Magica Cloth - ボーンやメッシュ駆動に対応したUnity向けクロス...

Unity向けアセット開発を行うMagica Softから、ボーンやメッシュに対応したクロスシミュレーションアセット『Magica Cloth』がリリースされました。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Pixel8r - レトロなピクセルアート風テクスチャに変換してくれるSubst...

Action Dog、ことフリーランスCGアーティストのRyan Evans氏によるSubstance DesignerやPainterで使用できるレトロピクセルアート化フィルター『Pixel8r』のご紹介。

  • 31
  • 2
  • 0
続きを読む

CGライティングの最強の教科書 数多くの作品を手掛けた Lee Lanier氏著...

プロライティングアーティスト Lee Lanier(リー・ラニアー)著書『Aesthetic 3D Lighting: History, Theory, and Application』の日本語版『CGライティングの最強の教科書』が2020年2月上旬にボーンデジタルから発売されます!

  • 20
  • 14
  • 1
続きを読む

エレンベルガーの動物解剖学 - 動物解剖学の古典名著を復刻!持っておきたい参考資...

動物解剖学の古典名著を復刻した『エレンベルガーの動物解剖学』が2020年1月末に発売されます。動物のモデリングやリギングを行う際に、ネットで資料探しをすることが多いですが、ある程度情報がまとまったこういう本は1冊あるだけで重宝しますよね。是非チェックしてみてください。

  • 28
  • 3
  • 0
続きを読む

D5 Render 1.4 Beta - 無料ベータ版公開中の建築ビジュアライゼ...

少し前に話題になった『D5 Render』の最新アニメーションショーリールと、1.4ベータ版がリリースされました。現在無料でダウンロードする事が出来ます。

  • 9
  • 1
  • 0
続きを読む

ArmorPaint 0.7 - ノード構築やレイトレを活用した焼きこみも可能なPBR対応オープンソース3Dペイントソフト!新バージョンがリリース

「Armory Engine」をベースに開発中の、PBR、ノード構築、Nvidia GPUを活用したレイトレーシング焼きこみ、ゲームエンジンへのライブリンク等にも対応した、オープンソースの3Dペイントソフト「ArmorPaint」のバージョン0.7がリリースされました。


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


ArmorPaintとは

ArmorPaintは、物理ベースのテクスチャペイント用に設計されたスタンドアロンソフトウェアです。3Dモデルをドラッグアンドドロップして、ペイントを開始します。ペイントしながら、ビューポートで視覚的なフィードバックを即座に受け取ります。

ノードベース

ノードの便利さで高速に動作する事が可能です。完全にプロシージャルなマテリアルでペイントします。マテリアルノードで塗りつぶしレイヤーを構築します。ブラシノードを使用して、パターンとプロシージャルブラシを作成します。

GPUアクセラレーション

ArmorPaintはゼロから設計されており、GPUで完全に実行されます。これにより、中電力の統合ハードウェアでスムーズな4Kペイントエクスペリエンスが実現します。ハイエンドグラフィックスカードを使用すると、最大16Kのテクスチャペイントがシームレスに行われます。

レイトレーシング

開発中 -Direct3D12およびVulkanで実行されるレイトレースベイキング、ペイントエフェクト、およびビューポートレンダリング機能が進行中です。

ライブリンク

開発中 -ライブリンクプラグインを使用して、ArmorPaintを既存の3Dソフトウェアに統合します。Unreal EngineおよびUnityプラグインのプレビューがテスト用に利用可能になりました。

ベーキング

GPUでハイポリモデルのテクスチャマップを即座にベイクします。ハードウェアアクセラレーションによるレイトレーシングベイク処理を備えた最初のArmorPaintDXRビルドがダウンロード可能になりました。
https://twitter.com/luboslenco/status/1206928563389313024?s=20

プラグイン

ArmorPaintは、拡張性に大きく賭けています。
ゴッドモードのパワーを備えたプラグインにより、ソフトウェアのあらゆる部分を強化します。
新しいノードシステムを統合するか、カスタムマテリアルノードを構築します。

バージョン0.7

  • .psd, .bmp, .gif の対応
  • 単一マテリアルのエクスポートを追加
  • レイヤーのブレンドモードを追加
  • ブラシのブレンドモードを追加
  • プラグインマネージャの追加
  • 「自動保存」プラグインを追加
  • 「hello-node」プラグインを追加-カスタムマテリアルノード
  • 「コンソール」プラグインを追加-コマンドを実行
  • 「プロファイラー」プラグインを追加-パフォーマンスグラフ
  • 「コンバーター」プラグインを追加-.armファイルを.jsonに変換
  • 「 import_tiff 」 プラグインを追加-.tiff形式のサポート
  • 「 import_stl 」 プラグインを追加-.stl形式のサポート
  • 「 import_gltf 」 プラグインを追加-.gltf / .glb形式のサポート(アルファ)
  • 「uv_unwrap」プラグインを追加-UVの自動生成/アクティブメッシュのラップ解除
  • 「テーマエディター」プラグインを追加
  • ノードエディターにボックス選択を追加
  • フィルレイヤーごとのUVコントロールを追加
  • グループまたはマテリアルで.objメッシュを分割するオプションが追加されました
  • 非正方形デカール用の「デカールツール-スケールx」オプションを追加
  • 「メニュー-ファイル-メッシュの再インポート」を追加
  • 「メニュー-ビューポート-分割ビュー」を追加
  • 「設定-復元」ボタンを追加
  • 「設定-ネイティブファイルブラウザ」オプションを追加
  • 「設定-ビューポート-ビネット」オプションを追加
  • 「設定-使用方法-半径の拡張」オプションを追加
  • テクスチャエクスポートプリセットを追加
  • 「レイヤー」マテリアルノードを追加-レイヤーをノードキャンバスにドロップ
  • 「レイヤーマスク」マテリアルノードを追加-レイヤーマスクをノードキャンバスにドロップ
  • 「ぼかし(画像)」マテリアルノードを追加
  • 実験的なdxrビルドを追加
  • パストレース(dxr)ビューポートモードを追加
  • ao(dxr)ベイクを追加
  • ベント法線(dxr)ベイクを追加
  • ライトマップ(dxr)ベイクを追加
  • 厚さマップ(dxr)ベイクを追加
  • high-polyからの法線マップベイクを追加
  • ハイポリからの高さのベイクを追加
  • ベイキングに拡張パスを追加しました
  • 関連するベイクタイプに「up axis」オプションを追加
  • 一度に複数のファイルをドラッグアンドドロップするサポートが追加されました
  • RGBAノードソケットを編集するためのポップアップを追加
  • ギズモの改善
  • 高さペイントの改善
  • .objインポーターの改善
  • .blendインポーターの改善
  • 改良されたアウトライナー
  • ノード描画パフォーマンスの改善
  • レイヤー処理パフォーマンスの改善
  • Linuxでのキー検出の改善
  • アクセント付きファイルパスの処理を修正
  • Linuxのブラシマスクを修正
  • Linuxでのコピーと貼り付けを修正
  • Linuxでのウィンドウタイトルの更新を修正
  • 固定ファイルの関連付け
  • envmapのインポートを修正
  • 塗りつぶしレイヤーのオブジェクトマスクを修正
  • height displacement scaleを修正
  • Windowsのぼやけたテキストを修正
  • 画像ノードのテクスチャフィルタリングオプションを修正
  • テキスト編集のキーリピートを修正
  • 暗いテーマと明るいテーマを更新
  • 更新されたメニューバー構造
  • GPUメモリ使用量の削減
  • より高速なテクスチャ読み込み
  • レイヤーの不透明度とブレンドのアンドゥ
  • ノードキャンバスのアンドゥ
  • 調整可能なビューポートクリップ距離
  • ウィンドウのサイズと位置を記憶する
  • リンクのドラッグでノード検索を開く
  • サイズ変更可能なUIパネル
  • マテリアルの複製
  • ブラシルーラー(シフト)を使用して線を描画する
  • 高解像度ディスプレイで2倍スケールを自動設定
  • PBRチャネルを検査するビューポートモードのフラットシェーディング
  • ピッカーツールは非ベースレイヤーで動作します
  • ピッカーツールは2Dビューでテクスチャ座標を示します
  • テクスチャタブから単一のテクスチャをエクスポート
  • 消しゴムは硬度と不透明度を考慮します
  • udimプロジェクトのテクスチャをudimタイルとしてエクスポートする
  • Download ‘texture-synthesis’ プラグインプレビュー 版
  • Download Unreal Engine ライブリンクプレビュー 版
  • Download Unity Engine ライブリンクプレビュー 版

リリースノート全文はこちら:ArmorPaint | 3D PBR Texture Painting


0.7のリリースに合わせて、0.8の開発途中版もダウンロード可能になっています。

価格は 16ユーロ or 19ドルです。

Githubにはソースも公開されており、ハードルは高いですが自分でコンパイルすれば無料で使用する事が出来ます。GameFromScratchのサイトにてWindowsでのビルド手順が記載されておりますので、挑戦してみても良いかもしれません。Building ArmorPaint From Source
ビヤーキーさん、情報のご提供ありがとうございます。

私はGumroad版買っちゃいました。こういうのってあとで値上がりする可能性もあるしね…

Macにも対応していますが、現在はWindows と Linux での使用が推奨されています。古いWacomタブレットは非対応なので注意

低価格3Dペイントソフトで注目なツールの一つです。是非チェックしてみてください!

購入リンク

リンク


PR


関連記事

  1. Paintstorm Studio 2.00 - パ...

    2017-05-08

  2. Handplane 1.4 Released - 完...

    2014-04-03

  3. UNIGINE 2018 Showreel - リア...

    2018-07-24

  4. Substance Painter 1.0 Laun...

    2014-10-16

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup