Get a Peek at Adobe's Interactive Sculpt...

Adobeの研究チームがインタラクティブな3Dスカルプティングプロジェクト映像を公開しております。「Get a Peek at Adobe's Interactive Sculpting Project」

続きを読む

KLab Creative Fes’17 - 優勝賞金30万円!学生向けデザイナ...

KLab株式会社による学生向けデザイナーズコンテスト「KLab Creative Fes’17」(クラブ クリエイティブ フェス 17)が今年も開催されます!豪華審査員陣にも注目!

続きを読む

BPainter Blender Addon - Blenderでの3Dペイント...

Andreas Esau氏による、Blenderでの3Dペイント機能を強化するアドオン「BPainter」のスニークピーク映像が公開!

続きを読む

Skip Animation Tutorial - 滑らかアニメーション作品でお...

魅力的な滑らかアニメーション作品でお馴染みのアーティストFelix Sputnik氏による、スキップのアニメーションチュートリアル

続きを読む

Nintendo Switch - 任天堂の新据え置きゲーム機!2017年3月3...

任天堂の新据え置きゲーム機「Nintendo Switch」2017年3月3日発売!本日、「Nintendo Switch」関連のプレゼンテーションが13時に行われ、その際に多くの発表がありました。新型ゲーム機ってわくわくしますよね!

続きを読む

煮るなり焼くなり好きにして!CGのテストに使われる定番モデルデータ紹介!ティーポット、ウサギ、謎の四角い部屋、猿の頭部、あいつらなんなんだよ!! 

3D Test Models

昔からCGに携わっている方にはお馴染み、ティーポットやウサギのモデル。シェーダーやシミュレーションで煮るなり焼くなり割るなりデロンデロンにグッチョグチョにと・・様々な種類の過酷なテストに使用されてきました。

CG分野に携わって間もない人は何故ティーポット?ウサギ?この部屋よく見るなぁ・・・とか思う方も多いと思います。(私も昔はその中の一人でした。

という事で新規CGアーティスト向けに検証用モデルのリンクをまとめてみました。色々実験台にしてみてくださいな^^

※旧サイトでも人気の合ったエントリーを新サイトの方に移植しました。それに伴い旧サイトの記事は削除しています。
※夫々のモデル解説部分と記事後半に、モデルをダウンロード出来るサイトへのリンクを書き込んでいます。


Utah teapot(ユタ・ティーポット)

Utah Teapot

Utah Teapot

1975年ユタ大学のマーティン・ニューウェル氏によって制作。
親しみやすい形状という事で自宅にあるティーポットをモデリングする事に。提案者は彼の妻。
制作者の名を取ってNewell teapotと呼ばれることもある。

詳しい解説はWikipediaを参照していただければわかると思います。
日本語Wikipedia
英語Wikipedia

ソースはこちら
http://www.sjbaker.org/wiki/index.php?title=The_History_of_The_Teapot
objファイルはこの辺からも入手可能
http://inst.eecs.berkeley.edu/~cs184/sp09/assignments/AS6.html
本記事最後に紹介するMcGuire Graphics Dataのサイトからも、扱いやすいデータをDLする事が出来ます。

Cornell Box(コーネル・ボックス)

Cornell box

Cornell box

1984年コーネル大学によって作成、主にGI等でシーンレンダリングのテストに使用されるケースが多いですね。
初代の形状は現在の内部にボックスがある状態ではなく、1面が無い四角いモデルのみでした。そして長い歳月を経て現在の形に落ち着いています。

Wikipedia
コーネルボックス公式ページ(歴史やデータ構造等が表記されています。)

ちなみに最近はこんな物もあるらしいけど、

Cornell box new

Cornell box new

うーん?あまり見ない気がする・・・
一応この球体バージョンは、本記事最後に紹介するMcGuire Graphics Dataのサイトからも、扱いやすいデータをDLする事が出来ます。

Stanford Bunny(スタンフォード・バニー)

Stanford Bunny

Stanford Bunny

定番のウサギですね、初めてデータ見たとき思ったよりポリゴン数が多くて驚いたのを覚えております。
1994年スタンフォード大学でウサギの陶器を3Dスキャンされた試験用モデル 69451ポリゴン
日本語Wikipedia
英語Wikipedia
本記事最後に紹介するMcGuire Graphics Dataのサイトからも、扱いやすいデータをDLする事が出来ます。

Happy Buddha(ハッピー・ブッダ)

Happy Buddha

Happy Buddha

1996年 仏陀像を3Dスキャンしたモデル 1087716ポリゴン。この表情や縦長の造形のせいか、水状に溶かされる事が多い印象。
http://graphics.stanford.edu/projects/faxing/happy/
本記事最後に紹介するMcGuire Graphics Dataのサイトからも、扱いやすいデータをDLする事が出来ます。

Stanford Dragon(スタンフォード・ドラゴン)

Stanford Dragon

Stanford Dragon

1996年 ドラゴンの陶器を3Dスキャンしたモデル 1132830ポリゴン
Wikipedia
上記3つが入手可能なスタンフォード大学3Dスキャンリポジトリ
“The Stanford 3D Scanning Repository”
本記事最後に紹介するMcGuire Graphics Dataのサイトからも、扱いやすいデータをDLする事が出来ます。

Suzanne (スザンヌ)

Suzanne

Suzanne

2002年に作られたBlenderを代表するマスコット的な検証モデル、Blender使いは誰もがご存知かと。
チンパンジーの頭部の形状で、500ポリゴン
プリミティブの追加項の中にスザンヌモデルが標準搭載されています。
Wikipedia
Sintel等のBlender公式ショートフィルム内にイースター・エッグとしてさり気なく登場していたりします。

Sponza Atrium(スポンザ・アトリウム)

Sponza Atrium

Sponza Atrium

Marko Dabrovic氏が2002年に制作した宮殿モデル
Sponza Atrium
http://hdri.cgtechniques.com/~sponza/files/
本記事最後に紹介するMcGuire Graphics Dataのサイトからも、扱いやすいデータをDLする事が出来ます。

Sponza Atrium NEW (新スポンザ・アトリウム)

Sponza Atrium NEW

Sponza Atrium NEW

CrytekのFrank Meinl氏により上のスポンザアトリウムにカラフルな垂幕等が追加されたもの。最近はGI検証に頻繁に使用されるようになりました。
DLはCrytekのサイトからどうぞ
http://www.crytek.com/cryengine/cryengine3/downloads
本記事最後に紹介するMcGuire Graphics Dataのサイトからも、扱いやすいデータをDLする事が出来ます。

infinite 3D Head Scan (インフィニット3Dヘッドスキャン)

infinite 3D Head Scan

infinite 3D Head Scan

2010年 3Dスキャンされた頭部のモデル、高解像度のテクスチャファイルやZbrushデータも付いています。
主にリアルタイム系のシェーダー検証に使われることが多いですね。
公式のページ告知ページ自体は消えてしまっていますが、ファイル自体は残っています。
http://www.ir-ltd.net/uploads/Infinite_Scan_Ver0.1.rar (80 MB)オブジェクト&テクスチャ
http://www.ir-ltd.net/uploads/Infinite_Scan_Displacements_Ver0.1.rar (65 MB) Displacements Maps.

http://www.ir-ltd.net/uploads/Infinite_Ztl.rar (70 MB) 7のサブディビジョンレベルを持ったZBrushファイル
 
本記事最後に紹介するMcGuire Graphics Dataのサイトからも、扱いやすいデータをDLする事が出来ます。
 

San Miguel (サンミゲル)

San Miguel

San Miguel

アーキテクチャビジュアルアーティストGuillermo M. Leal Llaguno氏による庭園モデル
SSAOやシャドー等のポスト処理で使用される事が多いですね。
作者のサイトGuillermo M. Leal Llaguno
本記事最後に紹介するMcGuire Graphics Dataのサイトからも、扱いやすいデータをDLする事が出来ます。

 

おまけ

Man(通称:XSI男)

man

man

Softimage(旧XSI)ユーザーにはお馴染みの実験台モデル
日本ではXSI男の名前で知られています。
なんとも言えぬたたずまいと、さり気ない乳首のポリゴン割が彼のキャラクター性を引き立てているに違いありませんね。
最近はICEの実験台にされることが多いので、よくVimeoでお目にかかります。

データが欲しい人は(いるのかな)お近くのXSI(Softimage)ユーザーに声をかけてみて下さい。

その他

テストモデルについてのWikipedia
一般的な検証モデルの情報が表に並べられています。
List of common 3D test models | Wikipedia

最後に上記で紹介したメッシュのいくつかをダウンロードする事ができるサイトを紹介します。

McGuire Graphics Data

http://graphics.cs.williams.edu/data/meshes.xml
スポンザやコーネルボックスなど、一般的な検証モデルを多くのCGソフトで扱うことの出来るOBJフォーマットにて提供されています。
当サイトでは紹介しきれなかったモデルもありますので、要チェックですぞ!!!

関連記事

  1. 3D Digital Doubles Head Scan Free Download
  2. Pixar One Twenty Eight
  3. ニコニ立体ちゃん

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2013.11.07キサポ - タブレットスカルプトを快適に!SurfaceProとZbrushに特化したキーボードサポートアプリ!ファーストバージョンがリリース!

2013.11.07ROLLIN' SAFARI - 'Vulture' - what if animals were round? - あのまん丸動物ショートクリップの最新作が公開!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

Categories

アーカイブ

おすすめ記事

  1. GameTextures.com
  2. Physically Based RealTime Rendering for Artists
  3. IBLBaker

注目の記事

  1. PureRef Screen

PR


採用情報 | 株式会社ヘキサドライブ | HEXADRIVE | ゲーム制作を中心としたコンテンツクリエイト会社


CharacterArpeggio~3ds Max 2017 キャラクター作成術~


KLab Creative Fes'17  グランプリ賞金30万円 エントリー&当日観覧 受付中!```

スポンサー

スポンサー

ページ上部へ戻る