2014-12-15

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

ポートフォリオイベント

Flying Ship Studio


Luminous Productions







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事