アニメCGの現場 2019 ーCGWORLD特別編集版ー - 日々進化するアニメ...

毎年恒例となりました、月刊誌「CGWORLD」のアニメメイキング記事総まとめ本『アニメCGの現場 2019 ーCGWORLD特別編集版ー』いよいよ発売です!!

続きを読む

Unity 2018.3 - 新エフェクトツールや地形システム、改良されたPre...

「Unity 2018.3」がリリースされましたよー。Prefabワークフローが改善されてたり、新ビジュアルエフェクトグラフ(プレビュー版)を搭載してたり、2000以上の新機能が追加されてます。

続きを読む

Advanced Village Material - 100% Substan...

Emrecan Cubukcu氏による、Substance Designerで作られた”村落”のマテリアル!「Advanced Village Material」!

続きを読む

Transmutr - 様々な3DフォーマットをSketchUpデータに変換する...

様々な3DフォーマットをSketchUpファイルに変換することが出来るツール「Transmutr」の早期アクセスベータ版が近日公開されます!

続きを読む

TracXcroll - トラックボールデバイスの入力をクリエイター向け動作に置...

トラックボール機能をクリエイター用途にリプレイスメントする補助デバイス"TracXcroll" トラックスクロール!Kickstarterプロジェクトが始動しました!開発者はイラストレーターJACO氏です。

続きを読む

Advance Hyper Skinning System (Art & Technic) -By Subbu Addanki - Maya用の多機能スキニング補助ツールセット紹介映像

http://vimeo.com/60102640
インドのキャラクタースーパーバイザー(リギング)&プログラマー Subbu Addanki氏による
Advance Hyper Skinning System (Art & Technic)


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


2013/02/28リリース予定

1。ディスク&ボリュームベースのハイパースキンシステム(イージーディスクを編集可能な)
2。新しいATTRS:BlendMethod&BlendValue(あなたの各関節スキンをカスタマイズ)
3。肩·腰などあらゆる分野での体積保存
4。どんなリグで動作(二足、鳥、クワッドなどヘビ)
5。スキニングプロセスのほとんどを削減
6。選択した頂点で動作
7。選択した頂点でデフォルトスキンを保持
8。ハイパースムーズ – 自動化された滑らかなプロセス
9。 ‘アドバンスドディスク”&その使用方法の自動作成。
10。ゼロからスキニング生成..
11。自動リグとの緊密な統合(as_EasyBird、as_EasyRig、as_EasyQuad等)

これは便利そうだ
Subbu Addanki氏のHP
Pythonをメインに様々なツールを作成されています。
http://www.pythonscripting.com/

http://www.pythonscripting.com/

関連記事

  1. ShellMod v1.0 available now

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.02.24Blender 2.66 リリース - 最強のフリー3Dソフト最新版!自動的にメッシュを分割してくれるダイナミックトポロジースカルプトも可能に!

2013.02.24850 METERS trailer (2013) - 今年中には公開される?!騎士の冒険を描いたコメディショートフィルムトレーラー

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

Categories

おすすめ商品Pickup

アーカイブ

注目の記事

スポンサー