AnimationCafe

ImagePaste v1.1.0 - クリップボードの画像をBlenderのシ...

YeetusBlenditusによる、クリップボードから画像を取得し、ビューポートまたは画像エディタに参照画像として簡単に貼り付けるためのシンプルなBlenderアドオン「ImagePaste v1.1.0」のご紹介!無料です!

  • 26
  • 1
  • 0
続きを読む

RecordCast - Webブラウザ上で軽快に動作するスクリーンキャプチャ&...

PearlMountain Limitedによる、Webブラウザベースで動作する画面録画&動画編集ツール「RecordCast」を軽くご紹介。

  • 88
  • 5
  • 1
続きを読む

Spyderfy - 虫(蜘蛛、イナゴ、ムカデ、カブトムシ)の大群エフェクトを手...

Lightarchitectによる虫エフェクトを手軽に実装出来るBlender向け有償アドオン「Spyderfy」がlender Marketにてリリースされました。

  • 86
  • 1
  • 0
続きを読む

The Seed of Juna The Story Continues UE4...

以前パイロット版を紹介した、Álvaro García氏によるSci-Fiムービー『The Seed of Juna』のUnreal Engine 4に移行した最新のトレーラーが昨年末に公開されていました。

  • 35
  • 1
  • 0
続きを読む

作りながら覚える Substance Painterの教科書 - 国内のプロCG...

国内のプロアーティストらによる「Substance Painter」解説本『作りながら覚える Substance Painterの教科書』が2021年2月12日に発売されます。今回はPDF版も用意されているそうです。有り難い!

  • 49
  • 1
  • 0
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

Sprytile for Blender - 2Dタイルチップをベースに3Dモデリング!Blenderアドオン!

2Dタイルチップをベースにした3Dモデリングを可能にするBlenderアドオン「Sprytile」が公開されております。


プロモーション

カプコンイベント


SpryTile Demo

Sloppy Sprytile Speed Model

似た系統のフリーソフトを昔紹介したのを覚えてますか?「Crocotile 3D」というツール。それに似た挙動ですね。
Blender使いの方、オールドテイストなモデリングに飢えている方は是非お試しあれ!

関連リンク


PR


関連記事

  1. Shell Modifier - 板ポリをベースに厚み付けながらモデリングできるMaya用プラグイン映像が素敵!その他ツール映像も必見!

    2015-04-22

  2. brSmoothWeights - 高速&滑らか動作のMaya用のスキンウェイトスムージングペイントツール!無料公開

    2018-12-26

  3. Guren2 - 痒いところに手が届く!日本人により日々開発が進められているMaya用無料プラグインワークグループ

    2013-01-16

  4. Cablerator - Photoshopツールでお馴染みSergey Kritskiy氏の新作ツールはなんとBlender向けケーブル生成アドオン!

    2020-07-30

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン説明会

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事