Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方 - レビュー高評価なM...

Maya向けリギング解説本の改訂版「Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方」が3月にリリースされますよ!2013年に発売された旧版のAmazonレビューも好評です。

続きを読む

Top 7 Digital Painting Mistakes - デジタルペイ...

数々のドローイングチュートリアル動画でお馴染み、ProkoのYoutubeチャンネルにて、デジタルペインティングにおける7つの間違いを紹介した動画「Top 7[...]

続きを読む

Maya Config Addon For Blender 2.8 - 引っ越し...

Blender 2.8 向けMayaキー設定で話題となったFORMAFFINITY氏によるBlender Maya化支援ツールセット「Maya Config Addon」の Blender 2.8 対応板が公開されました。

続きを読む

Maya Keyframe Reduction - Maya用のキーフレーム削減...

Robert Joosten氏による、Maya用のキーフレーム削減ツール!Gumroadにて無償公開!

続きを読む

Character Customization - UE4用の人物キャラクターカ...

CodeSpartanによるUE4向けのリアルなキャラクターカスタマイズアセットの男性版がリリースされました!女性版は昨年リリース済みです。

続きを読む

VRoid Hub - VRoidやVRM等の3Dキャラクターモデルを各種コンテンツ上で利用できる投稿プラットフォーム!始動!

ピクシブ株式会社は、作成した3Dキャラクター(人型アバター)のモデルデータをアップロードし、各種VR/ARプラットフォームやアニメやゲーム等の3Dコンテンツ上でアバターや登場キャラクターとして利用できる投稿プラットフォーム「VRoid Hub(ブイロイド・ハブ)」の提供を開始!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


VRoidHubとは

VRoid Hubは、作成した3Dキャラクターモデルを投稿して、他のユーザーと共有できるプラットフォームです。
pixivアカウントによる会員登録を行うことで、どなたでも無料でお使いいただけます。VRoid Hubでは、3Dキャラクターモデルを投稿するだけでキャラクターが活き活きとアニメーションするプロフィールページを作成できたり、利用条件と共にモデルデータを配布することができます。また、投稿された3Dキャラクターモデルは、VRoid Hubと連携した各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ上で利用することもできます。なお、VRoid Hubは日本語または英語でご利用いただけます。

VRoidHubの特徴

3Dキャラクターモデルを投稿するだけで、キャラクターが活き活きとアニメーションするプロフィールページを作成できます。

3Dキャラクターモデルのプロフィールページ

VRoid Hubには、ピクシブが提供する3Dキャラクターメイカー「VRoid Studio」や各種3Dモデリングツールで作成した、VRM形式のモデルデータを投稿することができます。投稿は、VRoid StudioやWebブラウザ上から行うことが可能です。VRoid Hubに3Dキャラクターモデルを投稿するだけで、キャラクターが活き活きとアニメーションするプロフィールページを手軽に作成することができます。「元気」「クール」「おしとやか」等、キャラクターの性格を表現できるモーションが多数用意されているため、「キャラクター」らしさによりこだわったプロフィールページを作成することができます。プロフィールページには名前や性格、キャラクターの設定や関連リンクなどを掲載することも可能です。従来、3Dキャラクターモデルを思い通りに動かしたり他の人に見せるためには専門的な技術や知識が必要でしたが、クリエイターはVRoid Hubに3Dモデルデータをアップロードするだけで、アニメーションと共にブラウザ上で簡単に拡大・縮小・回転してプレビューすることが可能になります。

利用条件を指定して、3Dキャラクターモデルを自分以外のユーザーに提供できる

3Dキャラクターモデルのプロフィールページに表示される利用条件設定

VRoid Hubでは、3Dキャラクターモデルのプロフィールページを介して、他の人に3Dモデルデータを提供することも可能です。投稿された3Dモデルデータの著作権は作者に属しますが、作者は他のユーザーに対して、作者が設定した利用条件のもと、3Dモデルデータの利用やダウンロードを許可することができます。3Dキャラクターモデル制作者は、VRoid Hubを介して3Dモデルデータの利用を他の人に許可することで、自分が作ったキャラクターの活躍の機会を増やすことができます。

投稿した3Dキャラクターモデルを各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ内で簡単に利用できる

VRoid Hubと連携したサービスにpixivアカウントでログインすると、VRoid Hub上の3Dキャラクターモデルを使って連携サービスを楽しむことができます。

VRoid Hubに投稿されている3Dキャラクターモデルは、SHOWROOM Vアプリで呼び出し可能

VRoid Hubは同日、SHOWROOM株式会社が提供する、バーチャルキャラクターになりきってライブ配信ができるiPhone向けアプリ「SHOWROOM V」と連携開始いたします。これによりVRoid Hub
に投稿された3Dキャラクターモデルは、クリエイターが定めた条件のもとSHOWROOM Vアプリでアバターとして遊ぶことができるようになります。SHOWROOM V

この連携は、各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ上からVRoid Hub上の3Dキャラクターを利用可能にするためのソフトウェア開発キット「VRoid SDK」を介して実現しています

VR/ARプラットフォーマー・3Dコンテンツ制作者向け開発キット「VRoid SDK」とは

VRoid SDKは、VRoid Hubに投稿された3Dキャラクターのモデルデータを、各種VR/ARプラットフォームやアニメやゲーム等の3Dコンテンツ上で利用できる機能を提供する、ソフトウェア開発者向けキットです。VRoid SDKを利用すると、開発者はVRoid Hubに投稿された3D
キャラクターをダウンロード不要でサービス上に呼び出し、ユーザーが身にまとうアバターや、アニメやゲーム等の3Dコンテンツの登場人物として利用することができます。

中々素敵なサービスですね!VRoidの勢いは止まらない!!!
是非公式サイトもチェックしてみてください。

リンク

VRoid Hub

https://hub.vroid.com/

関連記事

  1. Verve v0.99
  2. Simplygon Cloud
  3. Quixel SUITE 1.6 Available‏ Now
  4. Sprite DLight Dynamic lighting preview

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.12.21BrickIt Free Demo - Maya上でLEGOブロックモデリングができるツールスクリプトの無料版が公開!

2018.12.23920 Jefferson New York - フルCGの街並みに注目!「Studio Aiko」による建築ビジュアライゼーション!制作舞台裏映像も合わせて公開

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

キャリア相談会

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事

  1. 3D Test Models